September 27, 2016

手作りリフォーム その3

K5px1086r
PENTAX K-5 / FA31mm

まだまだ続く、和室の手作りリフォーム。
今回はまず、開けっ放しになっている入口に、すだれ状の飾りを取り付けます。
真ん中を蝶のデザインのクリップで止めて、こんな感じに。

K5px1104r
PENTAX K-5 / FA31mm

さらに、和風の蛍光灯のカサにも一工夫。
造花を飾り付けまして…

K5px1108r
PENTAX K-5 / FA31mm

おしゃれなライトに、大変身。

K5px1115r
PENTAX K-5 / FA31mm

さらに100円ショップで勝ってきた色紙でボンボンを作り、それをライトや天井に飾り付けます。

K5px1143r
PENTAX K-5 / FA31mm

できあがり。
なんだか、お祭りみたいですね。
きずなはすっかりテンションが上がって、部屋の中で1人で飛び跳ねて、ボンボンにタッチしているのでした(^^)。

|

September 24, 2016

科学実験

Gr003658r
RICOH GR

このところ、雨が続いています。
せっかく祝日が多い9月ですが、この天気では出かける気にもなれず。
「ひまだなあ」
というわけで、きずながママと、大好きな雑誌「子供の科学」に載っていた、科学実験を始めました。

Gr003653r
RICOH GR

用意するものは、側面がまっすぐのペットボトルと水、少量の牛乳。

Gr003656r
RICOH GR

それからレーザーポインター。
ホームセンターの、建築資材売場にありました。
この実験のために、わざわざママに買ってもらったのです。

Gr003650r
RICOH GR

まずは水1リットルに、数滴の牛乳を垂らします。
うーん、手つきがリケジョになってますね(笑)。

Gr003661r
RICOH GR

うすく濁った水を、あらかじめハンダゴテで側面に小さな穴を開けたペットボトルへ。
当然、穴から水が流れ出てきますが、そこですばやくボトルの蓋を閉めると、あら不思議、穴から流れ出ていた水が止まりました。
雑誌に書かれていた通りです。

Gr003643r
RICOH GR

さていよいよ、実験の本番です。
今回の実験は、こんな感じ。
まっすぐ伸びるはずのレーザーの光が、流れ出る水に沿って曲がっていくことを確かめるというもの。
果たして、書かれた通りになるのでしょうか。

Gr003673r
RICOH GR

ペットボトルの蓋を開き、再び穴から流れ出た水に向け、ボトルの反対側からレーザーポインターの光を当てます。
するとどうでしょう、赤い光はまるでそれ自体が水のように、ペットボトルから流れ出ていくではありませんか。

Gr003677r
RICOH GR

手を当てると、こんな感じ。
水中に射出された光が、空気との境界面で反射して、水の中に閉じ込められてしまうんですね。
産業界では、この原理を利用して、光ファイバーで信号を伝えているわけです。
なるほどねえ。
パパも勉強になった、子供の科学の実験でした。

|

September 21, 2016

新潟出張

Gr003588r_2
RICOH GR

お仕事で新幹線に乗り、新潟に行ってきました。
乗車したのは2階建ての「MAXとき」。
筆者宅のある松戸からは、上野か大宮で新幹線に乗ります。

Gr003596r
RICOH GR

新潟は、車で行ったことは何度かあるのですが、新幹線では初めて。
2階建てで眺めはいいし、乗り心地もよかったのですが、あいにくの台風接近で、ずっと雨でした。
途中の景色も、こんな感じ。
うーん、冴えませんねえ。

Gr003598r
RICOH GR

上野からの乗車時間は2時間ほど。
仙台と同じく、今では東京から、完全な日帰り圏内になってしまいました。
新潟は、お酒もお魚もおいしいので、ほんとは泊まりで来て、一杯やりたいんですけどねえ。
世知辛い世の中です…フッ。

Gr003610r
RICOH GR

仕事の話はここでは書けませんが、この日、お仕事先の方にお昼に連れて行っていただいたのが、名物「タレかつ」のお店。
地元でも人気店のようで、駐車場はいっぱい、店内も家族連れやサラリーマン風の方たちでいっぱいで、順番待ちでした。

Gr003612r
RICOH GR

こちらがタレかつ丼。
なんと、甘辛いタレのかかったかつが3枚も入っています。
ボリューム満点。
しかも、とってもおいしかったです。

Gr003613r
RICOH GR

お店の中に、新潟弁の紹介番付が。
「ものすごく」を「なまら」というのは、北海道だけかと思っていたら、新潟もなんですね。
「だらしない」が「しょったれ」、「世話焼き」が「はじけこき」とか、おもしろいです。

K5px1126r
RICOH GR

帰り、やはり仕事先の方にお土産に勧めていただいたのが、「田中屋」さんの笹だんご。
駅ビル内の「COCOLO」で売っています。

K5px1130r
RICOH GR

中はこんな感じ。
笹の香りが漂い、お餅はヨモギがたくさん入っていて、濃い緑色です。

K5px1135r
RICOH GR

きずなからもママからも、「これ、おいしい!」と好評。
辛党の筆者が食べても、甘さがしつこくなくて、いけます。
新潟には昔から、きんぴらごぼうとか、お惣菜を入れた笹だんごもあるそうなので、次に行ったときはぜひ、食べてみたいと思います。
というわけで、新潟出張報告でした。

|

September 18, 2016

キャンプ

Gr003558r
RICOH GR

9月の3連休、パパのキャンプ仲間のみなさんが久しぶりにキャンプに出かけるというので、日帰りで遊びに行ってきました。
キャンプ場所は、山梨県の某所。
秘密の場所なので公開できませんが、先日行った尾白川にも近い、渓流沿いの気持ちのいい場所です。

Gr003458r_2
RICOH GR

下流には電力会社の発電施設。
吊り橋がかかっているのを見て、きずなが探検に向かいます。
板がボロボロで、穴から下の川が見えたりしていましたが、平気な顔で渡ってしまいます。

Gr003484r
RICOH GR

めざすキャンプ地は、森の中。
みなさん、前日の夜に到着して宴会していたのです。

Gr003545r
RICOH GR

こちらはトイレテント。
今回、筆者たち家族が来るというので、急遽、用意してくださったもの。

Gr003501r
RICOH GR

きずなはさっそく、渓流の中へ。
今年は水量が少なめでしたが、水は澄んでいます。
ここでキラキラ光る砂を「砂金だ!」といって集めたり…

Gr003528r
RICOH GR

パパとママとともに、上流の探検に向ったり。
途中、魚の姿も見かけたのですが、今回は網も釣り道具も持っていないので、見逃すしかありません。

Gr003507r
RICOH GR

川の淀みに、成長途中のオタマジャクシがいました。
ママと一緒に、周囲に石を積んで閉じ込めて、捕獲作戦開始。

Gr003513r
RICOH GR

ペットボトル内への確保に成功。

Gr003517r
RICOH GR

紙のお皿に移して、うれしそう。

Gr003541r
RICOH GR

と、あれ?
ママの足に何か赤いものが…
ヒルです!

Gr003542r
RICOH GR

急いで虫除けスプレーを振りかけてもらって、除去しました。
今年は雨が多かったせいか、森のあちこちでヒルを見かけました。
マダニやアブよりはいいんですが、気持ち悪いですよね。

Gr003561r
RICOH GR

ヒルに驚いたきずな、「帰る!」とゴネ始めます。
まあ、そろそろいい時刻かな、ということで、またひとしきり川で遊んで、キャンプを続けるみなさんとお別れしました。

Gr003570r
RICOH GR

川遊びで体が冷えたので、山を下り、韮崎市の温泉施設「ゆーぷるにらさき」にお邪魔します。

Gr003574r
RICOH GR

中はこんな感じ。
大人710円、子ども410円で、温泉の他、温水プールでも遊べます。

Gr003580r
RICOH GR

プールと温泉、合わせて3時間ぐらいたっぷり遊んで、市内のファミレスで晩ごはん。
夜の高速道路で帰宅します。

K5px1089r
PENTAX K-5 / FA31mm

翌朝、ゲットしたオタマジャクシを確認。
小石を入れたペットボトルの中で、元気に泳いでいました。

K5px1097r
PENTAX K-5 / FA31mm

庭の池に放します。
無事に冬までに、カエルになってくれるといいですね。
そしてきずなはまたこの日、今度はママの妹さん一家に連れて出してもらって、都内の遊園地に遊びに出かけたのでした…(^^)

|

September 15, 2016

めざせ、シェイプアップ!

Gr003433r
RICOH GR

毎年何度か、太ってくると始める、ダイエット。
今年も、もう1回やったのですが、気がつくとまた体重がオーバーしてきました。
例によって、お腹もぽよぽよ。
なんだか、きりがないですねえ。
考えた末、今回は少し趣向を変えて、体重ではなく、「見た目」を目標にして、シェイプアップすることにしました。
食事はとくに変えずに、運動でお腹を引き締めることをめざします。

Gr003436r
RICOH GR

さっそく、別の部屋にあった姿見をパパの仕事部屋に持ってきました。
姿見の前でパンツ一丁になって、自分の体型を目にしつつ、体操したりシャドーボクシングしたりして、シェイプアップしていこうという計画。
続いて、天井にフックを取り付けまして…

Gr003435r
RICOH GR

そこから、ビニールのヒモを顔の高さまで垂らします。
このヒモを相手に、パンチやキックを打つのです。
当てるときの目標に使うというのもありますが、目の前にヒモが垂れていると、
「あ、これで運動しなきゃ」
と思い出すだろう、という狙い。

Gr003431r
RICOH GR

体型改善と基礎代謝アップのためには、筋肉をつけるのが効果的。
サプリメントの「アミノバイタル」も用意します。

Gr003438r
RICOH GR

さて、あとはがんばるのみです。
今のポヨッとしたお腹を、どこまで引き締めることができるでしょうか。
ヒモと鏡を相手に、めざせ、シェイプアップ!

|

September 12, 2016

ママの手作りハンバーガー

K5px1072r
PENTAX K-5 / FA31mm

ママがハンバーガーを作ってくれました。
中のハンバーグはもちろん、それを挟むバンズまで、ホームベーカリーを使って手作りしたのです。
がんばりましたねえ。

K5px1074r
PENTAX K-5 / FA31mm

大きいので、こうやってクッキングペーパーで包んでいただきます。
ハンバーグがガッツリ食べごたえがあって、バンズもおいしかったです。
「手作りハンバーガーのお店で食べてるみたい」
と、きずなにも好評。

K5px1081r
PENTAX K-5 / FA31mm

こちらは同じく、ママがホームベーカリーで作ってくれた、手打ちうどん。
どちらかというと、うどんと言うよりほうとうのような食感。
でも噛みごたえがあって、おいしかったです。
ホームベーカリー、いろんな使い方ができるんですね。
なかなか大変で、「時間のあるときしかできない」ということですが、ママ、これからもいろいろ作ってね。

|

September 09, 2016

計画表

K5px1063r
PENTAX K-5 / FA31mm

リビングの壁に貼り出された、大きな紙。
実はこれ、ママが作った、きずなの勉強計画表。
以前、筆者がニトリの会長さんに取材したときに聞いて、感銘を受けてママに話した、
「遠大な目標を立て、それを日々の目標にブレイクダウンすることによって達成していく」
という、チェーンストア理論の方法論を、子どもの勉強に応用しようという試みなのです。

K5px1058r
PENTAX K-5 / FA31mm

やるべき勉強を小さな項目に分け、1項目終わると、○をつける。
縦の赤い線は、1週間にやるべき項目の目安で、○の数が一定に達すると、ご褒美が出るという仕組み。
ご褒美は今のところ、10円相当のお菓子など。
いくつか貯めると、もっと高いお菓子も買ってもらえます。
なるほど~。
ママ、考えましたねえ。

K5px1060r
PENTAX K-5 / FA31mm

効果はてきめん。
きずな、○をつけたさに早速、問題集に取り組み、自ら表に○をつけ始めました。
うーん、そうかあ。
ただ勉強させるだけじゃなく、こうやって成果を「見える化」することが、モチベーションを高める上で大事なんですね。
日頃、ビジネス誌の取材で耳にしているはずのことなんですが、家庭に応用することは思いつきませんでした。
パパ、なんだか勉強になったかも。
ただ、手書きで表を作るママの作業が大変そう。
このまま続けていけるといいのですが…

|

September 06, 2016

手作りリフォーム その2

K5px0975r
PENTAX K-5 / FA31mm

今はきずなの部屋として使われている、我が家の和室のリフォーム。
ママときずなが手作りで挑戦を続けています。
こちらは、2人で作った移動式の物入れ。

K5px0977r
PENTAX K-5 / FA31mm

ママの設計通りにホームセンターでカットしてもらった板を釘で打ちつけ、白く塗ってキャスターをつけて、完成。
2人で部屋に運び入れます。

K5px0985r
PENTAX K-5 / FA31mm

窓の下に、ぴったり収まる大きさ。
中には、最近あまり使わなくなったおもちゃなどが入ります。

Gr002859r
PENTAX K-5 / FA31mm

こちらは、きずなが市販のステッカーを使ってデザインした、絵。
これもリフォームに使うのです。

Gr002860r
PENTAX K-5 / FA31mm

これを障子の桟に貼り付けて、今は白一色の障子を、おしゃれに飾ろうという構想。

Gr002863r
PENTAX K-5 / FA31mm

障子の桟もカラフルに塗ります。
こちらはママが、炎天下でがんばりました。

K5px1035r
PENTAX K-5 / FA31mm

完成!
でも最初に使った紙は、光を通さないので部屋が暗くなってしまい、失敗だったのだとか。
半透明の紙を使って、全部やり直したそうです。

K5px0989r
PENTAX K-5 / FA31mm

雨戸を閉めると、こんな感じに。
実はこの絵は続き物で、障子を1枚ずつ見ていくと、全体として動物たちによるストーリーになっているんだとか。
想像力豊かですねえ。
出来栄えに、きずなも満足の表情。

K5px1048r
PENTAX K-5 / FA31mm

無事に完成して、こちらも手作りのドーナツでティータイム。
満足感いっぱいの、きずなでした。

|

September 03, 2016

尾白川渓谷

P9030654r
OLYMPAS TG-1

新学期が始まって初めての週末、山梨県の尾白川渓谷へ行ってきました。
こちらのブログに紹介されていたのをママときずなに見せたら、たちまち「行きたーい!」となってしまった次第。
白砂の清流で、テレビCMの撮影にも使われているところだと聞いて、期待が高まります。

P9030566r
OLYMPAS TG-1

最寄りのインターは中央高速の須玉IC。
朝ごはん抜きで早朝に家を出て、途中お腹が空いたので、釈迦堂PAで一休み。
このPAでは、帰りに寄ろうと思っていた温泉「尾白の湯」の、前売券を売っていました。
ラッキーです。さっそく購入。

P9030564r
OLYMPAS TG-1

こちらのPAでは、朝ご飯にラーメンと半チャーハンのセット(800円)をいただきました。
あんまり期待してなかったんですけど(すみません)、醤油ラーメン、おいしかったです。

P9030571r
OLYMPAS TG-1

再び車に乗って、目的地へ。
松戸市の筆者宅から、3時間半ほどで到着しました。
渓谷の手前に市営の駐車場があります。
ブログにもあった通り、無料。
うれしいですね。

P9030574r
OLYMPAS TG-1

きずなは浮袋に魚とりの網に虫カゴと、用意万端。
気合が入っています。

P9030578r
OLYMPAS TG-1

山道を歩くこと、数分。
立派な神社の脇を通り過ぎると、細い吊橋が見えてきました。

P9030583r
OLYMPAS TG-1

ここを渡ると、その下あたりが水遊びできる岩場になっています。

P9030593r
OLYMPAS TG-1

水は澄み、空は青く、森は緑。
川のまわりの砂は、花崗岩が削れてできた白砂。
いいですねえ。

P9030591r_2
OLYMPAS TG-1

期待通りの風景に、きずなのテンションもマックス。
歓声が上がります。

P9030629r
OLYMPAS TG-1

さっそく、持参の浮袋で清流遊び。

P9030634r
OLYMPAS TG-1

パパも浮袋を借りて、プカプカ流れてみました。
思ったより流れはゆっくりです。
でも、水が冷たいかも。

P9030686r
OLYMPAS TG-1

シュノーケルをつけて潜ると、そここに魚影がありました。
持参の網で捕獲を試みるも、すばしこくて獲れず。
なにしろ水が冷たいので、長時間は入っていられません。
でも向こう岸近くにいる魚まではっきり見える、水の透明度に感激しました。

P9030606r
OLYMPAS TG-1

フライフィッシングをしている方もいて、手網に2匹ほど、釣果が。

P9030644r
OLYMPAS TG-1

ひとしきり遊んでから、上流を探検に出かけます。

P9030646r
OLYMPAS TG-1

きずな、裸足のまま、道なき道を踏み越えていきます。
といっても川沿いなので、それほど大変ではありません。

P9030647r
OLYMPAS TG-1

やがて現れてきた、滝と淵。
これが山梨県の観光ポスターにも使われている、尾白川渓谷のビューポイントです。

P9030653r
OLYMPAS TG-1

緑に輝く、深い淵。
水は透明。
きれいですねえ。

P9030668r
OLYMPAS TG-1

ここから浮袋で川下り。

P9030669r
OLYMPAS TG-1

ママも挑戦してみます。
「冷たーい!」
と言いながら、楽しそう。

P9030674r
OLYMPAS TG-1

でも水の冷たさに、2、3時間遊ぶと、体温が下がってきてしまいます。
きずなはすっかり寒くなって、タオルにくるまります。
唇は紫色。
これはもう無理と判断し、撤収して温泉に入ることにしました。

P9030701r
OLYMPAS TG-1

渓谷の駐車場から下ってすぐのところに、北杜市の市営施設「べるが」があります。
その中にあるのが、前売券を買った温泉「尾白の湯」。
ご覧の通りの立派な建物です。

P9030690r
OLYMPAS TG-1

きずな、走って温泉へ。

P9030694r
OLYMPAS TG-1

こちらの温泉、広くて眺めが雄大です。
露天風呂はもちろん、サウナもあります。
写真は脱衣所の窓から、露天風呂の庭を見たところ。

P9030708r
OLYMPAS TG-1

お風呂から出て、「べるが」の中を探索。
大きなキャンプ場やレストラン、親水公園などがあります。
一角に、魚のつかみ取りができる池がありました。

P9030712r
OLYMPAS TG-1

見たきずなが「やってみたい」と言うので、受付で申し込み、バケツを借ります。
別荘地のつかみ取りイベントでは、がんばったのに1匹も捕まえられなかったので、めげてしまったんじゃないかと心配していたのですが、まだ心は折れていなかったようです。
よかった、と目を見交わす、パパとママ。

P9030716r
OLYMPAS TG-1

いざ、出陣。
別荘地のときと違い、水深が浅くて日当たりがいいので、少々濁っても魚の姿が目で追えます。

P9030728r
OLYMPAS TG-1

池の中に網があったので、それを使い、魚を追い込むことに。

P9030729r
OLYMPAS TG-1

見事、魚の抑え込みに成功。

P9030736r
OLYMPAS TG-1

その後、網を使わないで魚を捕まえることにも成功し、ようやく笑顔になった、きずな。

P9030742r
OLYMPAS TG-1

獲った魚は、スタッフの方が手際よくさばいて串を打ってくれます。

P9030751r
OLYMPAS TG-1

横に炭火が熾きているバーベキュー台があり、焼きはそこで自分たちで。

P9030756r
OLYMPAS TG-1

水遊びと温泉でお腹が空いているときだったので、ことのほかおいしかったです。

P9030762r
OLYMPAS TG-1

その後、施設内の親水公園へ。
たくさんの子どもたちが遊んでいます。

P9030767r
OLYMPAS TG-1

草むらで、小さなアマガエルをゲット。

Gr003406r
RICOH GR

なんやかんやで夕方まで遊んでしまいました。

Gr003430r
RICOH GR

最後に「尾白の湯」内の飲食施設、「白州庵」さんへ。

Gr003420r
RICOH GR

こちらは筆者が頼んだ、「おざら」(700円)。
山梨名物のほうとうの、つけ麺バージョンとのことです。
干し椎茸のダシが効いたおつゆがおいしくて、普通のほうとうより筆者好みでした。
山梨に来たら、また食べたいです。

Gr003421r
RICOH GR

こうして家族一同、渓谷とその周辺で丸一日過ごし、満足して帰路についたのでした。

|

August 31, 2016

スイカ

K5px0999r
PENTAX K-5 / FA31mm

こちらは、我が家の庭で収穫したスイカ。
苗からではなく、買って食べたスイカの種から育てたもの。

K5px9699r
PENTAX K-5 / FA31mm

今年の5月に食べた早穫れのスイカの種を、きずながとっておいて、1晩水に浸し、庭の畑に蒔いてみたのです

K5px0334r
PENTAX K-5 / FA31mm

たくさん蒔いた種からその後、何本か芽が出て、うち1本が大きく伸びました

K5px0645r
PENTAX K-5 / FA31mm

そしてあるとき、きずながそのスイカのツルの先に、小さな実がついているのを発見。
ちょうど7月の、庭キャンプの頃でしたね。

K5px0944r
PENTAX K-5 / FA31mm

やがてその実は大きく育ち、お盆を過ぎて成長が止まりました。

K5px0993r_2
PENTAX K-5 / FA31mm

8月末になって、
「そろそろ食べごろじゃない?」
ということで、ついに収穫の日を迎えたのです。
きずな、超うれしそう。

K5px1002r
PENTAX K-5 / FA31mm

緊張しながら、包丁を入れます。
でも思ったより固くて、うまく切れません。

K5px1011r
PENTAX K-5 / FA31mm

ママに手伝ってもらって、なんとかカットに成功。

K5px1013r
PENTAX K-5 / FA31mm

気になる切り口は……おおっ、いい感じに赤く熟しています。

K5px1030r
PENTAX K-5 / FA31mm

さっそく家族3人でいただきました。
ちょうど食べごろ。
パパも食べましたが、甘くてとってもおいしかったです。

K5px1055r
PENTAX K-5 / FA31mm

大成功に気を良くしたきずな、この日食べたスイカの種もしっかりとっておいて、
「来年蒔こうね」
と、今から楽しみにしているのでした。

|

«国立科学博物館