September 19, 2018

クリ拾い

Kp018028_r
PENTAX KP / FA31mm

我が家には2本のクリの木があります。
1本は前から植わっていたもので、品種は不明。
大きくなったのにあまり実がつかなかったので、受粉のため3年前にもう1本、渋皮が剥けやすい「ぽろたん」という品種をとなりに植えてみました。
クリは1本だけだと、実がつかないらしいんですよね。

Kp018006_r
PENTAX KP / FA31mm

左の小さい木がぽろたん。
「桃栗3年、柿8年」のことわざ通り、クリは成長が早いようで、今年はけっこう実がなりました。
ママときずなが落ちたクリを拾いに行きます。

Kp018010_r
PENTAX KP / FA31mm

こんな感じに落ちています。
落ちた実を放っておくと、虫が入ってしまうので、早めに拾わないといけません。

Kp018013_r
PENTAX KP / FA31mm

イガが痛いので、トングを使って回収。

Kp018022_r
PENTAX KP / FA31mm

きずな、
「こんなに穫れたよ~」
とうれしそう。

Kp018025_r
PENTAX KP / FA31mm

ツヤツヤして、おいしそうなクリ。

Kp018027_r
PENTAX KP / FA31mm

ママが焼き栗にして、食べやすいように半分に切ってくれました。
普通のクリは渋皮を剥くのが面倒なので、割ってスプーンでこそぎとって食べているんです。
今回は剥きやすいはずの「ぽろたん」でしたが、とりあえず同じ食べ方で。
ホクホクしておいしかったです。
我が家の秋の味覚。

|

September 16, 2018

興津港から守谷海岸へ

P9161937_r
OLYMPAS TG-1

三連休の中日に、家族で釣りに行ってきました。
今回は外房の興津港。
来るのは初めてです。
駐車場とトイレがあり、堤防からアジなどが釣れるというネットの記事を見て決めたもの。

P9161942_r
OLYMPAS TG-1

堤防の先へは、こんな通路を通っていきます。
あまり足場がよくなく、この日は波が荒かったのでところどころ水をかぶっています。
こわごわ渡ると、先に始めた人たちがかなりの人数、竿を伸ばしていました。

P9161953_r
OLYMPAS TG-1

みなさんの間に入れてもらって、釣りを開始。
これだけ釣り人が集まっているということは、先日の片貝漁港よりは釣れる場所として知られているのでしょう。
でも回りを見ると、この日はみなさんあまり釣れてない様子。
あきらめて早々に帰る人たちも。
「んー、これは外したかな」
不安が高まります。

P9161949_r
OLYMPAS TG-1

今回は「サビキ釣りには長めの釣り竿がいい」というネット記事を見て買った、長さ4.5メートルの磯竿を初めて使ってみます。
秘密兵器として魚取り用のカゴも購入。
中にブリのアラを入れてテトラポットの横に投下してみました。

P9161954_r
OLYMPAS TG-1

興津港は水がきれいで、水中の魚がよく見えました。
けっこう泳いでいます。
しかし…
悪い予感が当たってしまい、さっぱりあたりがありません。
そのうち釣り糸がからまったのか、買ったばかりの磯竿の先端が、ボキッと折れてしまいました。
まだ一匹も釣ってないのに……(;_;)。
仕掛けてから2時間ほどして、テトラに引っかかりながら苦労して引き上げたカゴの中にも、カニ一匹見当たらず。

P9161959_r
OLYMPAS TG-1

「だめだこりゃ」
と、家族で相談して移動することに。
竿をしまい、すぐとなりにあって、我が家お気に入りの海水浴場、守谷海岸へ。
ボウズのまま帰るのはさびしいので、ここの潮溜まりで小魚でも釣ろうという作戦です。

P9161963_r
OLYMPAS TG-1

時々霧雨が降ってくる肌寒い天気だったので、海水浴をするつもりはなかったのですが、きずなは波打ち際で
見ているうちに、海に入りたくなってしまったようで……

P9161983_r
OLYMPAS TG-1

結局水着に着替え、霧雨の中、海へ。
パパとママもつきあいます。

P9161991_r
OLYMPAS TG-1

フローティングベストもつけて、完全に波乗りモード。
興津港ではちっとも釣れずに、
「キナはついてない」
としょぼんとしていたのが、すっかり上機嫌で笑い声を上げています。
よかった、よかった(^^)。

P9161998_r
OLYMPAS TG-1

波乗りを楽しんだ後は横の磯に移動。
去年も使った、リールのない短い竿で小魚を狙います。

P9162002_r
OLYMPAS TG-1

潮溜まりでハゼをゲット!

P9162010_r
OLYMPAS TG-1

潮溜まりの穴の底に、ハゼがたくさんいたのです。
きずなが手にしているのは昨年買った、シュノーケリングしながら使う釣具「海見釣り君」
もともとタイでも釣るのかと思うようなゴツイ針とおもりがついていたのを、ハゼ釣りでも使えるような小さな仕掛けに換えてあります。
シュノーケリング中だけでなく、潮溜まりの見釣りにも使えることがわかりました。

P9162007_r
OLYMPAS TG-1

パパのほうも例によってクサフグと、ニシキベラが釣れました。
最後は逃してしまおうと思っていたら、きずなが
「持って帰って食べたい!」
というので、毒があるクサフグだけ逃して、ハゼとベラは氷でシメて持ち帰ることに。

P9162017_r
OLYMPAS TG-1

帰り道、すっかりお腹が空いてしまい、途中のファミレスで食事。

Al004019_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

ハゼとニシキベラは帰宅後、ママの手で唐揚げとなり、晩酌のツマミに。
家族みんなでおいしくいただいたのでした。

|

September 13, 2018

チェストバッグの種類と使い方

B072BWPN3H

アマゾンでチェストバッグを買いました。
メーカー名が「LC Prime」で、実物には「KAKA」というロゴがついています。

Al003988_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

裏から見るとこんな感じ。
バッグ本体の上からスリングが伸びていて、バッグの底につながるところは左右両方にリングがついており、使う人の好みでどちらかにフックをはめるようになっています。

Al003989_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

メイド・イン・チャイナで、中国語のタグもついていたので、たぶん中国メーカーの製品でしょう。
値段もタイムセールで2000円台とお手頃でしたが、内部も含め、生地と作りはなかなかしっかりしています。

Al004007_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

問題は使い方。
こんなふうに肩に引っかけて使うこともできますが、これだと肩から滑り落ちてしまうので、片手でスリングをつかんでいなければなりません。

Al003992_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

「チェストバッグ」というくらいだし、やっぱり胸にバッグがくるよう、首をスリングに通して使うものだろう――と思って上の写真のように使っていたら、奥様から「ださい」とクレームがつきました(^^;)。

Al003998_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

「若い人はもっと下にして使ってるよ」
というのです。
上の写真のように腰のあたりにバッグがくるようにするか、それとも下の写真のように背中にくるようにするのが、正しい使い方では? という意見。

Al004004_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

なるほど。
確かに背中にバッグを回す使い方もできますね。

Kb6bzcsgsfqg_ux970_ttw__r
アマゾンの商品サイトより

言われて気になって、ネットでチェストバッグの使い方を調べてみました。
そうしたら、筆者が買ったバッグのサイトには、上のような写真が。
このバッグについては、最初のように首を通して胸の前に来るようにするのが、メーカーが想定している使い方のようです。

でもちょっと調べると、一口にチェストバッグといってもいろいろなタイプの製品があることがわかりました。

41crumtovyl_r
アマゾンの商品サイトより

たとえばこちらの製品は、両腕を通して使うようです。
このタイプの製品も数多く出ています。

61zvtmfwycl_sl1001__r
アマゾンの商品サイトより

こちらの製品は薄くできていて、脇の下あたり、それもジャケットの内側で使うことを提案しています。

71m4kddrdel_ul1500__r2
アマゾンの商品サイトより

こちらもチェストバッグですが、肩掛けを推奨している模様。
「でもそれだとショルダーバッグなんじゃ」
という気もしますが。

51tnaudqrjl_ul1500__r
アマゾンの商品サイトより

こちらはトレッキングや登山に使われていて、チェストバッグの中では有名らしい、「パーゴワークス」の「パスファインダー」という製品。
使い方の写真はありませんでしたが、形状からすると首からかけるか、リュックサックのスリングにフックして使うように思われます。
登山用なので、リュックサックと併用することが前提なのでしょう。

筆者などは、
「歩くとき邪魔にならない」
「カメラやスマホを入れておいて、必要なときにサッと取り出す」
「つけ外しが簡単」
という条件で製品を探したのですが、本格的な登山やトレッキングだと、ずれたりブラブラしては使いにくいので、脱着が多少手間でも、しっかり体に固定できる製品が評価されるようです。

結局のところ「チェストバッグとはこう使うものだ」という決まりなどはなくて、使う人がそれぞれのポリシーで製品と使い方を決めるもののようだ――とわかったのでした。

ちなみに先日、酔っ払って終電を逃してJR松戸駅から歩いて帰ったとき、何かに蹴つまづいて前のめりに転んだのですが、本が3冊入ったバッグを胸に下げていたおかげで、顔面を強打しないで済みました。
後で鏡を見たら、胸の下あたりにアザができていました(^^;)。

|

September 10, 2018

初心者の釣り5 網代港の海上釣堀

Gr006284r
RICOH GR

釣りの初心者へのもう一つお勧めは、海上釣堀です。
といっても我が家が行った経験は、熱海に近い網代港での1回だけ。
以前にも紹介したのですが、釣りカテゴリーのエントリーではなかったので、こちらで再録しておきますね。

Gr006050r
RICOH GR

2017年に熱海に行ったとき、前にお世話になった「熱海海釣り施設」さんのすぐ近くで、サビキ釣りをしたのですが…
このときはまったく釣れず。
筆者たちだけでなく、回りでルアー釣りをしている人たちも全然釣れていなかったので、魚がいなかったみたいです。

Gr006210r
RICOH GR

翌日、がっかりしている娘を元気づけようと、網代港へ。
ここには港内の生け簀で釣りができる、海上釣堀のお店が何軒かあるのです。

Gr006223r
RICOH GR

タイ2匹とアジ5匹が釣れるファミリーコースが、釣り竿1つ、家族3人で6000円。
エサも竿も借りるだけで持ち込みはできません。
逆に手ぶらで遊べます。
当日に申し込み、まずはフローティングベストをつけ、釣り方やマナーのレクチャーを受けました。

Gr006225rr
RICOH GR

海上釣堀へは、船で渡ります。
前方に見えているのが釣り堀です。

Gr006228_r
RICOH GR

スタッフの助けを借りて乗船。
こういうのも子どもには楽しい経験です。

Gr006240rr
RICOH GR

生け簀に到着。
網代港内は禁漁で、釣りもできません。
そのせいか港内は魚影が濃いです。
魚もわかっていて、安全なところに集まるのか、あるいは生簀の魚にエサをやるときの、おこぼれを狙っているのか。
キビナゴとか、アオリイカとかの群れが来るときもあるそうです。

Gr006248r
RICOH GR

餌のアミを針につけます。
養殖のタイやアジは普段から餌としてアミを投げてもらっているので、これが一番かかりやすいんですね。

Gr006250r
RICOH GR

まずは「釣りやすい」という、タイの生け簀から。
魚は浅いところで飼われているので、釣り竿もリールのない延べ竿です。

Gr006255r
RICOH GR

釣り糸を垂らしたら、とたんにヒット。
タイは重いので、竿が折れないよう、タモ網を使って持ち上げます。

Gr006270r
RICOH GR

大きいです。
見事に大物をゲットした娘はうれしそう。
彼女がこれまで釣り上げた魚の中で、このタイが間違いなく最大でしょう。

Gr006272r
RICOH GR

タイの生簀は入れ食いでした。
すぐに制限いっぱいの2匹を釣り上げ、アジの生け簀に移動。
アジはタイより用心深いようで、すぐには釣れません。
しばらく釣れないでいたら、スタッフのみなさんがいろいろ教えてくれました。

Gr006282r
RICOH GR

餌のアミで針の先を隠すようにしないと、かからないそうです。
指導の甲斐あって、アジがヒット。

Gr006280r
RICOH GR

アジ、ゲット。
今度もうれしそうな娘。
ふだんから食べている魚ですしね。

Gr006292_r
RICOH GR

無事、2時間の制限時間内にアジ5匹を釣り上げ、前日のぼうずのリベンジを果たしました。

Gr006300r
RICOH GR

船で港の店に戻ると、おかみさんが氷を詰めて、魚を締めてくれました。
やはり釣ってすぐに締めないと、まずくなってしまうそうです。

Gr006301r
RICOH GR

そのままクーラーボックスへ。
こちらのお店では希望すれば釣った魚をその場で料理して出してくれるのですが、我が家はその日は朝ごはんを食べすぎて、全員お腹が空いていなかったので、持ち帰ることに。

Kp010970r
RICOH GR

自宅に戻り、釣り上げたタイとアジはその晩のおかずに。
娘もタイのウロコをひくのをお手伝い。

Kp010983r
PENTAX KP / FA31mm

アジはタタキとアジフライに。
タイはお刺身、かぶと煮、香草焼きに。

Kp010985r
PENTAX KP / FA31mm

どちらも身がふわっとしていて、おいしかったです。

海上釣堀、とくにタイはあまり簡単に釣れるので、釣りのおもしろさという点ではどうかなとも思いますが、こんな大物はこういうところでないと、初心者にはまず釣れないでしょう。
小学生の娘は大きなタイが釣れて大喜びでしたし、自分が釣った魚を食べる楽しみもあるので、家族連れの方にはお勧めできると思います。
料金はちょっとかかりますけどね。

|

September 07, 2018

初心者の釣り4 海釣り公園で海釣りデビュー

Gr002571_r
RICOH GR

娘の影響でだんだん釣り好きになってきた、我が家。
海釣りデビューは静岡県の「熱海海釣り施設」でした。
首都圏にいくつかある、海釣園の一つ。
そのときの記事がこちらです。

Gr002528_r
RICOH GR

海釣園は初心者にはとくにお勧めです。
スタッフがいて、道具もエサもライフジャケットも、必要なものは全部借りられるので、基本手ぶらでOK。
借りることで、「そうか。海釣りにはこんな道具が必要なんだな」とわかるんです。
「こうやって使うんだよ」
と、リールの使い方やエサの付け方も教えてもらえます。

Gr002539_r
RICOH GR

熱海海釣り施設では、こちらが初心者ということで、小物釣り用のサビキ仕掛けを用意してくれました。
サビキというのは枝分かれした釣り糸に釣針がいくつもついていて、小さめの魚がたくさん釣れるよう工夫された仕掛けのこと。

「コマセ」といって、アミ(ちいさなエビ)を撒いて魚を寄せるのですが、海釣園では回りの釣り人がみんなコマセを撒いているので、黙っていても魚の群れが来てくれます。
もともと海釣園自体、魚が集まりやすい場所につくられているのでしょうね。

Gr002542_r
RICOH GR

というわけで子どもでも釣れちゃいます。
これはアイナメでしょうか。

Gr002557_r
RICOH GR

写真だと少ないですが、この後も釣れて、十数匹をゲット。

Gr002577_r
RICOH GR

熱海海釣り施設さんでは、釣った魚を持ち帰れるように氷と袋を貸してくれた上、釣った魚を料理してくれる定食屋さんを紹介してくれて、電話で予約までしてくれました。
右も左もわからない初心者には、本当にありがたかったです。

Gr002581_r
RICOH GR

こちらがその「定食 たけだ」さんのメニュー。

Gr002592_r
RICOH GR

小魚はフライになって出てきました。

Gr002593_r
RICOH GR

自分が釣った魚って、おいしいですよね。
何より新鮮ですし。
これで我が家はすっかり、海釣りが好きになってしまいました。

Al003974_r
PENTAX KP / DA40mm

そしてとうとう、近所の上州屋さんで、海釣り用の釣り道具を買うことに。
といってもセール品です。
まず竿は「スズミ サビキライト 300」。
「スズミ」というのは、上州屋さんのオリジナルブランドですね。
その3メートルのもの。

リールを使うための竿は延べ竿と違って、リールを取りつけるための「リールシート」という金具と、糸を通すための「ガイド」という金属の輪がついています。

Al003832_r
PENTAX KP / DA40mm

同時購入したリール「スズミ エアマスター 800」。
糸を巻きつけるのは大変そうだったので、リールと一緒にお勧めの釣り糸も買い、店の人に巻いてもらいました。
それと、熱海でたくさん釣れたサビキ仕掛けやバケツ、小さなクーラーボックスも買って、合計で8000円ほどになりました。

Kp010633_r_3
PENTAX KP / DA40mm

新しく買った自前の釣具を持って、今度は茨城県にある「鹿島港海釣園」へ。
それがこのときの記事です。

Kp010618_r
PENTAX KP / DA40mm

ところが、「さあ釣るぞ」と新品の竿を伸ばそうしたら……釣る前に釣り糸がリールにからまってしまいました。
後で知ったのですが、リールの縁までいっぱいいっぱいに糸を巻いてしまうとからまりやすくなるので、7割程度にしておくものだそうです。
堤防からのサビキ釣りで、50メートルも100メートルも糸を使うことはありませんから。
でもこちらは初心者、そんなことは知りません。

悪戦苦闘の末、どうにもならなくなって海釣園のスタッフの方に泣きつくことに。
そうしたら忙しい中親切にも、こんがらがった糸を外して、巻き直してくださいました。
もう、涙が出るほどありがたかったです。

Kp010620_r
PENTAX KP / DA40mm

パパがからまった糸と格闘している間、おとなしく待っていた娘。
ようやく釣り始めると、どうやら小サバの大群が回遊していたらしく、入れ食い。
仕掛けを海中に下ろしたとたん、たちまち針に何匹もかかってきます。

Kp010627_r
PENTAX KP / DA40mm

釣った小サバは海水を入れたバケツに入れたのですが、本当は氷を入れたクーラーボックスに入れるなどして、すぐシメないといけなかったようです。
活かしたままいつまでも置いておくと味が落ちて、とくにサバなどは生臭くなってしまうんですね。
初心者はそういうことも知りません。

Kp010629_r
PENTAX KP / DA40mm

とはいえ大漁になって、娘もうれしそう。
やれやれ、なんとかうまくいってよかった。

Kp010669_r
PENTAX KP / DA40mm

もし自分一人だったら、糸がリールにからまったところで終わっていたでしょう。
やっぱり初心者は、ベテランに教えてもらえるところが安心。
そういうわけで自分の経験から、海釣園を強くお勧めしたいと思います。

Al003845_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

その後に勉強したのですが、糸がリールにからまってしまったときは、リールの先にある「ドラグ」というツマミを回してゆるめ、外します。

Al003848_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

スプールをはめる金属の細い棒のところに糸がからまっていることが多いので、こうやって本体から糸巻きの部分(スプール)とドラグを外し、棒から糸を外してやると、ほどけるようになるんですね。
初心者が買うような安いリールほど糸がからまりやすいらしいので、覚えておくといいかもです。

|

September 04, 2018

初心者の釣り3 潮溜まりで小物釣り…クサフグきた~!(^^)

P8251538_r
OLYMPAS TG-1

初心者仲間のみなさんにもう一つお勧めなのが、海水浴に出かけたときなどに、潮溜まりで小物を釣ること。
海水浴場って大抵、端のほうに岩場がありますよね。
そういう岩場の、子どもでも腰ぐらいしかない深さの潮溜まりで釣るんです。
写真は千葉県外房の仁右衛門島に行ったときのもの。

P8251542_r
OLYMPAS TG-1

竿は前回紹介したハゼの見釣り用の万能小継。
縮めると40cmぐらいになるので、持っていってもじゃまになりません。
エサは行く途中のコンビニで買った、さけるチーズ
底まで落とさずに水中でブラブラさせてたら、クサフグが釣れました。

P8251544_r
OLYMPAS TG-1

クサフグは釣りの世界では「エサどろぼう」と悪名高い、嫌われ者。
毒があるので食べられません。
でも釣り上げるとプッとふくれて面白いので、子どもたちにはとっても受けます。

P8281726_r
OLYMPAS TG-1

こちらは同じく千葉県外房の守谷海岸に行ったとき。
『日本の渚・百選』にも選ばれている、お勧めの海水浴場です。

P8281751_r
OLYMPAS TG-1

お!
なんか釣れてます。

P8281731_r
OLYMPAS TG-1

きれいな青い魚が釣れました。
ニシキベラかな。
すごいうれしそうな娘。

P8281762_r
OLYMPAS TG-1

釣れたのはこのときもあらかた、クサフグ。
「釣りなんて生まれて初めて」
という娘のお友達の女の子もちゃんと釣れてましたから、誰でも大丈夫です。
釣った小魚たちはしばらくバケツに入れて観賞してから、海に返しました。

海水浴に来ていた家族連れのお父さんが、
「なんか楽しそうだなあ」
という顔で、子どもたちがワイワイ言いながら釣ってるのを興味深げに見ていました。
そのうち、
「エサはなんなんですか」
と訊かれたので、
「さけるチーズとボイルホタテです」
とお答えしたら、
「えー、そんなんで釣れるんですか?」
とびっくりされてました。

きっと普通の人は、
「釣りっていうのはマニアが気持ち悪いムシとか使ってやる、小難しいもの」
と思ってるんでしょうね。
実際、うちもそう思ってましたから(^^;)。

Al003960_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

愛嬌者のフグですが、困るのは歯が鋭くて、しょっちゅう釣り糸を噛み切って逃げてしまうこと。
このときも何回もやられました。
フグが多いときは、切られてもすぐ直せる仕掛けがいいかもです。
写真では、釣り糸に中通しのオモリを通して、先をハリス止めに結びつけ、ハリス止めには糸付きの釣針をつけています。
糸付きの針は、7本入りで140円ぐらい。

ささめ針(SASAME) AA402 アジ鈎 フック 金 糸付 7 釣り針
B00ESPW24U

ハリスというのは、釣り糸のうち、針のほうにつながった細めの糸のこと。
反対に竿のほうにつながった太めの糸を、道糸(みちいと)といいます。
ハリス止めは2つある輪のうち細長いほうの中に糸を通して、両手でV字の底のほうに引っ張ると、結ばなくてもそれだけで糸が留まってくれるという便利な金具。
6個250円。

ささめ針(SASAME) PA250 道具屋 大穴ハリス止 M
B00OV3EOVS

フグが噛み切るのは細めのハリスのところなので、切られて釣針は持っていかれても、おもりとハリス止めは残ります。
仕掛けを直すには残った糸を両手でV字の広いほうに引っ張って外し、新しい糸付き針をハリス止めに差し直せばいいわけです。
このやり方なら、釣り糸を切られたときの損失を1回20円に押さえられます。

あとはオモリ。
4個150円。

加藤精工(KATOSEIKO) ナツメ パック 0.5
B007JJSDJK

合計投資金額、540円。
うーん。
こんなにお金かけるぐらいなら、噛み切られるごとにジグヘッドを結び直したほうがいいかも?

でも問題は、そのたびに糸が短くなってしまうこと。
それとこういう仕掛けにしておくと、針が海中で岩とかに引っかかってしまったときとかに、強く引っ張ればハリス止めからハリスが抜けるので、回収しやすくなります。
なので、見釣りじゃない場合はジグヘッドよりこちらのほうがお勧めです。

|

September 01, 2018

初心者の釣り 2 江戸川放水路でハゼ釣り

P9230230_r
OLYMPAS TG-1

釣り初心者の我が家がニジマスの次に挑戦したのが、ハゼ。
筆者宅からもほど近い、地下鉄東西線の妙典駅近くに、ハゼ釣りのメッカと言われる江戸川放水路があり、近所の「上州屋」さんにも、手書きのポップで「江戸川放水路でのハゼ釣りにお勧め!」なんて書かれた初心者向け釣り道具が置いてありました。

ネットを見ても、1時間で何十匹も釣れたなんていう記事ばかり。
それを見て、
「ふーん。ハゼ釣りって初心者向けみたいだな」
と思い、安売りハゼ釣りセットを買って家族で江戸川に出かけたのでした。
そのときの記事がこちら。

P9230248_r
OLYMPAS TG-1

ところが行ってみたら全然釣れません。
回りもあんまり釣れてなくて、とはいえポツポツとは上がっていたのに、我が家だけはまったく成果なし。
今から思い返すと当時はハゼの性質を全然知らなかったというか、ハゼは底魚なのでエサを水底に沈ませて動かしてやらなければいけないのに、水中で一生懸命振り回していた記憶があります。
なにしろニジマスしか釣ったことがなかったので…
それじゃ釣れませんよねえ。

P9230250_r
OLYMPAS TG-1

それでも偶然に1匹だけ引っかかりました。
やれやれ、これでおうちに帰れます。

ハゼ釣り、初心者には意外とムズかったです。
今思うと最初は釣り船を予約して、竿や仕掛けも借りて、いろいろ教えてもらうべきでした。
初心者はそこをケチってはいけませんよね。
自分で釣具を買って岸からタダで釣るのは、その後でよかったと思います。

でもネットで書かれてたみたいに1時間で何十匹も釣っている人は、筆者の回りには誰もいませんでした。
思うにみなさん釣れなかったときは黙っていて、大漁のときだけネットにアップしてるんじゃないでしょうか。
ネットの釣果の情報は、話半分に思ってたほうがよさそう(^^;)。
上級者の人がたくさん釣ったからって、我々初心者も釣れるわけじゃないですから。

Kp017859_r
PENTAX KP / FA43mm

その後、天橋立のある宮津湾沿いの旅館の裏で釣ったときは、娘が1人で1時間ほどで4匹のハゼを釣り上げました。
実はここは堤防の下がすごく浅くて、しかも水がきれいだったので、水底にハゼがいるのがよく見えていたのです。
で、その鼻先にエサを落としてやったら、パクっと食いついてくれたんですよ。

Kp017865_r
PENTAX KP / FA43mm

娘は、
「ハゼってバカ~」
とか言いながら、釣り上げてはしゃいでました。
その様子は横で見ていても楽しかったです。

筆者が初心者にお勧めしたいのは、こっちのほう。
水のきれいな浅い磯とか堤防で、底にいるハゼを目で見ながら狙うわけですね。
「見釣り」というそうです。
これだったら道具も最低限でいいし。

Al003941_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

このとき使った竿は、上州屋さんで安売りしていた「万能小継」という、長さ2.1メートルの淡水の小物釣り用のもの。
2000円しませんでした。
たぶん↓と同じもの。

振出万能小継 210(basic-033343)
B06X1GPDR5


別にこれでなくても、2~3メートルの延べ竿(リールを使わない釣り竿)だったらなんでもOKでしょう。
釣り糸は、ナイロンの10メートルのがアマゾンで百数十円で売っているので、それをハサミで切って使えばいいと思います。

サンライン(SUNLINE) ナイロンライン SIGLON ベーシック 10m 3号 ナチュラルクリア
B000BSBZO6


ネットに「竿と糸の結びめから針先までの長さを、竿の長さと同じぐらいにする」と書かれていたので、だいたいそのぐらいにしてみましたが、使いやすかったのでそんなものでいいと思います。
釣り糸の太さもいろいろありますが、使ったのは3号でした。
でもハゼは小さいので、1号でも2号でもなんでもいいでしょう。
リールはいりませんし、ウキとかもいらないです。

針とオモリはいるけど、これもなんでもいいと思います。
一番簡単なのは、針とオモリが合体したジグヘッドですかね。

メジャークラフト ジグパラヘッド ダートモデル JPHD
B01MYZMO2T

5個入りで300円ぐらい。
重さと形がいろいろありますが、ハゼの場合はエサがついてればなんでも食うんじゃないかと思います。
迷ったら安くて小さいのにしましょう(笑)。
ジグヘッドには釣針と違って糸を通す穴がついているので、竿から垂らした糸をそこに結べばいいです。

Al003949_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

まあ、初心者的には釣り糸の結び方がよくわからないと思いますが、そこだけネットで検索して勉強してくださいね。
わからなかったら適当に結んで、手で引っ張ってみて、外れなければOK。
ハゼは小さくて、人が手で引っ張るほどの力はありませんから。

あとは針にエサをつけますが、ゴカイとかミミズとか初心者にはキモいので、うちではもっぱらボイルホタテを使ってます。
スーパーで300円ぐらいです。

ハゼの見釣り、楽しいですよ。
合計で3000円かからないで楽しめます。
それでハゼが釣れて天ぷらとかで食べられたら、ニジマスよりコストパフォーマンスがいいかも(^^)v。

|

August 29, 2018

初心者の釣り 1 軽井沢の渓流釣堀でニジマス釣り

K5px4988_r
PENTAX K5 / FA43mm

今やすっかり釣り好きになっている、我が家の娘。
思い起こすと、彼女が最初に釣りを経験したのは2歳のときで、場所は北軽井沢の渓流釣堀でした。
人間牧場内の源流つりというところ。
渓流を区切った中にニジマスやイワナが放流されていて、当時は犬も中に連れて入れました。

K5px4990_r
PENTAX K5 / FA43mm

竿やエサは釣堀側が用意したものを借りるので、手ぶらで大丈夫。
ニジマスは釣りやすく、イワナやヤマメは釣りにくいという話でしたが、いずれも養魚場から運ばれてくるため、投入されてすぐは無警戒。
子どもでも簡単に釣れます。
でも同じ魚がしばらく経つとスレてきて、なかなか釣れなくなるんですよね。

K5px4994_r
PENTAX K5 / FA43mm

見てください、この誇らしそうな顔。
2歳児のドヤ顔です(笑)。

K5px5007_r
PENTAX K5 / FA43mm

釣った魚はその場で炭火焼きにしてもらえます。
串を打つのと塩を振るのはスタッフの人がやってくれて、後はうちわであおぐだけ。

K5px5017_r
PENTAX K5 / FA43mm

最初はおっかなびっくりだった塩焼きも、やがて大好物に。
ただこちらは入場料1人2000円、魚1匹500円と値段が高いので、その後は行かなくなってしまいました。

K5px1348_r
PENTAX K5 / FA31mm

代わってよく行ったのが、「軽井沢 おもちゃ王国」内の渓流釣堀。
今は人気のおもちゃ王国ですが、最初に行ったときはジェットコースター事故の後で、ガラガラだった記憶があります。
娘は当時3歳でした。

K5px1363_r
PENTAX K5 / FA31mm

ここは子ども向けの遊園地で、その中に釣場があります。
魚はニジマスのみ。
やはり釣竿を借りて釣りをしますが、竿1本が1200円、1本で2匹までニジマスが釣れ、追加1匹ごとに300円という良心的な価格設定でした。
ただし入園料(大人1,200円 小人900円)が別にかかります。

K5px1408_r
PENTAX K5 / FA31mm

こちらでも釣った魚の数だけ塩焼きを食べられます。
自分が釣った魚をスタッフに渡し、代わりにあらかじめ焼いていたものをいただくというスタイル。
自分で焼かなくていいし、待たなくていいのでお手軽です。
娘がおもちゃ王国自体を気に入ったこともあって、ここには何度も通いました。

Kp002908_r
PENTAX K5 / FA50mm

他では、「古瀧花木野草苑」
「古瀧庵」というお蕎麦屋さんの裏手に滝が見られる庭があり、その一角が渓流釣堀になっているのです。

Kp002933_r
PENTAX K5 / FA50mm

大人200円、子供100円の入場料で、1匹釣るごとに300円というシステム。
貸竿もありますが持ち込みも可なので、ハゼ釣り用に買った釣竿を持ち込み、「さけるチーズ」を餌にして釣りました。

Kp002957_r
PENTAX K5 / FA50mm

ここでも釣った魚を塩焼きにしてもらえ、調理は無料なので、トータルコストでは軽井沢近隣で一番お得かもしれません。

渓流釣堀のニジマス釣りは道具を用意する必要はないし、誰でも簡単に釣れて料理までしてもらえるので、釣りの初心者にはぴったり。
我が家の娘もそれをきっかけに釣りが大好きになったので、小さなお子さんのいるご家庭にはお勧めです。
全国あちこちにあるので、旅行の際に寄ってみてはいかがでしょうか。

|

August 26, 2018

浦安万華鏡で泡マシンを体験

P8251807_r
OLYMPAS TG-1

きずなの学校のお友達をお誘いして、「大江戸温泉万華鏡・浦安」に行ってきました。
浦安市内でも海沿いにあって、電車利用の場合はディズニーランドのある舞浜駅のおとなり、新浦安駅から無料バスが出ています。

筆者宅のある松戸市から浦安へは、車で行くのが便利。
外環道と同時に延長された国道298号線を使って50分ほどです。
調べてみたら高速と一般道で所要時間がたいして変わらなかったので、一般道を使うことに。
松戸ICの開通以来、湾岸方向へはずいぶん行きやすくなりました。

P8251811_r
OLYMPAS TG-1

中は前に行ったお台場の大江戸温泉物語とほぼ同じ。
物販、飲食店、休憩所、宿泊施設などたくさん入っていて、全体が江戸をイメージした和風の内装になっています。
外国人観光客の方もたくさんいました。

P8251821_r
OLYMPAS TG-1

ここの特長は水着ゾーンが充実していること。
木更津の「ホテル三日月・竜宮城」ほどではありませんが、かなりの広さにたくさんのプールや温泉があって、ファミリーには見逃せない施設です。

P8251825_r
OLYMPAS TG-1

こちらは一番広い「大滝の湯」。
ぬるま湯ぐらいの温度。
午前11時にオープンしたばかりなので、まだ空いています。

P8251849_r

OLYMPAS TG-1

子どもたちはさっそく、あちこちの温泉&プールをチェック。
ここはプールといってもごく浅くて、小さな子どもたちが遊ぶための作りになっています。
基本は温泉で、ちゃんと泳ぐようなプールはありません。

P8251843_r
OLYMPAS TG-1

こちらは温泉。
お湯はぬるめ。
子どもたちは構内を探検して楽しそう。

P8251869_r
OLYMPAS TG-1

1時間ほど遊んだ後、いったん着替えてお昼ご飯。
焼肉や中華もある中から、今回は和食処の「菊水亭」へ。
こうした施設にしては、お値段は比較的リーズナブルです。

P8251886_r
OLYMPAS TG-1

昼食後、再び水着ゾーンへ。
と、スタッフの人がなにやら準備しています。

P8251890_r
OLYMPAS TG-1

現れたのは、真っ黒い大砲のようなもの。

P8251822_r
OLYMPAS TG-1

これは実は「泡マシン」。
週末だけのイベントに使うのです。

P8251898_r
OLYMPAS TG-1

カウントダウンの後、大砲型の泡マシンから放出開始!
大砲の横でスタッフが構えているのは、銃っぽい形のブロワー(送風機)。

P8251904_r
OLYMPAS TG-1

たちまち泡だらけになる、お客さんたち。

P8251921_r
OLYMPAS TG-1

筆者たちの一行はイベントが始まったとき、たまたま泡マシンの眼の前にいました。
きずなとお友達、テンションマックス。

P8251906_r
OLYMPAS TG-1

きゃあきゃあ声を上げながら、かぶった泡を投げっこして遊びます。
後で、「楽しかったあ」と言ってました。

P8251876_r
OLYMPAS TG-1

その後、パパとママは温泉でゆったり。
その間、子どもたちは休憩所でたくさん置かれたマンガを読んでのんびり。
この日は都内で最高気温36度という猛暑でしたが、子どもたちには充実した休暇になったようです。
よかったね!

|

August 23, 2018

片貝漁港でサビキ釣りも……ボラを見ただけ(^^;)

Al003753_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

きずなは京都旅行中、宮津市の「旅館 つるのや」さんの裏でやった釣りが楽しかったようで、
「また釣りに行きたい!」
とのリクエストが。

Al003759_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

ネットで釣場を探していたママが、
「松戸から車で1時間半で行ける九十九里の片貝漁港で、魚がたくさん釣れるらしい」
という記事を見つけ、そこに行くことになりました。

Al003764_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

早朝のほうがよく釣れるだろう、ということで、気合いを入れて夜中の3時に起き、3時半に出発、朝5時前に片貝漁港に到着。
外環道と京葉道路とつながってから、九十九里は一段と近くなりました。

Al003762_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

事前の情報でサビキ釣りに向いているという話があった、漁港横を流れる作田川の北側の堤防に行く予定だったのですが、行ってみたら立入禁止になっていました。
やむを得ず漁港内に車を停め、その場で釣ることに。

Al003766_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

とはいえ漁港内でもあちこちで魚が跳ねていて、ママときずなは、
「これはすぐに釣れるに違いない」
と、意気込んでいます。

Al003769_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

しかし…
釣れるどころか、あたりすらありません。
サビキをやめて、ハゼ釣り用の仕掛けをつけてみますが、反応なし。

Al003770_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

アミではダメなのか、とエサをホタテや裂けるチーズに代えてみても、やはり反応なし。
魚は目の前で跳ねているのに…
「えー、なんで~」
フラストレーションがたまってくる、きずな。

Al003773_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

場所が悪いのかもと考え、漁港の一番端の堤防に移動してみます。
ここは作田川沿い。
でも、ここでもまったく当たりなし。

Al003776_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

横で釣っていたお兄さんも、まったくあたりが出ない様子で、あきらめて帰ってしまいました。
夜から来ていた釣り人たちも、朝には撤収。
我が家も朝8時ぐらいまで粘った末、あきらめて竿をしまいます。

ネットのブログで見ると、いろいろな魚が釣れているみたいなんですけどねえ。
まあ、片貝漁港は都内からもアクセスがいいので、もしよく釣れるようなら、たくさんの釣り人が集まっているはず。
なのにほとんど姿がないということは、あまり釣れない場所だということなのでしょう。

後でネットで調べたら、跳ねている魚はボラだったようです。
沿岸部のボラはおいしくないので食用にしないし、藻類を食べているので普通は釣れない、とのこと。

いつぞやの熱海に続いて2度めのボウズとなったきずな、がっくりです。
帰りの途中、彼女が好きなファミレスで朝ご飯を食べて、なぐさめたのでした。

|

«お盆休み旅行5 金沢から世界遺産・五箇山へ