« エアレース会場 | Main | アトラクション »

September 26, 2005

レース開始!

IMGP3581
PENTAX istDS / FA80-200mm

「いざ、出陣」
と滑走路に登場する、昨年優勝の「レア・ベアー」。
機体はF8Fベアキャットを徹底改造してチューンしたもの。
F8Fは、第二次大戦には配備が間に合わなかったけれど、「最強のレシプロ艦載機」と言われる機種なんですね。

IMGP3373R
決勝レースは複葉機、ジェット機、スポーツ機などのクラスに分かれて行われます。
各機、予選順位通りに滑走路から飛び立ち、上空でフォーメーションを組んで、
「We hava a race !」
のアナウンスとともに、競技開始!

IMGP3384R
各機入り乱れての激しいバトル。
写真ではわかりませんが、爆音がすごい迫力です。

IMGP3390R
ムスタングVSベアキャット。
ほとんどぶつかりそうな競り合い。
何年かに一度、事故で死者が出るそうです。
日本だったら、最初の一回で大会中止でしょうねえ。

IMGP3535R
「ビッグ・ボス・マン」チームの機体は、F7Fタイガーキャット。
第二次大戦の海軍の戦闘機で、塗装はピカピカです。
真っ黒で、しかも双発で大きいので、目立ってました。

IMGP3392R
レースは楕円形の周回コースを使って行われます。
超低空飛行で、コーナーでは斜めに機体を傾けてバンクをとります。
こんな風にして、クラス別にいくつものレースが戦われ、その最後を飾るのが、大会の華・アンリミテッド(無制限)クラスの決勝なんですね。

IMGP3584R
アンリミテッド・クラスの優勝争いは、結局、「レア・ベアー」の圧勝に終わりました。
実は有力な対抗チームが次々とトラブルを起こして、予選でリタイアしていたそうです。

IMGP3576
レースが終わると、あちこちでチームのクルーが乾杯したり、写真を撮ったり。

IMGP3589
祝福の人々に包まれるレア・ベアー。
おめでとうございます。


|

« エアレース会場 | Main | アトラクション »