« イタリア旅行その4 | Main | イタリア旅行その6 »

July 31, 2006

イタリア旅行その5

Imgp1129
PENTAX istDS / DA21mm

さて、カプリ島といえば『青の洞窟』。
なのですが、初日、二日目と「波が高い」ということで中に入れませんでした。
代わりにバスで、カプリのもう一つの町、アナカプリに出かけました。
ホテルのあるカプリの中心に比べると観光客も少なめで、その分、落ち着いたたたずまい。
家々の白い壁から鮮やかな花々、藤椅子のオープンカフェ、ジェラート店のカラフルなショーウィンドウまで、思い描いていた南欧のイメージそのものです。

Imgp1161
PENTAX istDS / DA21mm

アナカプリの道で小物を売っていた、小さな女の子たち。
夏休みだっていうのに、遊びにも行けずに働かされて、ちょっぴり不満そう。(^^;)

Imgp1165
PENTAX istDS / DA21mm

ここはマヨルカ焼きの床で有名な、サン・ミケーレ教会。
もともとは女子修道院だったそうです。
床の焼き物の絵は、アダムとイヴがエデンから追放された話がテーマ。
描かれた動物たちの表情が妙に人間ぽくて、楽しいです。

Imgp1141
PENTAX istDS / DA21mm

お昼にいただいた、ラビオリ・アラ・カプレーゼ(カプリ風ラビオリ)。
チーズが詰まった小さなギョウザ風の形のパスタを、トマトソースであえています。
名物料理なんですが、あんまり好みじゃなかったかも……(^^;)

Imgp1146
PENTAX istDS / DA21mm

アナカプリの中心の広場からは、カプリ島の最高峰、ソラーロ山へのリフトが出ています。
民家の庭の上をリフトが通っているんですね。
山頂までは10分ほど。
山からの風が爽快でした。

Imgp1149
PENTAX istDS / DA21mm

頂上は切り立った断崖の上。
周囲を取り巻く海や、対岸の半島の眺めが見事です。
カフェもあって、売り子の若いお兄ちゃんがなかなかイケメンでした。

この日はこうして島のあちこちを見て回って過ごし、カプリ島滞在最終日となる翌日、『青の洞窟』に最後の挑戦をすることにしました。

Imgp1187
PENTAX istDS / DA21mm

というわけで最終日。
今日も快晴です。
何度も通って顔見知りになった港のインフォメーションのおねえさんに聞くと、
「今日は入れるわよ!」
とうれしいお言葉が。
さっそく、チケットを買って洞窟行きのボートへ。

Imgp1189
PENTAX istDS / DA21mm

洞窟までのボートの旅も気持ちよかったです。
見てください、この空と海の青さ。
海沿いには、古代ローマ以来の遺跡も数多く残されています。

Imgp1199
PENTAX istDS / DA21mm

洞窟前に到着。
ひさしぶりのご開帳とあって、順番待ちです。
世界的な観光スポットなので、各国から旅行客が集まっているのですが、そのうちニッポンの団体さん貸切のボートが何隻もあって、
「ジャポネばっかりねえ」
なんていうつぶやきも……(^^;)

Imgp1200
PENTAX istDS / DA21mm

洞窟に入るには、手前でいったん手こぎの小舟に乗り換えます。
入口はとても狭くて、渡されたロープを伝って入るんですね。これでは波が高いと入れないわけです。
船頭さんからは、
「全員、頭を下げて、体をぴったり床につけて!」
という指示が。

Imgp1203
PENTAX istDS / DA21mm

やっと中に入り、顔を上げて回りに目を向けると、看板に偽りなし、本当に青の世界です。
うーん……きれい。
快晴、夏の午前中ということで、条件も良かったみたいです。
チップをせしめた船頭さん、気持ちよさそうにナポリ民謡を歌い始めます。
みんな喜んで拍手。
いやあ、ここは確かに一見の価値あり。
3日目でようやく入れて、ラッキーでした。(^^)

懸案の『青の洞窟』に入れ、満足して、再びモーターボートで港へ。
そこから今度は島の反対側にある海水浴場、マリーナ・ピッコラへ行ってきました。

Imgp1226
PENTAX istDS / DA21mm

Imgp1230
PENTAX istDS / DA21mm

砂ではなく砂利の海岸で、日本の海水浴場と比べると、こじんまりしています。。
アマルフィもそうでしたが、みんなあんまり泳がずに、もっぱら日光浴をしています。
筆者もしばし、日光浴。
日本人は誰も見かけなかったので、カプリ島で海水浴する人はめずらしいんでしょうね。
ちょっと自慢できますね。(^^)

Imgp1239
PENTAX istDS / DA21mm

こちらは海岸を見下ろすレストラン。
とってもいい雰囲気です。
ここで遅いお昼をいただきましたが、料理も本格的で、おいしかったです。

Imgp1232
PENTAX istDS / DA21mm

こちらは突き出しのブルスケッタ。
トマトが美味。

Imgp1237
PENTAX istDS / DA21mm

アンティパスト・ディ・マーレ(魚介の前菜)。
タコ、イカ、エビ、ムール貝、アサリがこちらの定番です。
このあとパスタを頼んで、どの料理もおいしかったので、さらにもう一品追加しました。

Imgp1246
PENTAX istDS / DA21mm

Imgp1247
PENTAX istDS / DA21mm

南イタリアの名物料理、ズッパ・ディ・ペーシェ(魚介のスープ)。
スープというより、いろいろな魚や貝が入ったアクアパッツァです。
やはりカメリエーレが取り分けてくれます。
おいしかったですよ。(^^)

Imgp1250_2
PENTAX istDS / DA21mm

食後に頼んだミックスフルーツジュース。
あんまり食べ過ぎて、この日の夕食は抜くはめに。(^^;)

Imgp1253
PENTAX istDS / DA21mm

カプリ島も今日が最後です。
早かったなあ…


|

« イタリア旅行その4 | Main | イタリア旅行その6 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81143/11168803

Listed below are links to weblogs that reference イタリア旅行その5:

« イタリア旅行その4 | Main | イタリア旅行その6 »