« インターラーケン | Main | ジュネーブ »

June 13, 2007

ツェルマット

Imgp5761
PENTAX K100D / FA77mm

旅の八日目。
朝起きると、周囲は一面の雪景色。
きのうの夜のうちに積もったみたいです。
空はどんよりと曇り、さらに小雨も降っています。(;_;)
その中をなぜか、おおきな猫が一匹、悠然と歩いていました。
こっちの猫って、雨でも雪でも平気なんでしょうかね。

Imgp5770
PENTAX K100D / SIGMA 18-50mm

この日はマッターホルンを見に展望台に行くんですけど、そういうわけで期待しないで登山列車に。
でもふと外を見ると、あれ?
チラリとですが青空が!
おおっ、これはもしかして?
でも、変な期待はしない方がいいよね。後でがっかりするし…

Imgp5784
PENTAX K100D / SIGMA 18-50mm

標高3090メートルのゴルナーグラート展望台に到着。
なぜかワンコがお出迎え。
セントバーナードです。
お嫁さんは見るなり、「ヨーゼフ!」と叫びます。
そうです、ハイジちゃんちのワンですね。
きっと電車が上がってくるたびに、誰かの日本人が同じことを叫んで手を振るのでしょうねえ。(^^;)
お? また少し青空が広くなっていますよ?
でもって…

Imgp5789
PENTAX K100D / SIGMA 18-50mm

ああっ、見えた! 見えました!
スイスアルプスの女王、マッターホルンです!
標高4478メートル。雲の中から頂上が見えています!
うーん、下の方までは見えないけど、この天気でとにかく見えたのは、すっごいラッキーかも。(^^)
みんなで記念撮影して、これで本日の公式日程はおしまいです。

Imgp5842
PENTAX K100D / SIGMA 18-50mm

今日はこの後ずっと自由行動なのです。
実はこの自由時間は、ハイキング用のもの。
行く前に友達から、「ゴルナーグラートからの帰りはぜひ、歩いた方がいいよ。カウベルがからんころん鳴って、ほんとのアルプスの気分が味わえるよ」と勧められていたので、ぜひ経験したかったのですが…
なにしろこの日、ハイキングコースは腰まで積もった雪の底。
あきらめて電車でツェルマットの街に戻ったのでした。

Imgp5860
PENTAX K100D / SIGMA 18-50mm

ふもとは曇りで、小雨が降ったりやんだりの天気。
でもせっかくですので、ロープウェイに乗って別の展望台を目指します。
しかし。
往復一人48スイスフラン払って着いたトロッケナー・シュテック展望台は、一面の雪と霧の中。
「だめだこりゃ」
と、同じロープウェーでそのまま引き返したのでした。(^^;)

Imgp5911
PENTAX K100D / FA77mm

くやしいので小雨のそぼ降る中、街近くの小道を歩きます。
このあたりでもいろいろな花が咲いていて、とってもきれいでしたよ。
あーでも、晴れの日にハイキングコース歩きたかったなあ…

Imgp5916
PENTAX K100D / SIGMA 18-50mm

薄暗くなってきたので街へ戻り、レストランへ。
ここは軍人風のてきぱきしたお兄さんがフロアを仕切っていて、なかなか良かったです。

Imgp5921
PENTAX K100D / SIGMA 18-50mm

スイスに来たら一度は食べとかなきゃ!
というわけで、今日の夕ご飯はチーズフォンデュ。
日本と違って、スイスではチーズをからめるのはパンだけなんだそうです。
もっといろいろ入れたかったけど、でもお味はなかなかでした。(^^)
さて、明日はいよいよ最終日。
なんだか雨ばっかりだったけど、でも2回も展望台からアルプスを見れたのだから、よしとしないといけませんね。

|

« インターラーケン | Main | ジュネーブ »