« 通気性壁紙 | Main | ホタテ、カニ、ウニ »

March 27, 2008

さやかシルキー

Imgp7085r
PENTAX K100D / SIGMA 18-50mm

劣化してポロポロ崩れるようになっていた京壁のリフォームも、最初は壁紙にしようかと思っていたのですが、「寝室だし、やっぱり透湿性を残したいな」と思い返し、塗り直すことにしました。
「リフォーム用の製品でないと、古い下地からシミが浮き出てくることがある」ということで、それ用のサンプルを渡されたのですが…
ネットでその製品を調べてみると、新築京壁用の製品にはついている、調湿性など特有の機能の表示が、なぜか全部なくなっています。
どうやらシミの浮き出しを防ぐために、防水タイプの結合材を混入しているようです。
これではわざわざ壁紙をやめ、塗り直す意味がありません。
「何かないのかなあ」
と調べているうちに、リフォームにも使え、調湿性もある製品が見つかりました。
備長炭や珪藻土を含み、湿気を吸放出し臭気やホルムアルデヒドを吸着分解する機能を持ち、仕上がりは洋風の滑らかな風合いで、コテ模様がつくというもの。
「これだ、これだ」
というわけで、お願いして変更してもらいました。

四国化成の「さやかシルキー」という商品です。
初老の左官職人さんも、何度か使ったことがあって、
「ああ、あれはいいよ。これを使う人はコテ模様にこだわる人が多いから、実際見て選んでください」
と、目の前で実演してくれました。↑
「扇仕上げ」や「ラフ仕上げ」など、いろいろありましたが、結局シンプルな「鏝波仕上げ」に決定。
まだ乾いていないのですが、仕上がりが楽しみです。(^^)

|

« 通気性壁紙 | Main | ホタテ、カニ、ウニ »