« 初浴衣 | Main | 本日の収穫 »

July 14, 2009

シャドー・ハイライト補正

K7px0280r
PENTAX K-7 / FA43mm シャドー補正(中)+ハイライト補正

FA43mm1.9は、Limitedシリーズ最初のレンズ。
開放でちょっと甘くなり、少し絞ると直るのは50㎜と同じですが、開放付近で見られる、レフレックスレンズみたいなリング状のボケがきれいです。
絞るほどに柔らかく→固くと変ってゆく50㎜に比べると、絞りによる描写の変化は少なく、最近のデジタル用レンズに比べるとやや柔らかめで、ニュートラルなレンズだと思います。

さて、K-7には白飛びを減少させるハイライト補正、黒つぶれを改善するシャドー補正がついています。
明暗の差が大きい状況で、試しに両方同時に使ってみました。
結果は「うーん…」でした。
ブログの写真の大きさだと違いがわかりませんが、補正すると全体にくっきり感がなくなり、ぼんやりしてざらついた描写になってしまう感じ。
もともと明暗の差が小さくなると「眠たい」写真になりがちなのですが、どうもそれだけではなさそうです。
等倍で見ると特に暗い部分がざらついて、ノイズが浮いています。
ハイライト補正でISOが200からになってしまうこと、またシャドー補正で暗部を持ち上げたことが相俟って、暗部に関しては高感度撮影的な描写になってしまったようです。
ざらついた描写やノイズの多い写真が嫌いな方は、2つの補正を併用するのは避けた方が無難かも。
やれやれ。
本当にこの機種は、高感度が弱いですねえ…

|

« 初浴衣 | Main | 本日の収穫 »