« デジタル一眼レフ・2010年秋の陣 | Main | 運動会パート2 »

October 16, 2010

PENTAX K5 高感度特性比較

03200k7r
PENTAX K-7 / SIGMA 18-50mm

03200k5r
PENTAX K-5 / SIGMA 18-50mm

さて、上はISO3200で、旧機種K7と新機種K5を取り比べてみたもの。
どっちも同じ室内で、画像の一部を切り出してみたものですが、撮った日は全然違いますし、どっちにしてもブログサイズではよく違いがわからないでしょうねえ。
ま、一応見ていただいて、結論は言葉で言わせてもらいますと、「差は歴然」です。
K5の方が圧倒的に高感度時の画質が良くなっています。
ノイズのレベルだけ比べたら、旧機種K7のISO800と新機種K5の3200でいい勝負じゃないでしょうか。
2段ぐらい良くなった感じです。

03200s95r
CANON PowerShot S95

ちなみに上は、同じようなシーンで撮ったCANONのコンパクトデジカメ、PowerShot S95のISO3200の写真です。
こちらもコンパクトデジカメとしてはノイズはよく押さえられていますが、等倍あるいはモニター画面で見比べると、やはり細かいところのつぶれなど、トータル画質の劣化はかなりあって、一眼レフの高感度撮影画像とは差があります。

12800kd3xr
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

さてここで、一世代前の機種になってしまいますが、CANONの入門用一眼レフ、キスデジX3とK5を比較してみます。
X3も同世代のAPS-C機種の中では特にノイズの少ない方でした。
ノーマルだとサポートしていない、ISO12800を拡張機能で使って、同じところを写してみたのが上の写真です。

12800k5r
PENTAX K-5 / SIGMA 18-50mm

そしてこちらがK5。
このサイズだと差がわかりませんが、キスデジに比べても、カラーノイズに関してはよく押さえられています。
キスデジの方も最新機種のX4は3に比べて一段とノイズレスになっているということですから、そちらと比べると結果はわかりませんが、一世代前のX3と比べると、K5が勝っていると言ってもよさそうです。

何はともあれ、こと高感度特性に関しては、「ずいぶんがんばったなあ」というのが正直な感想です。
これでAFなど他のところの性能がK7と同じか向上しているのであれば、俄然、使用範囲が広がりそうです。
うれしいですね!

|

« デジタル一眼レフ・2010年秋の陣 | Main | 運動会パート2 »