« ディズニーランド | Main | 新作ウルトラマン »

November 23, 2010

なかなかいいです

K5px1606r
PENTAX K-5 / DA15mm

今回のディズニーランドでは、もっぱら先日購入したDA15mm Limitedを使ったのですが、なかなか良いです。
気に入ってしまいました。
最近のレンズらしく、超広角なのに収差はとても少なくて、周辺光量落ち、歪曲収差、色収差のいずれも、ほとんどの状況で気になりません。
たまにパープルフリンジが出る程度です。

K5px1828r
PENTAX K-5 / DA15mm

MTF特性を見ると、開放(F4)では中心部の解像度がとても高く、周辺部は甘くなっています。
これは広角の場合、弱点とされますが、人物写真ではそうでもないです。
F8ぐらいまで絞ると、全体に均一な、風景向けの画質になります。
絞りによって描写が変わる方が、使っていておもしろいんですよね。
これぐらい広角だと、絞り込むとコンパクトデジカメ並みに被写界深度がとれて、これまで一眼レフでは難しかった描写が可能になってきます。
上のパレードの写真はF8です。

K5px2007r
PENTAX K-5 / DA15mm

たまに周辺部で画像が流れることがありますが、これは距離によって変わるようです。
この辺もクセを感じます。
でもだいたいは、きれいです。

K5px2327r
PENTAX K-5 / DA15mm

特にありがたいのは、焦点距離が短いぶん、手ブレが目立ちにくいこと。
K5の高感度ノイズの少なさと相俟って、これまでは難しかった写真が簡単に撮れるようになりました。
薄暗いマーメイド・ラグーンでも、手持ちでこの通り。
ISO3200ですが、十分に実用範囲です。

K5px2349r
PENTAX K-5 / DA15mm

こちらはディズニーシーの入口。
ISO1600です。

K5px2131rr
PENTAX K-5 / DA15mm

エレクトリカルパレードも手持ちでいけます。
K5の高感度特性の良さと手ぶれ軽減機能、プラス超広角の威力です。

K5px2176r
PENTAX K-5 / DA15mm

こちらは夜の「イッツ・ア・スモール・ワールド」の建物。

K5px2432r
PENTAX K-5 / DA15mm

中はこんな感じ。
今はクリスマスバージョンなんですね。

K5px2421r
PENTAX K-5 / DA15mm

これはISO6400です。
こんな感度でふつうに見られる写真が撮れるなんて、これまででは考えられませんでした。
RAWで撮影してフォトショップで現像して、ノイズ除去ソフトの「DENOISE」なんか使うと、さらにとんでもなくノイズレスになるらしいです。
そのうちやってみようと思います。
いやあ、高感度に強いカメラって、やっぱりいいですね。(^^)


|

« ディズニーランド | Main | 新作ウルトラマン »