« 練習 | Main | キウイ狩り »

November 09, 2010

K5 vs KissDX3 白トビ比較

1k5px1262r
PENTAX K-5 / FA50mm

晴れたお昼休み、K5とキスデジX3の2台を抱え、白トビしそうな被写体を写して回りました。
K5は単焦点のFA50mmf1.4。キスデジはキットレンズのEF-S18-55mmで、55mm近辺で使っています。
どちらもISO100、絞り優先モードで絞りはF8、ダイナミックレンジ拡大は使用していません。露出補正も0。
なるべく条件を揃えたのですが、といっても画角も微妙に違うし、そもそも露出はちょっとカメラを傾けただけでどんどん変わってしまうので、それほど厳密な比較ではありません。
で、小1時間あれこれ撮り比べてみての印象ですが…
「んー。やっぱK5、白トビしやすいかも…」
でした。(^^;)
といっても限界性能の違いではありません。
露出のプログラムの傾向が違うようで、カメラ任せにしていたら、そういう結果になってしまったのです。

1kd3x3660r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

まずは自宅玄関脇の白砂利の山を撮影。
これはK5の方が露出時間が短くなっています。
K5が1/500秒に対し、キスデジは1/250秒。
キスデジには白トビが見られますが、K5にはありません。

8k5px1286r
PENTAX K-5 / FA50mm

続いて小学校近くの文房具屋さん。
これは結果が逆です。
K5の露出時間は1/100秒。
派手に白トビしています。
カーテンの模様もわからず、張り紙の字もやっと読めるレベルです。

8kd3x3672r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

対するキスデジ、1/400秒。2段違います。
一部白トビはありますが、K5に比べるとわずかです。
その代わり、ガラス越しの店内は真っ暗です。

9k5px1289r
PENTAX K-5 / FA50mm

今度はその脇の自動販売機を写してみます。
K5、1/125。白トビがひどく、右側の張り紙の字がよく読めません。

9kd3x3673r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

キスデジ、1/200。やはり白トビはありますが、K5よりはおとなしく、右側の張り紙の字も判読できます。
でも発色はK5のほうが濃いです。

Bk5px1296r
PENTAX K-5 / FA50mm

ゴミ置き場の看板です。
K5、1/125。
看板の文字がかすれ、細かいところは判読できません。
白いシートも飛んでいて、その上の緑のネットがかすれています。

Bkd3x3676r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

キスデジ、1/400。これまた2段近い差がつきました。
看板の文字はくっきり。シートもその上のネットも、当たり前に写っています。

Ek5px1312r
PENTAX K-5 / FA50mm

逆光状態で駐車場の車を撮りました。
K5、1/125。
露出的には適正かと思いますが、ボンネット全面が白トビしています。
これはしかたないところでしょう。

Ekd3x3681r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

キスデジ、1/800。
白トビは押さえられていますが、しかしこの露出、暗すぎです。
それにしても同じ被写体なのに、ずいぶん露出時間に差があるものです。
キスデジは白トビを押さえようという狙いの露出制御なのでしょうか。

Fk5px1316r
PENTAX K-5 / FA50mm

白いマンションを撮影。
K5、1/250。
適正露出でしょう。白トビもわずかです。

Fkd3x3682r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

キスデジ、1/100。
今回はK5より明るく写りました。
が、明るすぎ。壁や布団があちこちで白トビし、全体的にもフレアっぽくなっています。

この後もいろいろ撮ったのですが、ケースバイケースではあるものの、全体に白トビするような被写体ではキスデジのほうが露出時間を抑えめにする傾向があるようで、その分、できあがった写真ではK5のものに白トビが目立ちました。
比率としては、10枚撮ったとき、2枚は同じくらい、2枚はキスデジが白トビが大きく、6枚はK5の方が白トビが大きいという感じでしょうか。数的には、明白な違いがあります。
しかもK5の場合、とんでもなく飛んでしまう写真がときどきあります。
そんなときは、プラスマイナス0.3EV程度のオートブラケットでは全く対応できないほど、ひどく白トビしています。

以上を踏まえての、筆者なりの感想。
「K5が白トビに弱い」と感じたのは、どうやら露出制御の問題だったようです。
K5もキスデジ3Xも、同じ絞り値、同じ露出時間の場合は、明るさにも白トビの度合いにもほとんど差がありませんでした。
K5が弱いということもない代わり、巷間言われているように、K5のダイナミックレンジが広いということも、筆者には感じ取れませんでした。
「大差ないな」というのが、正直なところです。
ただ今回の写真で見比べると、画質は明らかにK5がいいです。
まあ、キットレンズをつけた入門機と単焦点レンズをつけた中級機を比べてはいけませんが。
いずれにしても、いい写真を撮ろうと思ったら、カメラ任せにせず、まめに露出補正を繰り返さないといけないな、と反省したことでした。

|

« 練習 | Main | キウイ狩り »