« 森林公園 | Main | いやあ »

January 29, 2011

パソコン机

K5px3536r
PENTAX K-5 / DA15mm

パソコンを新しくした勢いで、パソコン用の机を作ることにしました。
今までは勉強机にデスクトップを置いていたのですが、前から別の場所に移したかったのです。
でも市販品ので筆者の好みの高さの机が見つからず、しかたなく自作することにしたのでした。
手の込んだのは面倒なので、長方形の板に丸棒の脚を4つつけただけの、シンプルな構造に。
普通の集成材の板だったらホームセンターで安く買えるのですが、今回は奮発して、ウォールナットの横接ぎ材を使うことにして、ネットで広島の材木屋さんにオーダーしました。

K5px3545r
PENTAX K-5 / DA15mm

こういう板を売っているお店をはるかかなたから見つけてきて、クリック1つで気軽に購入できるのも、ネット時代ならではですね。
仕上げはオイルステイン。オスモカラーの無色を二度塗りし、布でからぶきします。
脚は近所のホームセンターで売っていた金具つきのもので、パインの集成材です。

K5px3549r
PENTAX K-5 / DA15mm

脚とセットで買った座金をつけます。
座金に付属していた木ネジは短すぎる感じだったので、少し長い、真鍮製のネジに変更。
鉄のネジはドライバーの当たった部分から錆びてくることが多いので、筆者の場合、長く使いたいものにはステレンレスや真鍮のネジを使うことが多いです。

K5px3556r
PENTAX K-5 / DA15mm

この脚にはアジャスターがつかないので、床を傷つけないよう、フェルトを張ることにしました。
粘着材つきのフェルトのシートを買ってきて、サークルカッターで脚の底に合わせてカットします。

K5px3557r
PENTAX K-5 / DA15mm

フェルトを張り、脚をつけたら、もう完成です。
簡単、かんたん。
でも寒いせいか塗料がなかなか乾かず、思ったよりは時間がかかってしまいました。

K5px3561r
PENTAX K-5 / DA15mm

ひっくり返すとこんな感じ。
よしよし、作る前にイメージしていた通りの仕上がりです。
測ってみたところ、床から天板までの高さは63.5センチでした。
日本ではどのメーカーの机も判で押したように70センチ前後なので、体に合った高さの机で仕事したいと思ったら、自作する他はありません。
身長も好みも人それぞれ違うのに、一種類しか作ってないなんて、どうかしてますよね。
まあ、昔の帝国陸軍は、「服に体を合わせろ!」って言ってたらしいですけど。

K5px3566r
PENTAX K-5 / DA15mm

新しいパソコンを載せて、無事に完成。
キーボードとマウスは、HPのがストロークが浅くて好みでなかったので、デルのを再利用してます。
せっかくだから、これも新しく買おうかな…
なんて、お金ばかり使ってないで、仕事しなくてはいけませんね。

|

« 森林公園 | Main | いやあ »