« 手縫い幼稚園グッズ  | Main | ひなまつり »

February 28, 2011

サンリオピューロランド

K5px3781r
PENTAX K-5 / DA15mm

雨の月曜日、多摩センターにある、サンリオピューロランドに行ってきました。
ピューロランドはキティちゃんなどサンリオのいろいろなキャラクターが登場するテーマパークです。
ごらんのようにかわいらしい外観のビルがまるごと遊園地になっています。
入口は3階にあります。
この日、車を誘導された先は道を隔てた立体駐車場で、空中回廊でピューロランドとつながっていました。

K5px3784r
PENTAX K-5 / DA15mm

屋内型のパークだけに、内装には工夫をこらしていて、安っぽい感じは全くありません。
「子ども向けの施設なんだろうな」と思っていたのですが、大人も感心してしまうぐらい、ていねいに作りこんであります。
ただ窓が全くないのと、照明も全体に暗めになっていて、開放感は今ひとつです。

K5px3795r
PENTAX K-5 / DA15mm

アトラクションはショーが中心です。
メインフロアでは1時間ごとにショーをやっており、他にもいくつかシアターがあって、こちらでも10分から40分ぐらいの劇をやっています。
どれも着ぐるみのキャラクターが登場して、歌って踊るミュージカル仕立て。
筆者たちが見た中では「メルヘンシアター」でやっていた、「ハローキティとオズの魔法の国」が一番よかったです。
歌、踊り、舞台装置や演出、どれも大人の観賞に十分耐える、立派なミュージカルだと思います。

K5px3829rr
PENTAX K-5 / DA15mm

「キティちゃんの部屋」もあって、そこでキティちゃんのお風呂やベッドも見られます。
写真はキティちゃんのバスタブに入っている、きずな。
ここではキティちゃんと会えて、記念写真をとれるのです。

K5px3866r
PENTAX K-5 / DA15mm

こちらは「サンリオキャラクターボートライド」。
水に乗って流れるボートで、いろいろな部屋を巡ります。
まあ、このあたりのアトラクションは、ディズニーランドの「ミッキーの部屋」や「イッツ・ア・スモールワールド」の亜流と言われてもしかたないでしょうねえ。
でも出来はなかなかよくて、きずなもよろこんでました。

K5px3877rr
PENTAX K-5 / DA15mm

こちらはゲームゾーンの汽車。有料で、1回300円です。
これはキャラクターではないようです。
乗り物大好きなきずなは大喜びでしたが、高いので1回だけでがまんしてもらいました。

K5px3801r
PENTAX K-5 / DA15mm

お昼はカフェテリアスタイルの「フードマシンレストラン」で。
お味は…そうですね、まあ、昔ながらの遊園地の味、という感じでしょうか。
あんまり期待はしないほうが。
でも、量は多かったですよ。

K5px3808r
PENTAX K-5 / DA15mm

入口近くでは、着ぐるみのキャラクターが入れ替わりで登場し、子どもたちとむぎゅーしたり、一緒に写真に収まってくれます。
きすなは3つぐらいのキャラクターにむぎゅーしてもらって、満足してました。
一番気に入ったのは「くろみ」という、なんだか悪役っぽいキャラだそうです。
写真のキャラは…うーん、誰でしょうね。不勉強でわかりません…

ピューロランドは屋内だけのテーマパークなので、雨の日にはいいですね。
ただ入場料は大人3000円、ショーも見られるパスポートが4400円と、ちょっと高めですし、筆者の住む松戸市からだと、多摩センターまで都内を横断しなくてはならず、平日はどうしても朝夕のラッシュに巻き込まれてしまいます。
そういうわけで、あまり気軽には行けそうもないのですが、それでもきずながもう少し大きくなって、ミュージカルのストーリーがわかるようになってきたら、また来ようね、と夫婦して言い合ったのでした。


|

« 手縫い幼稚園グッズ  | Main | ひなまつり »