« 謹賀新年 | Main | 動物ダンス »

January 06, 2012

房総旅行

K5px7174r
PENTAX K-5 / DA21mm

三が日から仕事始めまでの隙間を縫って、家族で近場の房総に一泊してきました。
ネットで見つけた、館山市の「安房自然村」というところです。
千葉県では珍しい温泉宿なのに、民宿価格で泊まれるというリーズナブルなお宿です。
館山自動車道の終点からそう遠くないところにあり、正月休みで道が空いていたこともあって、松戸市の筆者宅から2時間ちょっとで着いてしまいました。

K5px7176r
PENTAX K-5 / DA21mm

宿の駐車場に車を置かせていただき、そこから歩いてすぐの「富鮨」さんでお昼をいただきます。

K5px7188r
PENTAX K-5 / DA21mm

名店として知られる富鮨さん、筆者は今回が2度目の訪問です。
前回はドライブの途中でお酒が飲めなかったのですが、今回は失礼して、お寿司の他につまみを頼んで昼間からビールを飲んでしまいました。
実はこれがしたくて、お店のそばの宿を探したのだったりして。

K5px7217r
PENTAX K-5 / DA21mm

昼食後、チェックインまで間があったので、これも宿のすぐ近くにある「白浜フラワーパーク」におじゃまします。
入場料は大人420円です。

K5px7229r
PENTAX K-5 / DA21mm

園内にはいくつも温室があって、冬でもいろいろな花が見られます。
館山は温暖なところなので、屋外でもポピーやカレンデュラが咲いています。

K5px7244r
PENTAX K-5 / DA21mm

こちらは園内にある足湯。
この日は風が強くて寒かったのですが、あったまりました。

K5px7261r
PENTAX K-5 / DA21mm

園内で一番大きな温室には、モンキーバナナやソテツの木が植わり、小さな噴水もあります。
あまり期待していなかったのですが、きずなはすっかり楽しんでいました。

K5px7286r
PENTAX K-5 / DA21mm

さて、宿にチェックインです。
ごらんの通りの立派な建物です。

K5px7293r
PENTAX K-5 / DA21mm

建物の内部も大きな梁が現しになっていて、巨大ログハウスのような雰囲気です。
高台にあるので遠くの海が眺められます。

K5px7301r
PENTAX K-5 / DA21mm

本館から大浴場には、洞窟を通って行きます。
風情があっていいですよね。
この日は正月休みなのと、宿泊客以外に日帰り入浴も受け入れているので、浴場はだいぶ混んでいましたが、鉄さび色のいいお湯でした。

K5px7334r
PENTAX K-5 / DA21mm

こちらは朝食。
シンプルな和定食ですが、干物や小鉢がおいしくて、ついご飯が進みます。
きずなは給仕の従業員の方にかわいがっていただきました。

K5px7347r
PENTAX K-5 / DA21mm

チェックアウトの後、自然村の敷地内から展望台に向かいます。
裏山の森の中の階段を抜けると…

K5px7365r
PENTAX K-5 / DA21mm

山の頂きに、立派なお堂が現れます。

K5px7380r
PENTAX K-5 / DA21mm

お堂の裏手が展望台。
ここからの眺めは、「千葉眺望100選」にも選ばれているそうです。
この日は快晴で、紺碧の海の彼方に大島や八丈島らしき島影がいくつも見えていました。

K5px7396r
PENTAX K-5 / DA21mm

それから山を下って、下の砂浜へ。
こちらには当地ゆかりの画家、青木繁の碑があります。
小さな浜が岩礁に囲まれていて、いい感じ。
きずなは貝ひろいを始め、なかなか帰ろうとしませんでした。

K5px7431r
PENTAX K-5 / DA21mm

さて、宿を後にして、海沿いに内房をドライブし、途中の道の駅などで休憩しつつ、この旅の最後の目的地へ。
竹岡漁港近くの小料理屋「マルゴ」さんです。

K5px7428r
PENTAX K-5 / DA21mm

写真は日替わり定食。
少し到着が遅れてしまい、看板の「黄金アジ」は売り切れになっていましたが、おいしいお魚でお昼をとって、満足して家路に着いたのでした。
ということで片道2時間、お魚三昧の房総の旅でした。

|

« 謹賀新年 | Main | 動物ダンス »