« フォアグラと栗のムース、金柑のソース | Main | パンダさん »

February 11, 2012

サケの放流

K5px7875r
PENTAX K-5 / FA31mm

荒川でサケの稚魚を放流するイベントがありました。
「荒川にサケを放す会」という市民団体が主催する活動に、きずなの通っている幼稚園が参加しているのです。
子供たちがサケの卵を何個かずつもらって、それを家で孵化させ、しばらく育ててから川に戻すというもの。

K5px7886r
PENTAX K-5 / FA31mm

筆者宅でもサケの卵をもらったのですが、孵化できずに腐ってしまった卵があったようで、水が濁って全滅してしまったのです。
死んじゃったときは、しょぼんとして大変でしたが、うまく育てられなかった子にも幼稚園で用意した稚魚を分けてくれるというので、気を取り直して荒川へ。

K5px7918r
PENTAX K-5 / FA31mm

みんなでサケのお歌を歌ったりした後、護岸された斜面を降ります。

K5px7910r
PENTAX K-5 / FA31mm

川面まで長い樋がかけられ、そこに水と一緒に稚魚を流す仕組み。
なんだか流しそうめんみたいですね。
途中でひっかかってしまったときは、会の人がひしゃくで水を流して、稚魚が水面につくように助けてくれるのでした。

K5px8052r
PENTAX K-5 / FA31mm

というわけで、無事に放流終了。
最後に「放流証書」という紙をもらいました。
長年の活動の結果、今では荒川にも、かなりの数のサケが遡上してくるようになったそうです。
こんな風にして、少しずつ豊かな自然が戻ってくるといいですね。

|

« フォアグラと栗のムース、金柑のソース | Main | パンダさん »