« サイパン旅行1 | Main | 京みやげ »

March 08, 2012

サイパン旅行2

K5px8237r
PENTAX K-5 / DA15mm

こちらのマリアナ・リゾート&スパは、名前にまで入っている通り、スパが有名なようです。
昼過ぎから夜遅くまでやっていて、宿泊者はミール&スパカードがあると何度でも無料で入れ、お得感あり。
本当は家族で一緒に入りたいところなんですが、残念ながら12歳以下は入場禁止。
夫婦で交替に入らないといけません。

K5px8283r
PENTAX K-5 / DA15mm

門から中に入るとちょっとした庭があって、池に小魚がたくさん泳いでいます。
その奥が受付。
中に入れないきずなは、毎朝ビュッフェのパンの切れ端を持ってきて、池のお魚に投げてあげるのでした。

K5px8513r
PENTAX K-5 / DA15mm

スパ内は水着着用です。
こちらが滝のあるプール。
横の方にお湯のジェットバスがあります。

K5px8511r
PENTAX K-5 / DA15mm

階段を降りたところに、浅い大きなお風呂が。
海が見渡せる位置にあり、壁側を頭にして寝そべると、お風呂と大海原が一つになって見える仕掛け。
これは絶景です。
夕日の沈む時間帯はカップルでいっぱいになるそうです。
こちらは夫婦別々にしか入れないので、その時間帯は避けてましたけど。(^^;)

K5px8392r
PENTAX K-5 / DA15mm

旅の2日目は、サイパン観光の定番、マニャガハ島ツアーに出かけました。
ネットで見つけた「シーホース」というツアー屋さんに頼んだのですが、スタッフの人たちはみんな親切だし、日本語で通じるし、料金も良心的でよかったです。

K5px8397r
PENTAX K-5 / DA15mm

島までの往復だけなら1人15ドル。
今回は途中、珊瑚礁の上のスポットでシュノーケリングもしたので、1人40ドルに。
クーラーボックスに氷を入れて貸してくれ、おかげで島でも冷たいビールを飲むことができました。
島の中にも店はあるのですが、飲み物も食べ物もとても高いのです。

K5px8400r
PENTAX K-5 / DA15mm

船外機つきの小型ボートで、いざ出発。
船長がすっ飛ばすので、波しぶきを浴びて全身びしょ濡れに。
カメラが心配なパパは気が気じゃなかったんですが、水着姿のママときずなは大喜びでした。

K5px8404r
PENTAX K-5 / DA15mm

島に近づくと、それでなくともきれいな水が、一段と透明に。
上から見ると、見事なエメラルドグリーンに輝いてます。
シュノーケリングポイントは少し波がありましたが、たくさんの熱帯魚が泳いでいました。
船長は「サメがいるからね」なんて言って客を怖がらせて喜んでましたが、もちろんサメの影も形もありませんでした。

K5px8437r
PENTAX K-5 / DA15mm

島に到着。
桟橋の突端にボートをつけ、入島税1人5ドルを払います。
4歳のきずなは無料にしてくれました。

K5px8416r
PENTAX K-5 / DA15mm

ヤシの木陰に荷物を置いて、白砂の浜辺へ。
「人が多くて芋洗いのよう」という書き込みもあったマニャガハ島ですが、12時をすぎるとだいぶ空くようです。
あまり人がいないのもさびしいので、これぐらいでちょうどいいかも。
サイパンはどこでもそうですが、マニャガハ島でも観光客のほとんどは東アジア系の人たちで、半分以上は日本人でした。

K5px8432r
PENTAX K-5 / DA15mm

水は澄み、波は穏やかで、砂は真っ白。
絵に描いたような南の海。
魚もたくさんいます。しかも人を見ると寄ってくるんですよね。
パンなんかあげると、もう大変です。

K5px8444r
PENTAX K-5 / DA15mm

こちらは旧日本軍のものらしき、錆びた砲台。
平和な国になって、本当によかったですね。

K5px8524r
PENTAX K-5 / DA15mm

こちらは最終日に、部屋のベランダから写した夕日です。
4泊5日のツアーでしたが、飛行機が夜中着、早朝発なので、サイパンにいられたのは実質3日。
あっという間の海外の旅でした。
サイパンの海は本当にきれい。
現地の人々も、穏やかで親切な人ばかり。
きずなは「おちびちゃん」と呼ばれて、ホテルからおみやげ屋さんまで、あちこちでかわいがっていただきました。
「また来たいね」
と家族みんなで名残りを惜しみながら、ホテルを後にしたのでした。


|

« サイパン旅行1 | Main | 京みやげ »