« ヒマワリのタネ | Main | 手巻き寿司 »

September 07, 2012

とうがらし

Img_5397r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

庭の一角に植えた、トウガラシ。
トウガラシは多産で、1本だけでも、家族が1年間使って余るぐらい、収穫できます。

Kd3x5351rr
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

でも意外と大変なのが、保存のために乾かすこと。
1週間ぐらい、風通しのいいところで乾燥させないと、カビが生えてしまうのです。
そこでママが、トウガラシを乾燥させるためにヒモで吊るすやり方を、ネットで見つけてきました。

Kd3x5356r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

前に農家の人が、ワラで結んだのを見たことがあったんですよね。
それは手作りのオブジェのようで、とても素敵でした。
ママはそれを覚えていたんですね。
1本1本、丁寧にヒモで結んで、ごらんのような束を作り、軒下などに干すのです。
家にはワラはないので、ビニールヒモを使います。

Kd3x5352r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

ママが1晩がかりで、ザルいっぱいのトウガラシを束にしてくれました。
せっくがんばっても、我が家ではきずなが小さいこともあって、辛い料理はあまり出てきません。
全部は使い切れそうもないので、「余った分は、ママ友達にプレゼントする」ということでした。
パパがトウガラシを植えてしまったばかりに、なんだか申し訳ないかもです…

|

« ヒマワリのタネ | Main | 手巻き寿司 »