« 春の気配 | Main | 静岡旅行 その2 »

February 15, 2013

静岡旅行その1

K5px2687r_2
PENTAX K-5 / DA15mm

2月15日はきずなの誕生日。
この日はたまたま、幼稚園も休みだったので、家族で1泊旅行に出かけることにしました。
目指すは、「焼津グランドホテル」さんです。
2年前に宿泊して、夫婦ともども気に入ってしまい、「また行きたいね」と言っていたホテルなのです。

K5px2382r
PENTAX K-5 / DA15mm

松戸から静岡へは、平日の都内を抜けることになるため、朝5時出発。
そのままだと早く着きすぎてしまうので、観光がてら、途中で高速を降ります。
この日は天気が冴えなかったので、室内型施設で遊ぶことにして、まずは清水市の東海大学海洋博物館へ。

K5px2409r
PENTAX K-5 / DA15mm

同館は清水市の、三保の半島の突端にあって、朝9時からオープンしています。
平日の朝イチバンとあって、館内はがらがら。
写真はサメやエイの泳ぐ巨大水槽。

K5px2404r
PENTAX K-5 / DA15mm

ところどころ、水槽を下からとか、内側から見られるようになっていて、きずなは大喜びでした。

K5px2431r
PENTAX K-5 / DA15mm

こちらは屋外にある、津波シミュレーター。
入江と人家の模型があり、プールの反対側に津波の発生装置があります。

K5px2434r
PENTAX K-5 / DA15mm

定刻になるとサイレンが鳴り、「ドカン!」という音が。
鋼鉄の板が持ち上がり、津波が起きたのです。
波がゆっくりと人家に近づき、陸地を洗い流します。
怖いですね。

K5px2442r
PENTAX K-5 / DA15mm

ところ変わって、クマノミの水槽。
「ニモ」で有名になったカクレクマノミが、いっぱいいます。
ちょっと前までは、増えすぎたので売っていたそうです。

K5px2440r
PENTAX K-5 / DA15mm

人を見ると、集まってくるんですね。
近くには、餌をやれる水槽もありました。

K5px2493rr
PENTAX K-5 / DA15mm

2階には、クジラの骨格標本や、海洋探査船の設備の説明、それに海洋生物を模したさまざまなメカが展示されています。
プールでは、泳ぐメカの実演も。
ちなみに館員の人たち、みなさん若いです。
東海大学の学生さんなんでしょうか。

K5px2490r
PENTAX K-5 / DA15mm

「ターミネーター」のシュワちゃんが、骨だけになったときみたいなメカが何台もあって、有線で操縦できるようになっています。
きずな、さっそくメカの操縦に挑戦。
これ、休みの日には行列でしょうね。

K5px2482rr
PENTAX K-5 / DA15mm

こちらは小型の波の発生器。
その他にも、深海にヘリウムガス入りの空気で潜ったときの、アヒル声を再現する装置など、いろいろなブースがあって、なんやかんやで3時間も遊んでしまいました。

K5px2516r
PENTAX K-5 / DA15mm

海洋博物館の後は、同じ清水市内の「エスパルスドリームプラザ」へ。
大型施設で、1、2階には魚屋さん、肉屋さんなどの食料品売場、お寿司屋さんやラーメン屋さんなどのレストラン街、それにアパレル系のショップや各種おみやげ屋さんなどが入っています。

K5px2527r
PENTAX K-5 / DA15mm

お目当ては「ちびまる子ちゃんランド」です。
ちびまる子ちゃんは、昭和時代の清水市が舞台なんですね。
もう20年以上もテレビ放送が続いているそうです。

K5px2536r
PENTAX K-5 / DA15mm

中にはマンガに出てくる部屋や公園を模したセットが。
声優さんのボイスつきです。

K5px2539r
PENTAX K-5 / DA15mm

こちらは教室。
まだ幼稚園生のきずなは、初めて見る小学校の教室に興味津々でした。

K5px2543rr
PENTAX K-5 / DA15mm

各所にクイズや、間違い探しなどの仕掛けがあります。
全問正解すると、賞品がもらえるのです。

K5px2558rr
PENTAX K-5 / DA15mm

きずな、ママと一緒に隠されたクイズを解いて回り、無事に賞品ゲット。
ちびまる子ちゃんは普段は見ていないのですが、けっこう楽しんでいたようです。
気がつくとチェックインの時間近くなっていたので、ここから焼津のホテルに向かうことにしました。

|

« 春の気配 | Main | 静岡旅行 その2 »