« 南会津 | Main | 松戸ラーメン探訪 »

September 27, 2013

ハゼ釣り

P9230228r
OLYNPUS TOUGH TG-1

3連休の最終日、家族で釣りに行ってきました。
渓流釣り堀で釣り好きになったきずなのため、
「初心者でも簡単に釣れる釣りって、ないかなあ」
と探し、ハゼ釣りすることにしたのです。
場所はハゼ釣りのメッカ、江戸川放水路。
ネットによれば、
「今年は魚影が濃い」
「1時間で50匹」
とのことで、これなら初心者でも大丈夫そうです。
「たくさん釣って、天ぷらにしようね」
と言い合いながら、朝の6時前に到着です。

P9230237r
OLYNPUS TOUGH TG-1

釣りはまったくの初心者のパパ、この日のために釣具店で「はじめて応援セット」という釣道具セットを買ってきました。
小さな針に苦労してエサの冷凍エビをつけ、釣り客相手の船宿が並んでいる横の堤防で、いざ、キャスティング。
さあ、入れ食い…
のはずが、ちっとも釣れません。
左右の釣り人のみなさんも、けっこう苦戦してます。
うそぉ。
でも、目の前の水面をハゼが何匹も泳いでいるので、やっぱり腕のせいなんでしょうね。

P9230248r
OLYNPUS TOUGH TG-1

「うーむ。こうなったら」
パパときずな、ひざ上まで水に浸かりながら川中に進出します。
その後も、ひっかけたと思ったら逃げられたり、どう見てもハゼじゃない大物に糸を切られたり、釣れたと思ったらカニだったり。
さんざん苦労して、やっとのことでパパ、1匹だけ釣り上げました。
はぁぁ、釣りって大変。

P9230250r
OLYNPUS TOUGH TG-1

これが運悪く、初心者に釣られたハゼ。
「1匹じゃしょうがないから、川に返してあげようよ」
と言ったのですが、きずなが首を縦に振りません。
「うちで食べる」
と言い張るのです。
この1匹を釣るのにえらい苦労したので、もったいなくなっちゃったみたいです。

K5px5872rr
OLYNPUS TOUGH TG-1

バケツに入れて持って帰ったハゼは、いたって元気。
きずなは午後いっぱい、
「ハゼちゃん、かわいい」
などと言いながら、うれしそうに覗き込んでいました。
が、いよいよ夕食の時間が近づき、パパはハゼちゃんをザルに入れて、台所へ。

K5px5876r
OLYNPUS TOUGH TG-1

自分で「食べる」と言い張ったきずなですが、いざハゼちゃんを食す時が近づくと、見ていられなくなったようで、頭を抱えてうずくまってしまいました。

K5px5874r
OLYNPUS TOUGH TG-1

調理法はハゼ料理の定番、天ぷら。
パパが塩もみし、水で洗って天ぷら粉をまぶし、ママが煮えたぎる油の中に、ハゼちゃんを投入します。

K5px5879rr
OLYNPUS TOUGH TG-1

待つこと数分。
変わり果てた姿になった、ハゼちゃん。
きずなだけでなく、ママまでシュンとなってます。

K5px5881r
OLYNPUS TOUGH TG-1

一番箸は、「食べる」と言った責任をとって、きずな。
しっぽをちょっと食べ、それからパパが頭を食べ、ママも一口、ちょこっとかじります。
なんだかハゼちゃん、超高級食材の雰囲気。(^^;

K5px5888rr
OLYNPUS TOUGH TG-1

「食べるってことは、こうやって命をいただくってことなんだよ」
ママに言われて、ちょっと厳粛な表情で、食べられて小さくなったハゼちゃんを見る、きずな。
この日のハゼ釣り、良い教育になったかもしれませんね。

|

« 南会津 | Main | 松戸ラーメン探訪 »