« DAコンバーター | Main | 中之条ビエンナーレ その2 »

October 14, 2013

中之条ビエンナーレ その1

K5px6953r
PENTAX K-5 / FA31mm

きれいな秋晴れとなった3連休、群馬県中之条市で開かれていた、「中之条ビエンナーレ」に行ってきました。
ビエンナーレというのは、イタリア語で「2年に1度」という意味で、1年おきに開かれる美術展覧会のことだそうです。
中之条ビエンナーレは2007年に始まり、今年2013年で第4回。
地域の人たちの協力で、日経新聞にも日本の美術展の第3位に選ばれるくらい、立派な展覧会になっています。

K5px6588r
PENTAX K-5 / FA31mm

中之条市はいくつかの市町村が合併してできた市で、とっても広いです。
最初に行ったのは、その中の暮坂地区。
以前に伺ったお蕎麦屋さん「くれさか」さんの近く。
今回もお蕎麦をいただき、ついでと言ってはなんですが、一緒にアートも見てきたのでした。

K5px6591r_2
PENTAX K-5 / FA31mm

アートの前には、こんな風に看板が立てられています。
スタンプラリーもあって、子ども無料。
ただスタンプを全部集めても、賞品は出ないそうです。(^^;)

K5px6595r
PENTAX K-5 / FA31mm

こちらは「犬の散歩道」という作品。
古い山道を整備して散歩コースにしたもので、道そのものが作品なのです。
スタート地点に、山ぶどうのツルでつくったオブジェがあります。

K5px6601r
PENTAX K-5 / FA31mm

小川の上の橋や、農園の横の柵は、きっとアーティストの方がつくったんでしょうね。
きずなは気に入ったらしく、なかなか離れようとしませんでした。

K5px6618r
PENTAX K-5 / FA31mm

こちらは同じ地区の別の作品。
使われなくなった釣り堀の回りを板で囲み、真ん中の空中に、FRP製のボートのオブジェが浮かんでいます。

K5px6624r
PENTAX K-5 / FA31mm

釣り堀の隣の建物の中にも、アートが。
これは日の当たる方角に向かって黒い紙をたくさん空中に並べ、見る人たちが濡らした筆でそこに穴を開けて、星空をつくるという作品。
この日は天気がよく、作品越しの光がとてもきれい。
きずなもママと一緒に、筆で穴を開けてました。
芸術って、いろいろですよねえ。

K5px6646r
PENTAX K-5 / FA31mm

同じ地区の「花楽の里」にも、いくつかの展示が。
こちらは竹でつくられ、白く塗られた、風車の列。
風が吹くとゆっくり回って、なごみます。

K5px6670r
PENTAX K-5 / FA31mm

こちらは六合村の奥、「ねどふみの里」から、さらに山を登ったところにある、「笹小屋再生プロジェクト」。
昔、炭焼きのために山に寝泊まりする人が、夜露をしのぐために笹でつくっていた小屋を、現代に蘇らせたものだそうです。
ここに来たきっかけは、夏に「花楽の里」で作品をつくっていた女性アーティストとお話ししたことでした。
そのときは庭園の一角に土壁の家を建てている最中だったのですが、
「ねどふみで、笹小屋プロジェクトというのもやっているから、見に来てね」
と言われ、今回行ってみたのです。

K5px6683r
PENTAX K-5 / FA31mm

中は上の写真のようになっています。
来てはみたものの、ここまで辿り着くのはなかなか大変でした。
最後の集落を抜けた先は、舗装のない細い山道。
地元の人に道を聞き、電力会社や土木工事のトラックが道を塞いでいたので、お願いして移動していただき、最後はスタックしそうな細い泥道の急坂。
ターンする場所を探して小屋の先へ行くと、キャタピラ付きのトラックが作業中でした。
「うひゃあ。こんなとこ、いったい誰が見に来るんだろう」
と思いましたけど、おかげさまで、良い思い出になりました。

K5px6685r
PENTAX K-5 / FA31mm

無事に人里に戻って、六合村の日影地区へ。
廃自動車を使った大きなオブジェが、道端に置かれていました。

K5px6695r
PENTAX K-5 / FA31mm

歴史的町並みで有名な、六合村の赤岩地区では、養蚕をテーマにした展示がありました。

K5px6712r
PENTAX K-5 / FA31mm

古い農家の内部に、絹糸をイメージしたロープを張り巡らせたアート。

K5px6729r
PENTAX K-5 / FA31mm

集落の一角、土台だけが残った高台の神社の跡に、赤い傘が立てられ、茶会が開かれていました。

K5px6724r
PENTAX K-5 / FA31mm

見に来た人たちに、無料で抹茶とお茶菓子がふるまわれていたのです。
きっと有志の方のボランティアですね。
きずなも緋毛氈の上で、生まれて初めての抹茶体験。

K5px6725r_2
PENTAX K-5 / FA31mm

いただいた抹茶は、びっくりするほどのおいしさ。
赤岩地区はあちこちから水が湧き出している水源地域なので、もしかすると、水そのものがおいしいのかもしれません。
ママは感激し、きずなもゴクゴク飲んでました。
家に戻ったら、母子で抹茶講習会に出るそうです。
芸術って、いいですね。

|

« DAコンバーター | Main | 中之条ビエンナーレ その2 »