« プーケット その1 | Main | プーケット その3 »

April 04, 2014

プーケット その2

P4020289r_4
OLYMPAS TG-1

プーケット旅行その2は、オプショナルツアーのご紹介です。
今回筆者たちが申し込んだのは、プーケット本島からほど近いコーラル島ツアーとエレファント・トレッキング。
空港からホテルまで送ってくれたツアー会社のガイドさんの誘いで参加したもので、お値段は3人で合わせて8000バーツ、日本円で2万8000円ぐらい。
これでもガイドブックに紹介されている価格よりは安くしてくれたのですが、タイの物価を考えると、正直ちょっと高い気がします。
まあでも、せっかく来たのですから、1つぐらい行っておきたいですよね。

P4020269r
OLYMPAS TG-1

プーケットは本島の回りはあまり水がきれいではなくて、ダイビングやシュノーケリングをしたい人は、そこからもっと小さな島に出かけます。
有名なのがピピ島ですが、遠いのが難。
今回は初めてのプーケットでもあり、スピードボートで15分という近場のコーラル島にしたのでした。

P4020280r_2
OLYMPAS TG-1

朝、ガイドさんが迎えにきて、車で30分ほどのシャロン湾へ。
そこから、あちこちのツアーの人と一緒にボートに乗って島へ。
この日はボートのエンジンが止まってしまったりして、だいぶ遅れての出発となりました。

P4020438r_2
OLYMPAS TG-1

コーラル島では、パラセーリングや潜水服を着ての水中散歩など、いろいろなアクティビティが用意されています。でも、どれもとっても高いので、今回はパス(^^;)。

P4020340r_2
OLYMPAS TG-1

こちらは海水浴客向けのバナナ・ビーチ。
木陰にデッキ・チェアが並んでいます。
もちろん有料。この日は空いていて、余裕で座れました。

P4020326r
OLYMPAS TG-1

コーラル島は名前の通り、もともとはサンゴ礁の島だったようです。
残念ながら死滅してしまったようで、今はサンゴは見られませんが、おかげで浜辺の砂はまっ白だし、魚も多いです。
持ってきたパンをあげると、すごい勢いで集まってきました。

P4020346r
OLYMPAS TG-1

水中はこんな感じ。
この日は水はきれいでしたが、魚が多すぎて前が見えません。

P4020410r
OLYMPAS TG-1

パンを目当てに、野良犬と思しきワンコが海の中へ。
犬かきしながら人間に寄っていって、おねだりです。
海で犬かきしてるワンコを見たのは、初めてかも。

P4020380r
OLYMPAS TG-1

お昼は島のレストランで。
名物のカニのカレー風味の卵とじや、白身魚の蒸し焼き。
日本人好みの海鮮料理です。
食事代もツアー代金に含まれています。
というか、客は筆者たち家族しかいないのに、ガイドさんまで島にきてくれてます。
ご飯よそってもらって、なんだか専属の執事さんみたい。
ちょっと申し訳ないです。

P4020419r
OLYMPAS TG-1

きずなは昼ぐらいに来た日本人の女の子と仲良しに。
そちらのご家族は、安くあげようと港までトゥクトゥク(乗り合いタクシー)で来て、港で船と交渉したそうです。でもトゥクトゥクの運賃も高いし、船賃もふっかけられ、島のレストランもすごく高くて、結局ツアーとあまり変わらなかったそうです。
日本人観光客は、むしられる仕組みになってるみたいですねえ(^^;)。

P4020448r
OLYMPAS TG-1

午後、再びスピードボートで港に戻り、今度はゾウさんに乗りにいきます。
プーケットにはいくつかゾウさんトレッキングできる施設があって、ここはゴーカートなどもできる、総合アミューズメント施設の一部のようです。
もっとも、筆者たちがやったのはゾウさんトレッキングだけですが。

P4020456r
OLYMPAS TG-1

こんな感じで、2階から背中に乗ります。
ゾウさん、高いです。

P4020467r
OLYMPAS TG-1

草地や林の中を進む、30分のコース。
ゾウさん、ときどき足を止めて草をむしゃむしゃ。
象使いの言うことも、100%は聞きません。
おかげで、ちょっと長めに乗れたかも。

P4020484r
OLYMPAS TG-1

最後に子象と一緒に記念写真。
これにて本日のオプショナルツアーは終了。
3人しかいない客に丸一日つきあってくれたガイドさん、どうもお疲れさまでした。
コップン・クラップ!

|

« プーケット その1 | Main | プーケット その3 »