« ハロウィン | Main | マムシグサ »

October 21, 2014

神楽坂の宝探し

Gr005910r_2
RICOH GR

10月のとある週末、ママの提案で神楽坂に宝探し(10/19まで)に行ってきました。
筆者は以前、牛込に住んでいたので、神楽坂はなつかしい土地。
まずは優雅に、軽子坂のフレンチレストラン「サン・ファソン」さんでランチをいただきます。

Gr005902r_2
RICOH GR

実はこちらは昔パパとママが独身だった頃にデートした、思い出の店なのです(*^^*)。
写真は牛タンのシチュー。
久しぶりにおじゃましましたが、昔と変わらずおしゃれで、おいしくて、量はたっぷりで、しかもお値段は良心的という、すばらしいお店です。
もう創業20年以上になるそうです。

Gr005924r_2
RICOH GR

さてこの宝探し、正確には「文京・神楽坂宝探し」といい、神楽坂にある宝箱は2つだけ。
隠し場所には人だかりができていて、どちらも難なく発見できました。
さ、クリア。
腹ごなしに公園でちょっと遊んで帰ろうか、と思っていたら…

Gr005929r_3
RICOH GR

もの足りなかったらしいきずなが、「もっとやる」と言い出し、宝探しの続きをすることに。
文京区の小石川・春日ゾーンへ移動、神社や公園を訪ねて、歩いていけるところを一通り制覇しました。

Gr005939r_3
RICOH GR

ここでキーワードを書いたパンフを渡せば、カードがもらえて、おしまいなのですが…
きずな、今度は「残ってるところも、全部やる」と言い出します。
「えー、でも、後は湯島とか千駄木とかだよ。電車乗らなきゃ行けないよ」
と説得しようとしたのですが、聞いてくれません。

Gr005953r_2
RICOH GR

うーむ、我が娘ながら、ガンコです。
しかたなく電車で文京区内を回ります。
神楽坂の2か所で終わりにしようなんて、パパの考えが甘かった。
それにしても千駄木・湯島と神楽坂なんて、なんでそんな遠いところをくっつけて探させるわけ?
文豪つながりって、なによそれ。
ぶつぶつ言いながら、あたりがとっぷり暮れかかる頃、ようやく最後の宝の地に到着です。

Gr005955r
RICOH GR

へとへとになりながら、最後の宝箱を発見!
きずな、バンザイしてます。
でもここ、パンフ渡すところないんですよねえ。
今さら電車で戻る気にもなれず、結局ここから、夜の谷中銀座を通って帰路につきました。
カードは後日、ママが郵送しましたが…
せっかく全部クリアしても、郵送だとコンプリートのカード、もらえないらしいんですよね。
なんだか、徒労感がひしひしと(^^;)。
でもこれも後になったら、きっといい思い出になるんでしょうね。

|

« ハロウィン | Main | マムシグサ »