« 大江戸温泉物語 | Main | 自転車の装備品 »

October 09, 2014

クロスバイク購入

Gr005873r
RICOH GR

クロスバイクを買いました。
さっかけは、家族でアニメの『弱虫ペダル』にはまったこと。
第2期の放送も始まり、きずなは新車を買い、ママも妹さんから電動アシスト自転車を借りてきて、
「みんなでサイクリング行こうよ!」
と盛り上がっているのです。
1人だけ自転車を持っていなかったパパも、ついにスポーツタイプのバイクを購入することに。

K5px0802r
PENTAX K-5 / FA31mm

きずなからは、
「(アニメに出てくる)ロードレーサー買って」
と言われたのですが、あんまり本格的なのを買ってしまうと、使いにくくて大変です。
検討の結果、普通のシティパイクとロードレーサーの間ぐらいで、スポーツバイク入門用に最適という、クロスバイクにすることに。
選んだのは、家の近くにもお店がある「サイクルベースあさひ」さんで扱っていた、アルトンという韓国メーカーのシングルスピードモデル「DP701」です。
通販専用モデルですが、販売店受け取りも選べます。

K5px0796r
PENTAX K-5 / FA31mm

魅力を感じたのが、お値段3万円ちょっとなのに、重さ8.8キロと、ロードレーサー並みに軽量なこと。
この安さと軽さを同時に達成した要因が、同社が鉄鋼メーカーと共同で、世界で初めて自転車フレーム向けに用途開発したという、DP708という合金です。
筆者はこういう、イノベーションのある製品が大好きなのです。
素材系のイノベーションというと、少し前までは欧米か日本に限られていましたが、今や韓国などの新興国でも、世界初の新素材が誕生するようになったんですね。

K5px0791rr
PENTAX K-5 / FA31mm

筆者の目には画期的に見えるこの自転車ですが、ネットでは、
「こんなもの買うんだったら、あさひのオリジナル自転車のほうがよっぽどいい」
「素性が知れないので、うちの店では扱いません」
といった酷評が並びます。
みなさん、実際に乗ったことはないみたいなんですが…(^^;)

K5px0801r
PENTAX K-5 / FA31mm

ホームページを見ると、創業20年で年産100万台クラスに急成長し、世界各国に輸出しているというアルトンですが、日本ではまったく認知されておらず、一般の自転車ショップにもほとんど置かれていないようです。
アメリカには支社があって、アメリカ人のおじさんがユーチューブで新型フレームの紹介をしたりしているんですけどねえ。
一連の書き込みを見ていると、
「日本の自転車業界って、保守的でプライドが高くて、ブランド志向の強い人たちが多いんだなあ」
と感じます。
今や台湾・中国に押され気味の日本の自転車産業ですが、そういう上から目線体質が、新興国に追い越される一因なのかもしれませんね。

K5px0805r_2
PENTAX K-5 / FA31mm

あまのじゃくな筆者は、叩かれている人を見ると逆に応援したくなる性質。
今回、あえて人柱に名乗りを上げることにしました。
(ってゆうか、単純に安くて軽かったからですけど(笑))
使ってみた感じ、トラブルなど、おいおい報告していきたいと思います。
といってもスポーツバイクは初めてなので、他社製品と比べることはできません。
あまりあてにはしないでくださいね。

|

« 大江戸温泉物語 | Main | 自転車の装備品 »