« 自転車の装備品 | Main | ハロウィン »

October 15, 2014

DP701仕様

K5px0821r
PENTAX K-5 / FA31mm

話が前後してしまいましたが、DP701の仕様を紹介しておきます。
なにしろこのクロスバイク、一般の自転車店の店頭で見かけることはまずなく、ネットで探しても実際に購入した人の感想が1つも見つからないという、レア商品。
この記事が通販で購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

DP701は、フレームに新合金DP708を使用し、重量8.8kgと、クロスバイクとしては軽量なことが特徴です。
ネットで「塗装にムラがある」という書き込みを目にしたのですが、筆者の個体(チタンカラー)で見る限り、塗りも溶接部も問題なくきれいです。
ただ購入後数日してから、前部フォークの内側に、小さいながら下地の黒い部分まで達する傷を発見しました。
輸入された時点からあったのか、受け取り店舗での組み立ての際についたのか、納車後に乗っている最中についたのか、よくわかりません。
今のところ、他に気になる点はありません。

K5px0800r_2
PENTAX K-5 / FA31mm

車体各部は、強度重視のダイヤモンドフレームをはじめ、フラットバーハンドル以外、ほぼロードレーサーに準じた仕様です。
タイヤは700×23と細く、高圧のロード用。
仏式と呼ばれるバルブの上に、英式の空気ポンプが使えるようにアタッチメントがついています。
親切な仕様ですよね。
タイヤが硬いので、シティバイク(ママチャリ)に比べ、乗った感じも硬いです。路面の凹凸がダイレクトに伝わってきます。
またタイヤが細いため、ある程度スピードに乗るまでは、ハンドルがやや不安定。
これらはDP701というより、ロードレーサータイプの自転車全般の特徴と思います。

K5px0803r
PENTAX K-5 / FA31mm

前後キャリパーブレーキ。
シートステイの幅も狭く、これがサークル錠がつかない原因です。
ブレーキの反対側からシートステイにつければ大丈夫かな、と思ったんですが、ダメでした(^^;)。

K5px0807r
PENTAX K-5 / FA31mm

サイドスタンドが付属してます。
このあたりがロードレーサーとの違いですね。
スタンドがないと街乗りでちょっと停めるのにも困ってしまうので、ありがたい仕様です。
スタンドの動きもスムーズです。

K5px0806r
PENTAX K-5 / FA31mm

DP701は、変速装置のないシングルスピード仕様。
他に変速装置つきのモデルもありますが、あえてシングルスピードにしたのは、筆者の好みです。
シンプルな機構が好きなんですよね。
一般的なフリーホイール(ペダルを止めても、車輪が勝手に回る)と固定ギア(車輪とペダルが完全に同調する)が選べ、上の写真で手前に見えている余ったギアは、固定ギア用のリアスプロケットです。
筆者は素人ですので、普通にフリーホイールにしています。

K5px0809r
PENTAX K-5 / FA31mm

DP701の場合、デフォルトの設定ではクランク50Tに対してリアスプロケット18Tで 、ギア比は2.77ほど。
筆者的には、これぐらいのギア比でスタート、坂道(といっても近所の普通の坂)とも問題はありません。
計算すると、時速10キロのときのケイデンス(ペダルの1分間の回転数)は約29回転。
時速30キロでは90回転近くなり、ぜえぜえ言いながら回す感じです。
車道を走るときの安全性を考えると、できたら40キロぐらいまで普通に出したいので、慣れたらリアを16Tぐらいにして、もう少しギア比を上げたいなあと思っています。
でも16Tだとギア比3を越えてしまうので、まあ体力との相談ですね(^^;)。

|

« 自転車の装備品 | Main | ハロウィン »