« ひな祭り | Main | 国際文化会館 »

March 08, 2015

1年生の劇

Gr006548r
RICOH GR

きずなが一生懸命練習していた1年生の劇が、父兄に発表されることに。
平日の午後ですが、当家ではパパ、ママはもちろん、ママの実家からおじいちゃん、おばあちゃん、さらにママの妹さん、さらにはいとこの赤ちゃんも、観劇に訪れました。
総勢6人の大部隊です。

Gr006552r
RICOH GR

劇の会場は小学校の体育館。
今日は1年生から順番に、全6学年の劇が父兄に披露されることになっています。

Gr006557r
RICOH GR

まずは立ち上がって、観客にごあいさつ。
あれ、思ったより距離が近いです。
望遠ズームを持ってきたんですが、使いそうもありません。
急遽、50ミリに交換しますが、それでも長いかも。
なんだか幼稚園のときと勝手が違いますねえ。

Gr006558r
RICOH GR

さあ、劇の始まりです。
まずは白い衣装の子供たちが外へ。

Gr006560r
RICOH GR

この子たちは、雪の精のようです。
音楽とともにダンスを見せてくれます。

K5px3831r
PENTAX K-5 / FA50mm

続いて動物たちのダンス。
きずなもネズミ役で登場します。

K5px3850r
PENTAX K-5 / FA50mm

セリフのついた劇が始まりました。
雪の日、子供が落とした手袋の中に動物たちが「わあ、暖かい」と、順番にはいっていく、というお話。

Gr006577r
RICOH GR

先に中にはいってしまったカエルさんやネズミさんに、イノシシさんやクマさんが、
「ぼくらも入れて」
と交渉します。

Gr006580r
RICOH GR

押し問答の末、みんな強引に中にはいってしまいます。

Gr006586r
RICOH GR

でも結局、手袋の落とし主が戻ってきて、みんな、
「わーっ」
と言って、逃げ出します。

K5px3859r
PENTAX K-5 / FA50mm

最後はみんなでお歌を歌い、大団円。

Gr006592r
RICOH GR

終わった後は、みんなでお片付けをするのでした。
シンプルなストーリーでしたが、子供たちの元気な姿が見られてよかったです。
この劇はあと1回、4月の入学式で、今度は新1年生の歓迎のために披露される予定とか。
そのときは、きずなももう2年生。
ほんと1年間、あっという間ですね。

|

« ひな祭り | Main | 国際文化会館 »