« バッジテスト | Main | ふれあい動物園 »

March 17, 2015

薄い財布

Gr006652r
RICOH GR

「薄い財布」という名前のお財布を購入しました。
「アブラサス」というベンチャー企業のヒット商品で、そのうち試してみようと思っていたもの。
コイン入れの部分を小さくまとめ、カード入れと重ならないようにするなど、細かな工夫の積み重ねで、使いやすく薄い形を実現したそうです。
斬新な発想がいいですね。
考案したアブラサスの社長さんは、泊まりの出張のときはスーツのポケットに替えの下着と靴下を突っ込んでいくというぐらい、とにかく荷物を持つのが大嫌いなのだとか。

Gr006655r
RICOH GR

筆者は長年、普通の二つ折り財布を使ってきたのですが、2年ほど前に、『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』という本を書かれた税理士さんを取材したことがきっかけで、ブランドものの長財布を使うようになりました。
お金持ちはみなさん高級な長財布を使っていて、財布の値段と年収は比例している、などと聞き、
「へえー、そうだったのか」
とたちまち影響を受けてしまったのです(笑)。

Gr006662r
RICOH GR

このとき、
「長財布を使うとお金持ちになるって話があるみたい」
と口にした筆者に、
「絶対、使ったほうがいい」
と猛プッシュしたのが、当家のお嫁さん。
筆者は知らなかったのですが、実は女の人はみんな、長財布が大好き(というか、二つ折り財布が大嫌い)らしいのです。
筆者が言われた通り長財布を使い始めたのを見て、お嫁さんも大喜びしてました。

Gr006668r
RICOH GR

しかし。
実際にしばらく使ってみて、筆者は長財布の使いにくさに辟易してしまいました。
ズボンのポケットに収まらないので、スーツを着ているとき以外は、別にカバンを持ってそこに入れなくてはなりません。
そういう習慣がなかった筆者は、取材先で財布を忘れること、数度。
一度など、漫画喫茶を出るときになって財布がないことに気づき、「後日払いますから」と言って出してもらったものの、調書みたいなのを取られ、お金を持っていったときに「たびたびこういうことがあると会員をやめていただきます」などと、言われてしまったことも。

とうとう先日は、自転車に乗って買い物に行ったとき、ジャンパーのポケットに入れていた長財布を落としてしまいました。
長いので、気づかないうちにポケットからはみ出ていたんですね。
財布本体はその後、出てきましたが、中のお札はしっかり抜き取られていました(-_-;)。

また本に書いてあった通り、お金をおろすたびに銀行で新札に替えていたのですが、時間の無駄だし、新札はお互いにぴったりくっついてしまって、とっさに抜き出しにくく扱いにくいのです。
「こんな儀式みたいなことに、なんの意味があるんだ」
2年使ったけれど、その間に収入が増えたということも別にありません。
まあ、当たり前ですよね。
それやこれやで、すっかり嫌になってしまった筆者、「もう長財布はやめる」と宣言しました。

Gr006665r
RICOH GR

お嫁さんは残念そうでしたけども、「実はお金持ちの男性は、だいたい二つ折り財布を使っている」という話もあるようです。
男性は女性に比べ、見た目より実用性を重んじる傾向があるのでしょうね。
そして思うに、中でも特に合理的な行動を追求する人が社会で成功し、お金持ちになる割合が高いのではないでしょうか。
そういう人は財布にしても、見た目より実用性の高い製品を使っている確率が高いはずです。

というわけで、せっかくなのでこの際、徹底的に合理的な財布にしようと思い、「薄い財布」に替えることにしたのでした。
ただ実際に手にしてみて、小銭入れを開けたときコインがこぼれやすいところや、お札を縦方向にお財布に入れなければならない点など、気になる部分もあります。
小銭入れについては、これまでは気に入ったものがなかったため、革の名刺入れにコインケースを入れて代用していたのですが、所持しているコインの数が正確にわかるので、けっこう気に入っていました。
薄い財布についても、もし使い勝手が悪かったら、「少し大きめの二つ折り財布の小銭入れ部分にコインケースを入れる」という方法も考えています。
さて、どうなるでしょうか。

|

« バッジテスト | Main | ふれあい動物園 »