« たこ焼き | Main | ハウステンボス その2 »

April 01, 2015

ハウステンボス その1

K5px4093r
PENTAX K-5 / DA15mm

春休みに2泊3日で、長崎のハウステンボスに行ってきました。
HISの澤田社長が再建を始めて以来、見違えるように変わったというハウステンボス。
先日もテレビで紹介されていて、それを家族で見て、
「行ってみたーい」
となったのでした。

K5px4101r
PENTAX K-5 / DA15mm

関東から長崎へ行く場合、早いのは飛行機です。
羽田空港から長崎空港まで2時間弱、空港からは、「オーシャンライナー」という高速船で1時間弱。
サイパンに行くのと、そんなに変わりません。
家から羽田まで時間がかかることもあって、「やっぱり遠いなあ」と感じました。

K5px4129r
PENTAX K-5 / DA15mm

こちらが海から見た、ハウステンボス。
正面に見えているのが、園内で一番高い「ドムトールン・タワー」です。
ユトレヒトにある、オランダで一番古い教会の鐘楼そっくりに作ってあるそうです。
いやあ、絵になりますねえ。
到着した日は運良く快晴で、日本にいるとは思えない光景に感激しました。

K5px4865rr
PENTAX K-5 / DA15mm

港には、『ワンピース』に登場する、サウザンド・サニー号の姿が。
今回、時間がなくて乗れなかったのですが、もうすぐお別れだそうで、心残りかも。

K5px4133r
PENTAX K-5 / DA15mm

桟橋から陸に上がるところに船の出発待合があり、ハウステンボスの公式ホテルに泊まる人は、そこに荷物を預けられます。
スタッフの人は写真のように仮装していました。
船での到着といい、非日常感を醸し出す演出、いいですね。

K5px4136r
PENTAX K-5 / DA15mm

荷物を預け、ハウステンボスの入口の一つ「ハーバー・ゲート」に向かいます。
園外の売店などの建物もヨーロピアンな外見になっています。

K5px4139r
PENTAX K-5 / DA15mm

ここがゲート。
スタッフのみなさんの仮面や衣装がすごいですよね。
希望する人には有料で貸してもらえます。

K5px4211r
PENTAX K-5 / DA15mm

園内はこんな感じ。
レンガの堤防に、オレンジの屋根。
街路樹には、そろそろ新芽が芽吹き始めています。
いいですねえ。

K5px4145r
PENTAX K-5 / DA15mm

石畳の歩道には、馬車の姿が。
馬車も有料で貸し切りできます。

K5px4148r
PENTAX K-5 / DA15mm

バラが有名なハウステンボスですが、この季節は園内中がチューリップで飾られています。
カラフルで、とてもきれい。
オランダっぽくて、いいですよね。

K5px4155r
PENTAX K-5 / DA15mm

「ホテル・アムステルダム」のパティオ。
人の姿もまばらな裏手まできれいに飾られているところが、さすがです。

K5px4166r
PENTAX K-5 / DA15mm

ホテル・アムステルダム内のカフェへ。
今回の旅行はHISで手配したのですが、そのチケットにケーキセットのサービスがついていたのです。
予想通り、カフェもおしゃれでした。

K5px4174r
PENTAX K-5 / DA15mm

ここでお茶しながら、パンフレットをチェック。
どう見て回るか作戦会議しました。
セットのケーキも、おいしかったですよ。

K5px4546r
PENTAX K-5 / DA40mm

今回、宿泊した「ホテル・ヨーロッパ」。
運河に面した、ごらんのように立派な建物です。

K5px4355r
PENTAX K-5 / DA15mm

中の造りもゴージャス。
ロビーもチューリップやイルミネーションで飾られています。
ロビー内のカフェ・スペースでは、金髪の女性バイオリニストが生演奏をしていました。
ルーマニアの方だそうです。

K5px4366r
PENTAX K-5 / DA15mm

お部屋はこんな感じ。
シックな色遣いがいいですよね。

K5px4372r
PENTAX K-5 / DA15mm

窓からは運河とタワーが。
部屋にいても異国情緒が楽しめます。
ホテルだけでなくハウステンボス全体に、建物、施設、それに演出については、細かなところまで手抜きがなくて、すばらしいと思います。

|

« たこ焼き | Main | ハウステンボス その2 »