« 小諸 城下町フェスタ | Main | 中之条ビエンナーレ »

September 23, 2015

芳ヶ平湿原

Gr000115r
RICOH GR

今回のシルバーウィークの旅のメインは、夏休みに「日本国道最高地点」から見た、芳ヶ平湿原に行ってみることです。
車では行けず、志賀高原の入口、横手山の渋峠から歩いて向かいます。
北軽井沢側から渋峠へは草津経由で、草津白根道路で向かいますが、今は白根山の火山活動が活発化しているため、朝8時~夕方5時しか通れません。

Gr000123r
RICOH GR

こちらは渋峠にある「渋峠ホテル」。
ここでトイレを借りられ、湿原までの遊歩道の地図が載ったパンフももらえます。
渋峠は、群馬県と長野県の県境みたいですね。
今回めざす芳ヶ平湿原は、群馬県側にあります。

Gr000128r
RICOH GR

遊歩道の出発地点。
目立たないです。
ホテルのスタッフの人に教えてもらい、やっとわかりました。
地図によると、芳ヶ平湿原まで徒歩1時間、帰りは1時間半となっています。

Gr000133r
RICOH GR

森に囲まれた小道を、湿原に向け、いざ出発。
この日は天気に恵まれ、暑すぎず寒すぎずの、絶好のコンディション。
ただ、道は岩だらけ。
下りでもスピードが上がりません。
この道は、雨が降ると川になるんじゃないかと思います。

Gr000135r
RICOH GR

登山経験豊富な義父の指示で、ときどき休憩を取りつつ、湿原へ。
きずなは、「キナが隊長」と言い張って、ずっと先頭を歩いていきます。
途中、りんどうの花がきれいでした。

Gr000155r
RICOH GR

中間地点にある、「ダマシ平」に到着。
山スキーで峠から滑ってきたスキーヤーが、よくここで霧にまかれ、道を間違えることからついた名だそうです。
あたりはクマザサが一面に茂っています。

Gr000168r
RICOH GR

クマザサ越しに、湿原が見えてきました。
少し霧がかかっています。
幻想的で、きれい。

Gr000172r
RICOH GR

歩くこと、1時間半ほど。
地図に書かれているより時間がかかりましたが、いよいよ湿原に入ります。
そろそろ紅葉が始まっていて、緑の中に赤や黄色が点在しています。
周囲は山並み。
上から見たときに思っていた通り、美しい湿原です。

Gr000183r
RICOH GR

湿原内の遊歩道。
まだあまり知られていないようで、尾瀬や湯の丸に比べると、人影はまばらです。

Gr000195r
RICOH GR

遊歩道沿いに、池が点在しています。
水面には青空と白い雲、緑の木々が映っています。

Gr000212r
RICOH GR

しばし歩いて、目標にしていた、「芳ヶ平ヒュッテ」に到着。
国道からも見えていた、赤い屋根の建物。
食事・宿泊もできる山小屋です。
ここまで、休みを入れて、峠から2時間弱かかりました。
遊歩道で大回りしたためもありますが、足場が悪いので、下りは地図に書かれている時間より長めに考えておいた方が良さそうです。

Gr000225r
RICOH GR

ヒュッテの先にある分かれ道。
白根山方面への遊歩道は、今は火山活動のため進入禁止になっています。
ここから、前に一度行った、六合村のチャツボミゴケ公園まで、遊歩道がつながっています。
でもどちらも車でないといけないところなので、行ったら戻ってこないといけません。
ちょっと大変かも。

Gr000229r
RICOH GR

遊歩道まで戻って、池を前にしたベンチで、ママ手作りのおにぎりの昼食。
湿原の美しさに、一同大満足でした。
「また来たいね」
と言いながら、帰途につきます。

Gr000246r
RICOH GR

帰りは上り道。
ここでも、きずなが先頭。
最後は疲れたようで、だんだん無口に。
でも帰りは地図に書かれた通り、1時間半で戻れました。
がんばったね!

Gr000251r
RICOH GR

渋峠からは、横手山の山頂まで夏リフトが運行しています。
大人片道500円。
せっかくなので、乗ってみることにしました。

Gr000259r
RICOH GR

横手山の頂上。
ここへは、長野県側からもリフトが出ています。

Gr000269r
RICOH GR

ちょっと雲が出ていましたが、ここからの眺めも、すばらしかったです。

Gr000286r
RICOH GR

横手山を後にして、帰りは草津温泉に寄り、「大滝の湯」で入浴。
シルバーウィークだけあって混んでいましたが、山歩きの後の温泉って、気持ちいいですね。
芳ヶ平湿原、それほど有名ではありませんが、とてもいいところでした。
そのうちまた、見に行きたいと思います。

|

« 小諸 城下町フェスタ | Main | 中之条ビエンナーレ »