« 雪 | Main | 学芸会 »

February 28, 2016

越生町

K5px8422r
PENTAX K-5 / FA31mm

2月も終わりに近づき、そろそろ梅のシーズン。
ということで、梅林で有名な埼玉県の越生町(おごせちょう)に行ってきました。
実はここ、筆者の亡父が一時期住んでいた町。
先週、テレビで紹介されていたのを見て、懐かしくなって家族で出かけたのでした。

Gr001381r
RICOH GR

筆者宅のある松戸市から越生までは、関越道経由で1時間半ほど。
朝、家を出て、まずは「上谷の大クス」を見に行きます。
高さ30メートル、樹齢1000年以上。
埼玉県で一番大きな木だそうです。

Gr001385r
RICOH GR

クスの木の下で記念撮影。

Gr001387r
RICOH GR

下から見上げるとこんな感じ。
とても立派な木でした。

K5px8462r
PENTAX K-5 / FA31mm

そこから市内の公園を経由して、梅まつりを開催中の梅園へ。
ごらんの通り、入り口には長い列ができていました。
駐車場は1台500円、入場料は大人300円と格安。

K5px8481r
PENTAX K-5 / FA31mm

園内はまだ五分咲き程度でしたが、暖かくて風もなく、絶好のお花見日和でした。
こちら梅の多くは、観賞用ではなくて、地元の農家の方たちが梅の実を取るために栽培しているものだそうです。
梅まつりを開催している場所だけでなく、市内のあちこちに立派な梅林があります。

K5px8503r
PENTAX K-5 / FA31mm

みなさん、シートを持参してお花見中。
のんびりしていいですね。

K5px8491r
PENTAX K-5 / FA31mm

屋台もたくさん出ています。
きずなはじゃがバターでお昼ご飯。

Gr001405r
RICOH GR

梅まつりの後は、市内の入浴施設「ゆうパーク越生」へ。
温泉でこそありませんが、裸ゾーンと水着ゾーンに分かれ、全部で15も浴槽があるそうです。
午後のまだ早い時間に行ったおかげで、割と空いていて、きずなは水着ゾーンで思いきり遊んでいました。

Gr001412r
RICOH GR

お風呂から上がると、フロントには大きなひな壇が。
遊び疲れたきずなはこの後、車に乗るとすぐ、コテッと寝てしまったのでした。

|

« 雪 | Main | 学芸会 »