« からだのひみつ | Main | 芳ヶ平湿原 »

August 13, 2016

ハクビシン出現

K5px0961r
PENTAX K-5 / FA43mm

我が家では、ガレージにブドウを植えています。
春に実をつけ、夏になるとそれが熟してきます。
こんな感じ。

K5px0769r
PENTAX K-5 / FA31mm

ブドウが熟してくる頃、それを狙ってやってくる動物がいます。
何者?
ガレージの屋根の上にいる茶色いやつ、見えます?
これ、ハクビシンです。
果物が大好きで、果樹農家の天敵。
最初見たときは「え?」とびっくりしたのですが、最近は住宅地から都心まで、あちこちで出現していて、別にめずらしくないそうです。

K5px0770r
PENTAX K-5 / FA31mm

我が家に最初にやってきたのは、2年ほど前。
数年がかりでやっと甘い実ができるようになってきたブドウをあらかた食べられて、それはもう悔しい思いをしました。
網を張っても隙間を抜けてくるし、実を紙袋で包んでも破られてしまうんですよね。

K5px0773r
PENTAX K-5 / FA31mm

ごらんのように、塀伝いに出入りしています。
鼻の上が白いのが特徴。
「コンチクショウ。今度出てきたら、捕まえて食べてやる」
などと言っていたら――ハクビシンは中華料理の高級食材なのです――恐れをなしたか、去年は来なかったのですが、今年になってまた出現。
前は2匹でしたが、今年は1匹。

K5px0774r
PENTAX K-5 / FA31mm

今年は雨が多くてブドウの実がはぜてしまい、出来が悪かったので、
「ま、いいか」
と放置していたら、だんだん図々しくなってきて、前は夜しか姿を見せなかったものが、明るくなってからもやってくるように。
人の顔を見ても少しもあわてず、ゆうゆうと立ち去ります。
「うー。いつかハクビシン汁にしてやる」
と歯噛みしているのですが…
動物好きのきずなからは、
「パパ、絶対食べないでね」
ときつく釘を刺されているのでした(^^;)。

|

« からだのひみつ | Main | 芳ヶ平湿原 »