« 南伊豆旅行 1 | Main | 南伊豆旅行 番外編 »

February 10, 2017

南伊豆旅行 2

Gr005165r
RICOH GR

南伊豆旅行2日め。
ホテルの館内に今朝の日の出の時刻が掲示されていたので、早起きして部屋で夜明けを待ちました。

Gr005184r
RICOH GR

この日は昨日と違い、ほぼ快晴。
でも水平線に雲があったため、予定より少し遅れて太陽が姿を現しました。
宿泊した部屋の窓からこの光景が眺められるのは、感動的です。

Gr005187r
RICOH GR

ママときずなも、
「これがお正月だったら、初日の出だね!」
と言いながら、見入っていました。

Gr005209r
RICOH GR

さて、朝食ビュッフェの会場。
いよいよこの旅の大目的、ライブキッチンでのオムレツ調理の見学です。
「どんなふうにやってるのかなあ」
プロの技をこの目に焼き付けようと、きずなも気合が入っています。
ところが…

Gr005204r
RICOH GR

肝心のシェフの姿が、どこにも見当たりません。
え? どうなってるの?
スタッフの人に訊くと、
「今日はスクランブルエッグなので、オムレツの実演はありません」。
ええーっ、そんなあ。

Gr005211r
RICOH GR

どうやらコスト削減のため、お客の少ないオフシーズンの平日はやっていないようです。
しまった、予約のときにちゃんと確認すべきでした。
「オムレツ、ないんだって」
「え……」
涙目になってしまう、きずな。

Gr005216r
RICOH GR

食後、気落ちしているきずなを、
「ロビーから海に出られるみたいだよ」
と、外に誘い出します。

Gr005226r
RICOH GR

レストランの横の階段を下りていくと、そこは白砂の海岸。
いいですねえ。
階段脇にはシャワー施設もあって、砂を落とせるようになっています。
なるほど、夏は海水浴客に人気でしょうね。

Gr005233r_2
RICOH GR

砂浜の横は、岩の崖。
駆け上がってバンザイして、少しは気が晴れたかな?

Gr005260r
RICOH GR

「まあ、こういうこともあるさ」
と、きずなをなぐさめながら、お世話になったホテルを後にしました。

下田プリンスさんは、ロケーションは最高、建物の設計もよく、女性スタッフの応対もとても感じがよかったのですが、食事やお風呂などは、「できるだけローコストに運営しよう」という経営姿勢が目について、残念な気がしましたです。
直前割のチェックインは17時からだとか、それを早くしたいならもう5000円払えとか、理屈はわかるんだけど、
「せこっ」
と思ってしまうんですよねえ…(^^;)。

K5px2944r
RICOH GR

チェックアウト後、車で15分ほどの河津町へ。
町を流れる河津川の脇が、今や全国的に有名な河津桜の名所なのです。
といっても、桜まつりは来週から。
桜もまだ五分咲きくらいでしたが、月曜日の午前中なのに、かなりの人が歩いていました。

K5px2950r
PENTAX K-5 / FA31mm

きれいなピンク色。
1か月近く咲いているそうです。
この時期はまだ駐車場が無料だったので、少し得した気分(^^)。

K5px2958r
PENTAX K-5 / FA31mm

桜をバックに、記念写真を撮りました。
ここから伊豆半島を横断して、再び西伊豆へ。
洞窟探検の遊覧船を目当てに、堂ヶ島に向かいます。

K5px2977r
PENTAX K-5 / FA31mm

河津から堂ヶ島までは、車で1時間足らず。
でもその途中で、急に風が強くなってきました。
遊覧船乗り場に到着すると、海はまるで嵐のような荒れ模様。
遊覧船も欠航していました。
後で見たら、この日は日本列島の東と西に低気圧が来ていて、全国的に強風だったそうです。

Gr005266r
RICOH GR

「今日は思ったことがなんにもできないよ~」
きずな、またもやしょぼん。
「せっかくだから、遊歩道を歩こうよ」
と、岬の上へ。

Gr005269r
RICOH GR

途中の道も、風が吹き荒れています。
こんなに晴れているのに、めずらしいですよね。
これはこれで、なかなかない体験かも。

Gr005288r
RICOH GR

堂ヶ島には、干潮になると島まで歩いていける道が現れる場所があって、「トンボロ現象」と呼ばれています。
そこも行ってみたかったのですが、あいにくこの日の干潮は朝6時台で、昼間は道は水の中でした。
でもこの風では、道があっても渡れなかったでしょうね。

Gr005290r
RICOH GR

もう1つの名所が、こちらの「天窓洞」。
洞窟の途中、1か所で天井に穴が空いていて、中から幻想的な光景が見えるそうです。
これも見たかったんですが、船で行くところだったんですね。
遊歩道からだと、見えるのは穴だけでした。
残念。

Gr005301r
RICOH GR

遊覧船をあきらめ、堂ヶ島から車で数分のところにある、沢田公園露天風呂へ。
我が家では、テレビの「出川さんの電動バイクの旅」や「旅猿」で見たことがあって、
「行ってみたいね」
と言っていた温泉です。

Gr005315r
RICOH GR

海辺の絶壁の上に、露天風呂の小屋が。
ホテルには内風呂しかなかったので、ここで露天風呂に入れたら、いいタイミングです。
しかし…

Gr005308r
RICOH GR

小屋の前では、猛烈な風で断崖に波が叩きつけられ、海水が雨のように上から降ってきます。
崖の上に立っていると、吹き飛ばされそう。
せっかく目の前まで来たのですが、
「こりゃだめだ」
とあきらめました。
きずな、またまたしょんぼりです。

Gr005317r_2
RICOH GR

結局、昨日もお邪魔した「沖あがり食堂」さんで今日もお昼をいただき、帰ることに。

Gr005327r
RICOH GR

きずなは活アジ定食、1300円。
店内の水槽で泳いでいるアジを、その場でさばいてくれます。
出てきたアジが、まるでタイみたいに大きいので、びっくり。
身もプリプリでした。
でもきずなは、食べるときになってもピクピクしているアジさんを見てショックを受けてしまい、
「かわいそう」
と、体を刺している串を抜いてあげ、ろくに食べられません。
残りはパパがおいしくいただきました。

Gr005322r
RICOH GR

パパが頼んだのはサザエ丼、800円。
これもおいしくて、ヒットでした。
これにて、今回の南伊豆旅行は終了。

いろいろやり残したことが多かったし、子どもの海釣りなどもできるようなので、ぜひまたリベンジしに来たいと思います。
なんのかんの言って、けっこう楽しかったですしね(^^)。

|

« 南伊豆旅行 1 | Main | 南伊豆旅行 番外編 »