« PENTAX KP 電子シャッターとHDR | Main | PENTAX KP モーションブラケット »

April 09, 2017

PENTAX KP 被写界深度ブラケット

Kp001210r
PENTAX KP / FA31mm F4

PENTAX KPには、露出を変化させる一般的なブラケットの他、絞りを変化させる被写界深度ブラケット、シャッター速度を変化させるモーションブラケットという機能があります。
被写界深度ブラケットは絞り優先モードのときのみ、モーションブラケットはシャッター速度優先のときのみとなりますが、いずれも電子シャッターでも使えます。
試しに被写界深度ブラケットを使ってみました。

Av(絞り優先)モードで、電子シャッター使用、F4から始めます。
シャッター速度は80分の1秒。
ISOはオートで、ここでは800となりました。

Kp001211r
PENTAX KP / FA31mm F8

デフォルトの設定(1ステップずつ)だと、これが次にF8になります。
だんだん絞ってゆく方向に変化するんですね。
シャッター速度は80分の1秒。
シャッター速度は変わらず、ISO感度だけが変化していきました。
ISOは1600です。

Kp001212r
PENTAX KP / FA31mm F16

最後にF16になります。
シャッター速度は80分の1秒のまま。
ISOは3200となりました。
3枚見比べると、最初はオフフォーカスでぼんやりしていた正面の文字が、次第にはっきりしてくるのがわかります。
なんだか写真入門講座とかの、絞りの効果の説明写真みたい(^^)。

ライブビューモードで電子シャッターを使うと、ブラケットを使ってもミラーアップした状態から小さな音が1度するだけ。
「あれ?」
と思って再生ボタンを押して確かめると、ちゃんと絞りを変えた3枚の写真が撮れています。
気軽に使える感じがいいですね。
なお露出ブラケットでは好みの枚数を指定できますが、被写界深度ブラケットの枚数は3枚のみで、選べないようです。

Kp001225r_2
PENTAX KP / FA31mm F1.8

今度は3ステップに設定し、F1.8から始めてみます。
シャッター速度は80分の1秒。
ISOは100です。

Kp001226r
PENTAX KP / FA31mm F5

2枚めはF5になりました。
シャッター速度は80分の1秒のまま。
ISOは800です。

Kp001227r
PENTAX KP / FA31mm F14

最後はF14になりました。
シャッター速度は変わらず。
ISOは6400です。
んー、なんだか被写界深度が深くなるだけでなく、フォーカスの位置も手前に移動してきたように感じられますね。
このレンズだけの現象でしょうか。

オリンパスのOM-D E-M5 markIIなどでは、フォーカスブラケットといって、ピントを少しずつずらしながら連写してくれる機能があり、マクロ撮影などで重宝すると聞きます。
KPにはないのですが、ぜひ載せてほしい機能かも。
ペンタックスさん、お願いしますね。

被写界深度ブラケットについては、すぐには使い道が思い浮かびませんが、こうした機能が搭載されるようになったのも、高感度特性が向上して、気軽にISOを変えられるようになったおかげでしょうね。

|

« PENTAX KP 電子シャッターとHDR | Main | PENTAX KP モーションブラケット »