« 昇仙峡 1 | Main | 命日 »

November 23, 2017

昇仙峡 2

Kp013354r_2
PENTAX KP / DA40mm

滝のそばにあった看板によると、昇仙峡は「水晶発祥の地」。
宝石売りのお店がたくさんあって、触るとご利益があるという大きな宝石があちこちに置かれています。
滝近くの宝石屋さんでは、
「店を広げようと思って岩を削ったら、出てきた」
という水晶の鉱脈が、そのまま店の壁になっていました。

Kp013433r_2
PENTAX KP / DA40mm

甲府市には他にもあちこちに水晶の鉱山があって、採れた水晶は昔から昇仙峡に持ち込まれ、お土産屋さんで売られていたのだとか。
そういう歴史があるので、今も甲府市や甲斐市は宝石の研磨や加工で有名なんですね。

Kp013575r_2
PENTAX KP / DA40mm

昇仙峡では、9月に「水晶祭り」が開催され、大きな水晶球を載せたお神輿が担がれます。
「水晶宝石博物館」(入場無料)の中に、そのお神輿が展示されていました。

Kp013578r_2
PENTAX KP / DA40mm

館内には宝石で飾られた、いかにも高そうな美術品が。

Kp013576r_2
PENTAX KP / DA40mm

紫水晶の大きな原石。
ただネットで見たところによれば、甲府市近くで採れる水晶は「草入り」という、黄鉄鉱などの筋が入った透明なものが多く、売られている紫水晶や紅水晶の大部分はブラジルなどから輸入されたものなのだとか。

Kp013448r_2
PENTAX KP / DA40mm

どこ産かはともかく、せっかくなのでお土産に何か買おうということで、あれこれ品定め。

Kp013443r_2
PENTAX KP / DA40mm

選んだのは、1つ350円と格安なオニックス(縞瑪瑙 しまめのう)のカメさん。
パパときずなが1つずつ買いました。

Gr006830r_2
RICOH GR

こんな感じ。
かわいいです。

Kp013612r_2
PENTAX KP / DA40mm

きずなはもっと買いたくて、道端にあった「宝石10個で50円」の特売コーナーへ。
慎重に1つずつ石を見定めて10個選んでいたら、お店のおじさんが、
「慎重派だね」
とにっこり。

Kp013627r_2
PENTAX KP / DA40mm

それから昇仙峡の上にある荒川ダムを見て、甲斐市内でお昼をいただき、車で1時間ほどの笛吹市にある、「ほったらかし温泉」へ。

Kp013629r_2
PENTAX KP / DA40mm

こちらの温泉は、甲府盆地を見下ろせる「フルーツ公園」の上にあります。
プレハブの、あまり立派ではない施設ですが、大きな露天風呂からの抜群の眺望が人気。

Kp013634r_2
PENTAX KP / DA40mm

「あっちの湯」と「こっちの湯」があり、今回は広い方の「あっちの湯」へ。

Gr006823r_2
RICOH GR

階段を降りた先が温泉。
でもこの先はカメラ持ち込み禁止でした。

Kp013633r_2
PENTAX KP / DA40mm

広々した露天風呂からは、南アルプスや富士山が見渡せます。
ここでゆっくり温泉に浸かって、山梨県を後にしたのでした。

|

« 昇仙峡 1 | Main | 命日 »