« 初ミラーレス | Main | 台湾旅行 2 »

March 26, 2018

台湾旅行 1

Al000248_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

春休みに、家族で台湾に行ってきました。
きずなの進学塾の春期講習の合間を縫って、2泊3日の旅。
短いので台北市内のみの観光です。

Al000069_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

今回初めて、羽田空港の国際線を使いました。
新しいだけに何かときれいです。
飛行機はチャイナエアラインで、無事、定刻に出発。

Al000082_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

こちらは台北の松山空港。
羽田から松山空港まで、飛行時間は3時間ほど。
台北にもう一つある桃園空港より市街に近い、便利な空港です。
荷物チェックにワンちゃんが活躍していました。

Al000317_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

荷物受け取り後、空港内の中華電信の売場で、3日間限定のプリペイドSIMカードを購入。
タクシーで宿泊先の「圓山大飯店(ザ・グランドホテル)」へ。
上の写真がホテルの門です。
立派ですよねぇ~。

Al000320_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

ホテルの本館。
「わあ、すごーい!」
と、きずなの歓声が上がります。
台北のランドマークと言われる、ド目立ちの建物です。

Al000098_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

ロビーも天井が高く、真っ赤な絨毯が敷き詰められ、超豪華。
記念に、ホテルのスタッフの方に写真を撮ってもらいました。

Al000104_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

到着したのが昼前だったので、まずは荷物を預けて、ホテルの無料シャトルバスで地下鉄(MRT)の駅に向かいます。

Al000110_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

ホテル最寄りの圓山駅(ユェンシャンヅァン)。
まだ新しいです。

Al000664_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

駅のカウンターで、日本のSUICAにあたる「悠遊カード(ヨウヨウカー)」を買いました。
交通料別で、1枚100台湾ドル(370円)。
真ん中の青いのは、片道用のきっぷ。
きっぷにもICが入っていて、入るときはタッチするだけ、降りるときに回収用のスリットに入れます。

Al000111_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

こちらがプラットフォーム。
線路との間には透明の仕切りがついています。

Al000228_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

頭上には次の列車の行き先と、到着までの時間を秒単位で表示してくれる液晶ディスプレイ。
これ、とても便利だったので、ぜひ日本の鉄道にも採用してほしいです。

Al000121_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

お昼はMRT中山(ジョンシャン)駅から、「かつての円環夜市の屋台の味を引き継ぐ名店」とネットで紹介されていた、魯肉飯(ルーローファン)のお店、「三元號」さんへ。
小さいけれども有名店で、日本語のメニューもありました。

Al000122_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

こちらが名物の魯肉飯と、フカヒレ入りスープの魚翅肉羹。
魯肉飯は1杯20台湾ドル(74円)と格安。
その分、量は少なめですが、おいしかったです。

Al000129_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

お店を出て、寧夏路(ニンシャールー)の方に向かって歩いていたら、餃子のお店が。
ショーケースを見たらいかにもおいしそうだったので、ここで焼餃子をいただくことに。

Al000132_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

「鍋貼」と書かれていました。
日本でいう、鉄鍋餃子ですね。
10個で50台湾ドル(185円)と、こちらも格安。

Al000135_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

みんなで、
「おいしい!」
といただきました。
きずな、台湾のご飯がすっかり気に入ったようです。

Al000144_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

寧夏路から、今度は迪化街(ディーホアジエ)へ。
迪化街は淡水河に近く、かつては水運を利用した物流の中心地で、今も乾物などの問屋が軒を連ねています。
途中、果物屋さんを発見。

Al000150_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

見たことも聞いたこともない果物がいろいろありました。
1個120台湾ドル(444円)なんて、高いと思いますが、お客さんがたくさんいたので、きっと安いほうなんでしょうね。

Al000157_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

きずな、中で比較的安かった、スターフルーツ(15台湾ドル)を購入。
ちゃんと自分で代金を払えて、自信になった様子。

Al000159_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

迪化街にはシイタケやホタテ、カラスミやフカヒレなどの乾物を扱うお店がたくさんありました。
中にはツバメの巣とか、ナマコの乾物も。

Al000169_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

途中、歩きつかれて、台湾茶の喫茶店で一休み。
立派な茶器が並ぶ店の奥にあります。
せっかくなので、「聞茶」をお願いしました。
まずはいろいろな種類の茶葉の香りを嗅いで、購入するお茶を決めます。

Al000184_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

1種類選んだら、「もう1つ何か」と勧められました。
いくつか選んで、飲み比べるのがルールのようです。
うち1種類は、こんな感じに包装されていて、中はカチカチに固まっていました。

Al000182_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

固まった茶葉をほぐして、容器へ。

Al000183_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

茶葉は計り売りなので、きっちり重さを確認します。

Al000189_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

お茶の淹れ方が書かれた、日本語の案内がありました。
日本では急須から直接、茶碗に注ぎますが、聞茶では間に茶海という容器が入ります。
茶碗に注いだ後、急須にお茶が残っていると、苦くなってしまうからだそうです。
なるほど~。

Al000187_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

解説書があってもよくわからないので、まずはお店の女性スタッフに注いでもらいました。
急須、茶海、茶碗と、すべての容器に熱湯を注いで温めます。
茶器の横にはアルコールランプのついたヤカン台があって、お湯が冷めないようになっています。

Al000197_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

茶葉によって違う、蒸し時間だけ待ってから、お茶が注がれました。
一口飲んでみたきずなとママ、
「いい香り」
と気に入ったようです。

Al000206_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

「うーん。お茶によって、色も香りも全然違うね」
と思案顔。

Al000208_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

今度は自分でお茶淹れにチャレンジ。
聞茶は台湾の物価からすると少し高くて、ここではお茶2種類で990台湾ドルでした。
でも新鮮な体験でしたよ。
お店の名前を確認するのを忘れてしまって、残念。

Al000212_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

茶芸館を出て、迪化街のとなりにあるフェリー乗り場、大稻埕埠頭(ダーダオチェン マートウ)へ。

Al000218_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

小さな公園になっていて、サイクリングやジョギングしている人がいました。
週末だけ、ここから淡水河クルーズの船が出るそうです。

Al000237_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

散策を終え、ホテルに戻ってチェックイン。
案内された部屋は、新館の1階でした。
本館には渡り廊下でつながっています。
少し小さいですが、こちらも立派な建物。

Al000229_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

部屋はまだ新しく、内装も設備もきれい。
バスタブもあるし、トイレもウォッシュレットでポイント高し。
窓からは、ホテルの前を流れる基隆河が見下ろせました。
圓山大飯店の場合、安いツアーだと窓のない部屋になるという話もあって、覚悟していたのですが、予想外にいい部屋でうれしいです(^^)。

Al000250_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

部屋で一休みした後、士林夜市(シーリンイエシー)へ。
ホテルからは圓山站の他に、士林夜市のある剣潭(ジエンタン)站にも無料シャトルバスが出ていて、直行できます。
これも事前の情報にはなかったので、うれしかったです(^^)v。

Al000267_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

夜市にはたくさんの屋台が所狭しと並んでいます。
毎晩、日本の縁日のような感じ。
きずなはサトウキビジュース(甘蔗汁)の店を覗いたり…

Al000262_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

アクセサリーのお店で、友達へのお土産を物色したり。
ちなみにここで、4個100台湾ドルのキーホルダーを買ったのですが、ホテルに帰ったら売店に同じものが売られていて、しかもお店の人に、
「3個50台湾ドルでいいよ」
と言われ、ショックを受けていました(^^;)。
ホテルの売店より、夜市のほうが高いんですね。

Al000271_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

露天商で自分用のペンダントをゲット。
すっかり買い物に自信をつけた模様(^^)。

Al000285_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

晩ごはんのために地下の美食区に移動して、
「何を食べようか」
と物色していたら、客引きのおばさんに引っ張られ、着席。

Al000294_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

小籠包と炒飯を注文。
パパはビール、きずなはジュース売りのおじさんから、メロンジュースを購入。
炒飯はまずまずでしたが、小籠包はできて時間が経っていたのか、明らかに肉汁が抜けてしまっていて、イマイチ。
まあ、夜市の屋台ですから、あまり期待はできないですね。

Al000296_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

食後に、カットフルーツの詰め合わせを購入。
440台湾ドルと、けっこう高価。
まあでも、1つ120台湾ドルの果物もあるわけで、中身次第でしょうね。

Al000308_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

「楽しかったね」
と言いながら、再びシャトルバスでホテルへ。
夜の外観も立派です。

Al000306_r
SONY α7Ⅲ FE35mm F2.8

部屋は1階でも、ホテル自体が高台にあるので、夜景もきれい。
旅行初日は、大満足のうちに終了したのでした。

|

« 初ミラーレス | Main | 台湾旅行 2 »