« α7Ⅲとマウントアダプター9 TAMRON SP90mm F2.8 | Main | 南会津旅行 »

April 29, 2018

α7Ⅲとマウントアダプター10 SIGMA 300mm F4

Gr000128_r_2
RICOH GR

α7Ⅲとマウントアダプターの実験、その10。
とりあえず今回を最終回としたいと思います。
最後に取り上げるのは、1995年発売の望遠レンズ、SIGMA APO TELE MACRO 300mmF4。

Gr000133_r
RICOH GR

横から見ると、こんな感じ。
黒くて大きくて、大砲チックです。
これもデジタルとの相性はあまり良くなくて、開放ではなんだか白っぽくなってしまって冴えません。
経験上、f8ぐらいまで絞ると、フレアっぽさがなくなって、すっきりした描写が楽しめます。
でも300mmともなると、AFが使えないと筆者の腕ではきびしいです。
それにAPS-C機で使うほうが、35mm換算での焦点距離が伸びるので、お得感があるんですよね。

Al001241sigma300f56_r
SONY α7Ⅲ / SIGMA 300mm F4

ということで、α7Ⅲで使う予定は今のところありませんが、せっかくですのでこれまでと同じ条件で、中心部を等倍切り出ししてみます。
望遠300mmだと、切り出ししなくてもこの画角。

Al001239sigma300f4t
SONY α7Ⅲ / SIGMA 300mm F4(等倍)

まずは開放f4。
手持ちだとピントがきっちり合わないかもしれないので、少し斜めになった面を切り出します。
手ブレも心配ですが、まあご参考程度ということで。

Al001241sigma300f56t
SONY α7Ⅲ / SIGMA 300mm F4(等倍)

f4からf5.6に一段絞ると、かなり画質が向上します。

Al001243sigma300f8t
SONY α7Ⅲ / SIGMA 300mm F4(等倍)

ところがf5.6からf8に絞ると、反対に画質が低下してしまいました。

Al001245sigma300f11t
SONY α7Ⅲ / SIGMA 300mm F4(等倍)

f11まで絞ると、一気に画質が落ちてきました。
このレンズは絞りで画質が激変するようで、f5.6が断然いいです。
むむ、これまではフレアっぽさを嫌って、f8ぐらいで使うことが多かったのですが…
解像度重視だと、絞りすぎないほうがよさそうですねえ。

|

« α7Ⅲとマウントアダプター9 TAMRON SP90mm F2.8 | Main | 南会津旅行 »