« α7Ⅲとマウントアダプター8 FA77mmf1.8 | Main | α7Ⅲとマウントアダプター10 SIGMA 300mm F4 »

April 28, 2018

α7Ⅲとマウントアダプター9 TAMRON SP90mm F2.8

Gr000118_r
RICOH GR

α7Ⅲとマウントアダプターの実験、その9。
今回はTAMRON SP90mm F2.8 MACRO(172E)です。
現行品ではなく、1996年発売の銀塩カメラ時代の製品。
デジタルで使う場合、反射光でパープルフリンジが出やすいという弱点はありますが、写りは今も一級品です。

Al001564tam90f28_r
SONY α7Ⅲ / TAMRON90mm F2.8

いつもの被写体を使い、周辺部の画質を見るために横にコミックを並べました。

Al001564tam90f28t1
SONY α7Ⅲ / TAMRON SP90mm F2.8 (等倍)

まずは中心部の等倍切り出し。
開放f2.8からよく解像しています。

Al001565tam90f4t1
SONY α7Ⅲ / TAMRON SP90mm F2.8 (等倍)

一段絞ってf4とすると、少しクッキリしてきますが、解像度的にはほとんど変化がありません。

Al001566tam90f56t1
SONY α7Ⅲ / TAMRON SP90mm F2.8 (等倍)

f5.6。
やはり、f4に比べて少しクッキリしている印象。
こちらも差は少ないです。

Al001567tam90f8t1
SONY α7Ⅲ / TAMRON SP90mm F2.8 (等倍)

f8。
少し解像度が落ちてきました。

Al001568tam90f11t1
SONY α7Ⅲ / TAMRON SP90mm F2.8 (等倍)

f11。
はっきり落ちてきました。
中心部の画質はf5.6あたりがピークのようです。
でも開放からわずかしか変わりません。

Al001564tam90f28t2
SONY α7Ⅲ / TAMRON SP90mm F2.8 (等倍)

今度は周辺部。
中心部と同様、開放f2.8からよく解像しています。

Al001565tam90f4t2
SONY α7Ⅲ / TAMRON SP90mm F2.8 (等倍)

f4。
f2.8と差がわかりません。

Al001566tam90f56t2
SONY α7Ⅲ / TAMRON SP90mm F2.8 (等倍)

f5.6。
こちらもf4と差がわかりません。
これは意外でした。
絞っても変化がないみたいです。

Al001567tam90f8t2
SONY α7Ⅲ / TAMRON SP90mm F2.8 (等倍)

f8。
これまでに比べて、少し滲んできました。

Al001568tam90f11t2
SONY α7Ⅲ / TAMRON SP90mm F2.8 (等倍)

f11。
はっきり画質が劣化しています。
オールドレンズにはめずらしく、このTAMRON SP90mm (172E)は開放からf5.6まで、中心部も周辺部もほとんど描写が変化せず、安定しています。
そしてf8以上では全体で画質が低下していくようです。

マクロとして使う場合はつい絞って被写界深度を上げたくなりますが、画質という点では、開放からf5.6までで使うのがよさそうです。

|

« α7Ⅲとマウントアダプター8 FA77mmf1.8 | Main | α7Ⅲとマウントアダプター10 SIGMA 300mm F4 »