« 軽井沢旅行 2 | Main | 軽井沢旅行 4 »

May 09, 2018

軽井沢旅行 3

Al001681_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

軽井沢旅行3日めは、朝4時半に起きて、千曲川の川沿いで行われる熱気球大会「佐久バルーンフェスティバル」へ。
熱気球ホンダグランプリの第2戦として、毎年GWに開催されており、今年で第26回になるそうです。

Al001664_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

筆者たち家族にとって、熱気球大会を見るのはこれが始めて。
朝6時15分に競技開始と聞いて、6時前に河川敷の会場に到着したのですが、行ってみるともう熱気球が出発し始めていました。
大会は3日間あって、この日が最終日だったのですが、実は強風のため、1日め、2日めは競技が中止になってしまったとのこと。
ようやく3日めにして飛んだのだけれども、風が強くなるのを警戒して、開始時間を30分早めたのだそうです。
そうとは知らず、危うく間に合わないところでした。
ぎりぎり見られてよかったです。

Kp016647_r
PENTAX KP / FA77mm

熱気球を飛ばすには、まず横にして、強力な扇風機で風を送って気球をふくらませ、そうしながらガスに火をつけて、熱風を送り込むんですね。
すると周囲の空気より軽い、温度の高い空気が気球の中に溜まり、それが浮力を生んで、まず気球を立ち上げ、次に気球の下のカゴごと空に浮き上がっていきます。

Kp016637_r
PENTAX KP / FA77mm

手前の2つが立ち上がった気球、その向こうが立ち上がりかけている気球、さらにその向こうは空中に舞い上がった気球の群れ。
競技のルールは、地面に置いたターゲットに上空からマーカーを投げ落とし、ターゲットからの距離(近いほうが高得点)を競うというもの。

Al001673_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

この日の参加チームは全34。
次々と空に舞い上がっていきます。
きれいですね。

Al001707_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

会場内のイベント広場には屋台も出て、大勢の人でにぎわっていました。
きっとみんな朝ごはん抜きで来て、お腹が空いていたんですね。
きずな、ママにねだって、屋台で焼きそばとフライドポテトを購入。
佐久名物という、味噌ラーメンもいただきました。

Al001711_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

でも知らなかったんですけど、熱気球大会って、各チームが出発した後は、見るものが何もないんですね。
それぞれのチームは競技を終えると着地して、気球を畳んで車に積んで会場に戻ってくるので、出発地点で待っていても帰ってくる気球を見ることはできないのです。
この日は同じ会場で「佐久鯉まつり」が開かれることになっていて、ステージの設営も済んでいたのですが、スタッフの方に訊いたら、開始は10時から。
それまで3時間もやることがないので、あきらめて移動することに。

Al001718_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

「どこへ行こうかな」と探して、千曲川沿いの「信州国際音楽村」という施設を訪ねてみることにしました。
上田市にあって、佐久からは少し遠いのですが、大型の音楽ホールを備えた公園で、たくさんのスイセンやバラ、ラベンダーが植えられ、花の季節にはイベントも開かれている、とのこと。

Al001721_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

残念ながらGWの時期はスイセンはもう終わりで、バラやラベンダーはまだという端境期。
あんまり花は見られませんでしたが、周囲の田園風景が美しかったです。

Al001732_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

続いて音楽村からほど近い、海野宿に移動。
信州上田といえば真田氏で有名ですが、それ以前、鎌倉時代にこのあたりを領有していた豪族である、海野氏ゆかりの宿場町です。

Al001741_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

「海野格子」と呼ばれる格子戸の建物が保存され、水路にきれいな水が流れ、並木もあって、いい感じ。「重要伝統的建物群保存地区」「日本の道100選」にも選ばれています。

Kp016714_r
PENTAX KP / FA77mm

江戸時代に北国街道の宿屋だった建物は、通りに面した幅より奥行きが長い、うなぎの寝床のような作り。
今は民家だったり、お土産屋さんなどになっています。

Al001750_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

中には門を開いて、奥のお庭を見せてくださっている家もあります。
こちらのお庭は、藤棚が見事。

Al001752_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

通りの途中にある、ガラス工房兼カフェの「橙(だいだい)カフェ」さん。

Al001759_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

色とりどりのガラス雑貨と歴史的建造物の対比が、おしゃれ。
筆者も来るまで知らなかったのですが、海野宿、いいところでした。
SNSなどで発信されるようになったら、海外からの観光客にも人気が出そう。

Al001771_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

お昼近くになり、東御市のフレンチレストラン「フルール・ドゥ・ペシェ・モモカ」さんへ。
ここ、前に一度予約なしで来て入れなかったので、今回はしっかり予約を取りました。

Al001772_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

民家を改装した店内。
いい雰囲気ですね。
オーナーシェフの方は、料理のために山に入って山菜を採ったりもするそうです。

Al001785_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

前菜の「鶏白レバーとハツのソテー サラダ添え」。
肉もサラダもおいしかったです。
グラスワインは地元東御市のワイナリーから仕入れたもので、こちらもgood。

Al001786_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

この後、きずなが水の入ったコップをひっくり返してしまい、ご迷惑をおかけしたのですが、笑顔で対応してくださいました。
ごめんなさいね。
ママもきずなも気に入っていたので、ぜひまたお邪魔したいと思います。

Al001811_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

食後はママの運転で、お店からほど近い、小諸の「あぐりの湯」へ。
ここはママのお気に入り。

Al001813_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

でもってパパは、湯上がりに生ビールをいただいて、女性陣が出てくる頃にはもうできあがっていたりして。
なんかこの日は、昼間から飲んでばかりのダメ人間(笑)。
ともあれ、遠く浅間山を望む眺めのいい温泉で、旅の疲れを洗い流させてもらったのでした。

|

« 軽井沢旅行 2 | Main | 軽井沢旅行 4 »