« コーヒーカップ | Main | 新聞立て »

June 25, 2018

芝刈り機の研磨

Al002088_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

バロネスの手押しの芝刈り機、LM4D。
2012年に買ったものです。
6年経って、さすがに切れ味が落ちてきたようなので、刃先の研磨をしました。

Al002086_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

研磨のやり方は同社のホームページにくわしく載っています。
作業で使うハンドルやコンパウンド(研磨剤)はもともと芝刈り機に付属していて、他に必要な工具はペンチとマイナスドライバー、研磨剤を塗るブラシぐらい。

Al002090_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

ペンチとドライバーで左側のタイヤを外したところ。

Al002092_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

内側はこんな感じ。
6年経ってもグリースがしっかり残ってますね。

Al002097_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

付属のハンドルを取り付け、コンパウンドをブラシで刃先に塗って、研磨開始。
途中、短冊に切った新聞紙で刃の切れ味を確かめます。

Al002138_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

思ったより早く、1時間とかからずに作業終了。
使ってみると、うん、確かに前より切れ味がよくなった気がします。
芝の切り口もきれいになって、白く枯れてしまう部分が小さくなったよう。

以前に使っていた電動芝刈り機は、いくら研磨しても切れ味が戻りませんでしたが、それとははっきり違います。
さすがは高級品。
やっぱり刃物の類は、お金をケチっちゃだめですね(^^)。

|

« コーヒーカップ | Main | 新聞立て »