« 浦安万華鏡で泡マシンを体験 | Main | 初心者の釣り 2 江戸川放水路でハゼ釣り »

August 29, 2018

初心者の釣り 1 軽井沢の渓流釣堀でニジマス釣り

K5px4988_r
PENTAX K5 / FA43mm

今やすっかり釣り好きになっている、我が家の娘。
思い起こすと、彼女が最初に釣りを経験したのは2歳のときで、場所は北軽井沢の渓流釣堀でした。
人間牧場内の源流つりというところ。
渓流を区切った中にニジマスやイワナが放流されていて、当時は犬も中に連れて入れました。

K5px4990_r
PENTAX K5 / FA43mm

竿やエサは釣堀側が用意したものを借りるので、手ぶらで大丈夫。
ニジマスは釣りやすく、イワナやヤマメは釣りにくいという話でしたが、いずれも養魚場から運ばれてくるため、投入されてすぐは無警戒。
子どもでも簡単に釣れます。
でも同じ魚がしばらく経つとスレてきて、なかなか釣れなくなるんですよね。

K5px4994_r
PENTAX K5 / FA43mm

見てください、この誇らしそうな顔。
2歳児のドヤ顔です(笑)。

K5px5007_r
PENTAX K5 / FA43mm

釣った魚はその場で炭火焼きにしてもらえます。
串を打つのと塩を振るのはスタッフの人がやってくれて、後はうちわであおぐだけ。

K5px5017_r
PENTAX K5 / FA43mm

最初はおっかなびっくりだった塩焼きも、やがて大好物に。
ただこちらは入場料1人2000円、魚1匹500円と値段が高いので、その後は行かなくなってしまいました。

K5px1348_r
PENTAX K5 / FA31mm

代わってよく行ったのが、「軽井沢 おもちゃ王国」内の渓流釣堀。
今は人気のおもちゃ王国ですが、最初に行ったときはジェットコースター事故の後で、ガラガラだった記憶があります。
娘は当時3歳でした。

K5px1363_r
PENTAX K5 / FA31mm

ここは子ども向けの遊園地で、その中に釣場があります。
魚はニジマスのみ。
やはり釣竿を借りて釣りをしますが、竿1本が1200円、1本で2匹までニジマスが釣れ、追加1匹ごとに300円という良心的な価格設定でした。
ただし入園料(大人1,200円 小人900円)が別にかかります。

K5px1408_r
PENTAX K5 / FA31mm

こちらでも釣った魚の数だけ塩焼きを食べられます。
自分が釣った魚をスタッフに渡し、代わりにあらかじめ焼いていたものをいただくというスタイル。
自分で焼かなくていいし、待たなくていいのでお手軽です。
娘がおもちゃ王国自体を気に入ったこともあって、ここには何度も通いました。

Kp002908_r
PENTAX K5 / FA50mm

他では、「古瀧花木野草苑」
「古瀧庵」というお蕎麦屋さんの裏手に滝が見られる庭があり、その一角が渓流釣堀になっているのです。

Kp002933_r
PENTAX K5 / FA50mm

大人200円、子供100円の入場料で、1匹釣るごとに300円というシステム。
貸竿もありますが持ち込みも可なので、ハゼ釣り用に買った釣竿を持ち込み、「さけるチーズ」を餌にして釣りました。

Kp002957_r
PENTAX K5 / FA50mm

ここでも釣った魚を塩焼きにしてもらえ、調理は無料なので、トータルコストでは軽井沢近隣で一番お得かもしれません。

渓流釣堀のニジマス釣りは道具を用意する必要はないし、誰でも簡単に釣れて料理までしてもらえるので、釣りの初心者にはぴったり。
我が家の娘もそれをきっかけに釣りが大好きになったので、小さなお子さんのいるご家庭にはお勧めです。
全国あちこちにあるので、旅行の際に寄ってみてはいかがでしょうか。

|

« 浦安万華鏡で泡マシンを体験 | Main | 初心者の釣り 2 江戸川放水路でハゼ釣り »