« 花園の巣みつ | Main | new大根おろし »

November 25, 2018

芋煮会

Al004349_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

母が入居している老人ホームで、毎年秋の恒例の「芋煮会」があり、家族3人でお邪魔しました。
筆者宅からホームまでは2キロほど。
普段は自転車か自動車で行っていますが、芋煮会ではお酒も出るので、歩いて行くことに。

Al004374_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

きずなは途中、あちこちで寄り道。
途中、山茶花(さざんか)が咲いていれば、
「ツバキとサザンカって、どうやって見分けるの?」
と言い出し、パパはその場でスマホで音声検索。

Al004356_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

ツバキは冬から春にかけて咲くけれども、サザンカが咲くのは秋から冬にかけて。
ツバキは花が落ちるときはまるごと落ちるけれども、サザンカは花びら1枚ずつ。
ツバキよりサザンカのほうが葉のギザギザが深く、葉脈が明るい色をしている。
などが見分け方だそうです。
どちらもツバキ科ツバキ属だけに、微妙な違いですね。
11月のこの時期に咲いているのは、主にサザンカのようです。

Al004387_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

今度はフェンスにからみついているツルをきずなが見つけ、
「これ、葛粉(くずこ)が採れる、クズじゃない?」
と訊くので、またスマホで検索。

Al004391_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

はい、独特の葉の形は間違いなくクズのようです。
きずな、言い当てて得意そう。
理科でいろいろ習っていますからね。
「クズって秋の七草らしいよ」
とスマホで見たパパが教えたら、
「秋の七草って、あと6個はなんだっけ」
というので、また検索。

イチョウの木を見かけたら、
「イチョウのオスとメス(イチョウにはオスの木とメスの木があるのです)って、どう見分けるの?」
と訊かれ、検索。
葉の真ん中が大きく切れ込んでいるのがメスだそうです。

Al004401_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

そんなことをしている間に遅刻してしまい、ホームに着いたときにはもう芋煮会が始まっていました。
入居者のみなさん、スタッフのみなさん、そして入居者の家族で、広いホールも大賑わいです。

Al004397_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

今年はボランティアのみなさんによる演物はなく、お食事メインの会。
主役の芋煮は、醤油味とみそ味の二つの鍋が用意されています。

Al004402_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

こちら醤油味の芋煮。
筆者はビールとともにいただきました。
おいしかったです。

Al004406_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

きずなも気に入った様子で、よく食べています。

Al004415_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

咀嚼できない母には、流動食仕様の温かいお食事が。

Al004408_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

家族3人で交代しながら、母の口にごはんを運びます。
きずなもがんばってお手伝い。

Al004428_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

ごはんの後に、羊羹(ようかん)のデザート。

Al004430_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

これもこのままだと飲み込めないので、甘い物が好きな母のために、ママがスプーンで羊羹をつぶしてあげます。
母はたくさん食べて満足そう。
食事が終わる頃には、眠そうな顔になっていました。

Al004439_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

2時間ほどで会はお開きに。
母はスタッフの方に部屋に送っていただき、我が家の3人は入居者のみなさんが描いた画や編み物、活けたお花の展示を拝見して、ホームを辞したのでした。
スタッフのみなさん、お忙しい中、ありがとうございました。

|

« 花園の巣みつ | Main | new大根おろし »