« ピンホールメガネ | Main | 松戸視力訓練センターで視力回復トレーニング その2 »

December 04, 2018

松戸視力訓練センターで視力回復トレーニング その1

Al004474_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

今年の春の学校検診で視力の低下がわかった、きずな。
その後、パパと一緒に目の体操を毎日していたのですが、残念ながら近視の進行が止まりません。
「これはもう、専門家に頼るしかないな」
と考え、先月「松戸視力訓練センター」に相談してみました。

Al004317_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

日曜日の午後に電話したら、
「今からどうですか」
とのことで、その日のうちに松戸駅西口近くにあるセンターへ。
所長さんの経歴や視力回復訓練についてお話を伺いました。
松戸駅近くでもう40年、センターの仕事を続けておられるそうです。

Al004477_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

壁にはこれまで訓練を受けたみなさんの視力回復のグラフが。
ちゃんと了解を取って、OKが出たものだけ掲示しているそうです。
みなさん右肩上がりのグラフで、目が良くなっている様子。

Al004307_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

まずは目の検査。
検査の結果で、訓練でどれくらいまで視力が回復するかわかるそうです。
こちらは無料。回復の見込みがない方には、そう伝えて入会をお断りするのだとか。

Al004316_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

最初にメガネ屋さんに置いてあるのと同じ機械で近視の度合いを測定。
続いて学校の検診で使うのと同じ視力表で視力を測り、さらにレンズを入れて測ったり、ピンホールの開いた目隠しをつけて測ったり。

Al004485_r_2
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

きずなの視力は、右が0.2、左が0.7という結果でした。
春よりだいぶ悪くなっています。
でも、
「他の検査の結果が良かったので、左は1.2以上、右は0.9~1.2まで回復できますよ」
とのこと。
そうなったらうれしいです。

Al004488_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

「こんな風に回復していきます」
という、視力向上のシミュレーションもしてくれました。
訓練を始めたら、最初の2週間で両目とも0.1ずつ視力が良くなるという予測。
結局、その場で入会することに。
費用は入会費と最初の2ヶ月分の月会費を合わせて、8万円ほどでした。

Al004334_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

ということで訓練の方法を教わります。
こちらでは写真のような装置を使います。
入会するとこれを渡されて、自宅で毎日訓練をするのです。

Al004328_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

訓練は一緒に渡されるCD(音楽付き)の声に従って進めます。
片目につき12分ずつ。
その後に5分間の体操があります。
1日30分、毎日これを使って目の訓練をして、2週間に1度、センターで視力を測定する仕組み。

Al004332_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

指導が終わる頃には、あたりはすっかり日が暮れていました。
所長さんは窓からあちこちの看板を指さして、
「視力が0.5になったら、あの看板の字が読めるようになるよ。覚えておいてごらん」
と教えてくれます。
なんだかとても自信がありそうなので、こちらも
「そうなるのかな」
という気がしてきます。
さて、結果はどうでしょうか…

|

« ピンホールメガネ | Main | 松戸視力訓練センターで視力回復トレーニング その2 »