カテゴリー「自転車」の記事

June 14, 2017

ペダル交換

Kp010554r
PENTAX KP / FA31mm

昨年ペダルを、クリートでシューズと直結させるビンディングペダルに交換した、愛車のDP701。
半年ほど乗った末に、また普通のフラットペダルに戻しました。
今回はM232MGという、軽量のマグネシウム製ペダルです。

Kp010605r
PENTAX KP / FA31mm

一時停止のたびにクリートを外すのにはなんとか慣れたのですが、タイヤが滑ってバランスを崩したとき、とっさに足が出せずに転倒してしまい、肩や腰を打つという事故がありまして……
「やっぱり市街地だと、危険だなあ」
と実感して、やめることにしました。
新しいペダルは軽くて靴にしっかり食いつき、いい感じ。

同時に、ヘタっていたタイヤも交換。
パナレーサーのあさひサイクルさん限定商品、レバンタールPRという製品です。
同社の「RACE A」あたりをベースにした廉価版でしょうかね。
あさひさんでは「イチオシ」と言っています。

Kp010602r
PENTAX KP / FA31mm

前のはタイヤの真ん中に白いラインが入り、太さは23ccだったのですが、今回はブラックで、少し太い25cc。
見た目は無骨な印象。
乗ってみて、転がり抵抗が少し増えたかなあという気がしましたが、太い分、安定感があり、路面のグリップもいいようです。
しばらくはこれでいってみようと思います。

|

November 22, 2016

バイク改造

K5px5659r
PENTAX K-5 / FA31mm

昨年、ハンドルをストレートからライズバーに交換した、クロスバイクのDP701。
その状態で1年ほど乗ったのですが、少しハンドルの巾が広い気がしたので、左右を各3センチずつ、詰めることにしました。

Gr004371r
RICOH GR

空気の抜けが早くなってきた後輪のタイヤチューブも同時に交換。
ペダルも組み付けが悪くて音が出るようになっていたので、この機会にクリートが付くペダルに換装しました。

Gr004391r
RICOH GR

といっても面倒な作業は全部、バイクを買った「サイクルベースあさひ」さんにお任せ。
歳とともにズボラになりますねえ。
上の写真が交換後。
初心者用の定番、シマノのクリッカーペダル、PD-M530です。

Gr004354r
RICOH GR

ペダルとは別に、クリート用の靴をアマゾンで購入。
こちらも定評のある、シマノのビンディングシューズ「SPDクリッカー」ブラック。

Gr004384r
RICOH GR

靴底についているプラスチックのカバーを、プラスドライバーで外します。

Gr004385r
RICOH GR

ペダルに付属のシングルクリート。
バラバラのパーツになっています。

Gr004388r
RICOH GR

六角ナットをレンチで締めて取り付け。

Gr004399r
RICOH GR

取り付け完了。

Gr004395r
RICOH GR

ペダルは片側2か所ずつ、やはり六角レンチで、リリースの固さ調整をします。
軽くするほど、靴がすぐペダルから外れるようになります。
筆者は初心者なので、「サイクルベースあさひ」の店員さんのアドバイスに従い、一番軽くしました。

Gr004403r
RICOH GR

こんな感じで、靴とペダルが一体化します。
足の力がダイレクトにペダルに伝達され、さらに足を持ち上げるときにペダルを引き上げられるので、パワーアップするという理屈。
さて、実際の使用感はどうでしょうか。

Gr004412r
RICOH GR

ハンドルを切り詰め、ペダルを交換したDP701。
見た目は違いがわかりませんが、ハンドルの巾とブレーキの位置が変わったことで、乗った感覚はかなり違ってきました。
ハンドルは思った通り、これぐらいの巾がベストな感じ。

クリートについては
「何も考えないで乗ると、止まったとき転びそうになる」
「一時停止のたびに片足のクリートを外さなければいけなくて、面倒」
「歩くとクリートがカチカチ当たり、床のタイルを傷つけそう」
でした(^^;)。
ま、初心者ですから。
もう少し慣れて、遠乗りなどしてみてから、また改めて報告したいと思います。

|