Posts categorized "ペット"

January 19, 2016

ふれあい動物園

Img_6527r
CANON PowerShot S95

「MOFFアニマルワールド ふれあい動物園」は、いろいろな動物と触れ合える、きずなのお気に入り。
印西市のショッピングモール、「BIGHOP」内にあります。
今回は仲の良いお友達と一緒に、出かけていきました。

Img_6538r
CANON PowerShot S95

定番のヤギ、ヒツジから、アルパカ、フェレットやアリクイまで。

Img_6548r
CANON PowerShot S95

鳥類もいろいろいます。
きずな、最近はメンフクロウに興味があるようです。

Img_6549r
CANON PowerShot S95

こちらはイグアナ。
トカゲとも触れ合えるそうです。
子どもたちはやっぱり、手で触れるのが楽しいみたいですね。
「○○カフェ」プームといい、最近は動物と触れ合う施設が増えましたねえ。

|

January 13, 2016

鳥カフェ

Img_6447r
CANON PowerShot S95

きずなが、話題の「鳥カフェ」に行ってきました。
テレビで紹介されていたのを見て、行きたくなったようです。
パパは用事があったので、ママと2人で、木場にある「鳥のいるカフェ」というお店へお出かけ。

Img_6440r
CANON PowerShot S95

600円のドリンクを頼むと、鳥を見ることができます。
しかし、ネコカフェとか鳥カフェとか、いろいろあるんですね。

Img_6442r
CANON PowerShot S95

こちらでは、スタッフの方にお願いすると、手に鳥を載せてくれるサービスも。

Img_6443r
CANON PowerShot S95

鳥の中でも大好きなフクロウを手に載せてもらって、ごきげんのきずなでした。

|

May 19, 2014

弔花

K5px9913r_2
PENTAX K-5 / FA31mm

当家のワンが死んだことを、この犬を世話してくださったペットサロンにママが報告したところ、立派な弔花をくださいました。
サロンを経営するご夫妻お二人で、長い時間、なぐさめてくださったそうです。
ありがたいですね。
お花は花瓶に挿し、写真と一緒に仏壇の横に飾っています。
ユリがいい香り。
仏壇の主の亡父から見たら、
「なんだか、オレより大事にされてるな」
って思うかもしれません。

|

May 16, 2014

犬のお葬式

Gr004228r_3
RICOH GR

我が家のワンコが亡くなり、お葬式をあげました。
享年10歳。
7歳ぐらいまでは元気だったんですが、会陰ヘルニアを発症し手術、運悪くそれが再発してからは、すっかり老けこんでしまいました。
1週間ほど前から体調が悪そうで、大好きな散歩にも出ようとしなくなり、最後の数日はご飯も食べず。
「こりゃ、いよいよかな」
と覚悟していたところでした。

Gr004231r_4
RICOH GR

最後の日の夕方、裏庭から出てこなくなったので、家族で見に行ったら、もう起き上がる力がないのか、顔だけ上げてこちらを見ました。
夜、もう一度見に行くと、今度はお風呂場の窓の下に伏せていました。
最後の力を振り絞って、移動したのでしょうか。
人間のそばに、いたかったのかもしれませんね。
苦しそうに肩で息をしているので、背中をさすってやりましたが、反応がありません。
「もう、だめだなあ」
と思い、ママときずなを部屋に返して、筆者は椅子を持ってきて、ワンコの脇に座りました。
背中に手を当てていると、呼吸が次第に弱くなり、やがて止まるのがわかりました。
最後をみとってやれて、よかったと思います。

Gr004241r_3
RICOH GR

翌朝、ママがペットのお葬式をしてくれる業者さんをネットで探し、その日の午後にはお葬式。
犬のお葬式は、筆者は初めてです。
喪服の女性が黒の軽自動車でやってきて、ワンコの遺体を棺に移し、簡単な仏壇をその場にしつらえ、短いお経を上げてくれました。
家族でお焼香をして式が終わると、棺は車で墓地へ運ばれていきました。
行き先は佐倉にある、業者さんが契約しているお寺ということです。
式の間、きずなは大泣き。
ママもすっかり、しょぼんとしてしまいました。

Img_1348r_3

鎮魂がてら、彼の思い出を振り返ってみたいと思います。
最初に我が家に来たのは、10年前の3月のこと。
その前に飼っていたワンコが死に、ペットロス症候群になっていた母を見かねて、
「新しい犬、飼ったら?」
とみんなで勧めたのがきっかけでした。
当時、生後2ヶ月。雄。犬種はシェルティ。
大きさがスリッパとあんまり変わりませんねえ。
1月生まれだったので、「January」を縮めて「ジャニー」と名付けられました。
名付け親は筆者の母です。

Img_2457r_2

今からちょうど10年前、2004年5月の写真。
前の写真から1月半ですが、けっこう大きくなっています。
「おとなしい犬だなあ」
というのが、当時の印象。
おかげで、母はすっかり元気になりました。

Dscf3162r

この年の秋、父が亡くなり、母も翌年に脳梗塞から認知症となって、グループホームに入居。
1歳で飼い手のいなくなったジャニーは、近所のペットサロンにご飯を届けてもらいながら、1人で家を守ることに。
手違いでご飯がもらえなかったときには、庭に落ちた柿の実を食べてしのぐこともあったようです。
苦労をかけてしまいました。
でもおかげで実家は、住人不在の間も、空き巣に入られることはありませんでした。

Imgp0737r_2

「このままじゃいけないよなあ」
ということで、当時まだ独身で、都内で1人暮らししていた筆者は、結婚して実家に戻ることにしました。
新しい主人に仕えることになった、ジャニー。
新婚のお嫁さんにかわいがってもらって、しあわせそうです。
これまで犬を飼ったことがなくて、最初はこわごわだったお嫁さんも、ジャニーがおとなしい犬だったこともあり、すっかり犬好きになってくれました。

Imgp8263r_2

やがて、きずなが誕生。
きずなにとっては生まれたときから――正確には、ママの実家から移ってたときから――知っている犬になりました。
たまに「ジャニーおにいちゃん」なんて、呼んでいましたっけ。

Kd3x0312r1_2

ご主人たちの寵愛を赤ちゃんに奪われる形になったジャニーですが、それでも決して子供に噛みついたりしない犬でした。
おかげできずなも、動物好きのやさしい子に育ったと思います。

K7px0386r

ジャニーを散歩させようとする、きずな。
でも結局、1人で散歩させるところまでは、いきませんでしたけど。

K5px8424r

北国シェットランド生まれの犬種だけあって、雪が大好き。

Kd3x0312r

ドッグランは苦手でした。

Imgp0532r

気分のよいときはコミカルな仕草で、よく家族をなごませてくれました。
もう見られないと思うと、さびしいです。
天国で安らかにね、ジャニー。
さようなら…

|

June 13, 2013

シャンプー

Gr000256rr
RICOH GR

「そろそろ暑くなりそうだなあ」
ということで、梅雨入り前のひととき、ママがワンコの抜け毛処理を兼ねて、シャンプーしました。

Gr000257rr
RICOH GR

陽光で温まったホースの水(というかお湯)をかけ、シャンプーで泡だらけにし、ブラシで毛をすきます。
きずなもお手伝い。
どっちかというと、シャンプーで遊んでますけど。

Gr000260rr
RICOH GR

二人がかりでシャンプーされたワンコは、
「もうやめて」
ってな感じで、トマトの後ろに逃げようとしますが、そうはさせじとママが押さえつけ、シャンプー続行。

Gr000240rr
RICOH GR

洗い終えた後は、ほんとはドライヤーをかけるところなのでしょうが、すたこら逃げ出すので、省略。
代わりに、きずなが一緒に庭を走り回ります。

Gr000243rr
RICOH GR

「待てまて~」と、しばらく追いかけっこしているうちに、いい感じに毛も乾いてくるのでした。
これ、1/1000秒なのですが、子どもは止まっても、走り回る犬の毛までは、止まりきれてないですねえ。

|

December 06, 2011

手術終了

Kd3x4711r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

会陰ヘルニアの手術のため、3日ほど入院していた当家のシェルティが、家に戻ってきました。
ヘルニアを元に戻す手術の他、再発を防ぐため開腹しての直腸の固定手術、さらに去勢手術も同時に行ったとのこと。
この病気になるのは去勢していないオス犬がほとんどのため、手術と同時に去勢も行うのが一般的なのです。
幸い、無事に手術は完了。
「がまん強い子でした」
とお褒めの言葉にあずかりました。
施術してくださったアニファ動物病院の院長さんは、お歳は若そうなのですが経験豊富な雰囲気で、説明も丁寧でわかりやすく、とても信頼できる先生でした。
まだ手術跡には糸が残ったままだし、毛剃りしたところもそのままですが、とりあえず家族一同、ほっとしました。
本人もほっとしたようで、久しぶりに庭の芝生の上でゴロッと横になり、くつろいでいました。

|

November 28, 2011

犬の浣腸

S95_1821r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

我が家のシェルティが便秘がちなので、行きつけの動物病院で診てもらったところ、「会陰ヘルニア」という診断を受けました。
人間でいう脱腸です。手術が必要で、でもそこの病院ではやっていないということなので、近所で犬の手術をやってくれる動物病院をネットで探して電話しました。
結果、こちらの「アニファ動物病院(松戸)」さんで診ていただけることになりました。
こちらの院長先生は専門が外科で、会陰ヘルニアの手術もいくつも経験されているそうです。
あいにく3週間先まで手術の予定がいっぱいだったのですが、
「この病気は悪化してしまうと大変なので、少しでも早くやったほうがいいでしょう」
とのことで、12月初めにオペしていただけることになりました。
スタッフのみなさんに勤務時間を延長していただいて、夜に手術してくださるそうです。

Kd3x4685r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

手術までは悪化しないよう、下剤を飲み続けます。
でもそれでも出が悪かったので、脱腸した部分に溜まった便を流し出すために、病院で浣腸することになりました。
午前中に連れていって、出るものが一通り出たあと、夕方、引きとります。
帰ってきたのを見ると、正面からは普通だったんですが…

Kd3x4691r_2
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

後ろから見ると、ごらんの通り。
浣腸ではどうしてもお尻回りが汚れるので、予め毛剃りするのだそうです。
聞いてはいたのですが、しっぽの毛まで剃るとは思ってませんでした。
見た瞬間、思わず笑い出しそうになりましたが、犬にとっては災難ですよね。
強いて言えば、ライオンのしっぽみたいに見えなくもありませんが。
毛が生えてくるまでは、子供たちが外で遊んでいる時間には、散歩に連れていけないですねえ。


|

October 06, 2011

茶色の猫

K5px6650rr
PENTAX K-5 /TAMRON 90mm MACRO

最近、茶色の猫がガレージに出没して、ガレージの屋根や車の下でお昼寝したりしてます。
どうやら我が家を自分の縄張りの一部にしているみたいです。
人間は追っ払わないし、おとなしい我が家のワンコも猫に吠えたりはしないので、居心地がいいのかもしれませんね。

Kd3x4559r_copy
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

動物大好きのきずなは、気になってしかたないようです。
「猫ちゃーん!」
と呼んで、撫でようとするのですが、今のところ猫側は、そこまでは気を許していない様子。
近づくと逃げてしまいます。
飼い猫か野良猫かもわからないので、
「餌はあげちゃだめだよ」
と言っています。


|

September 13, 2011

イシガメ忍者

K5px6628r
PENTAX K-5 / DA40mm

朝市で買ったイシガメくん、どうやら行動力抜群のようです。
池の真ん中にある石に置いてやったら、写真を撮るひまもなくサッと水中に。
水の中をびっくりするほどの速さで移動し、しばらくして首を水上に出してあたりをうかがいます。
体色も真っ黒だし、なんだか忍者みたいです。

K5px6631r
PENTAX K-5 / DA40mm

問題なしと見るや、コンクリの池の縁をらくらくと乗り越え、池の外へ脱出。
元気です。
カメのくせに早いです。

K5px6633r
PENTAX K-5 / DA40mm

池から出ると、すばやく物陰に身を隠します。
そのままじっと周囲をうかがい、ぴたりと動かなくなりました。
なんかサバイバルゲームやってるみたいだなあ。
餌をあげても、無視。
夜を待つつもりなのでしょうか。

K5px6624r
PENTAX K-5 / DA40mm

翌朝見たら、カメくんは池の周りから姿を消していました。
みんなで大騒ぎして庭中探し、ようやく玄関の脇の植え込みに隠れているのを発見。
元に戻しても、すぐまた池から出てしまいます。
忍者ガメだけに、身を隠す物陰がないのが気に入らないのかも。
ちゃんと居着いてくれるでしょうか。
筆者宅には池以外には水場はないので、道に迷うと干からびてしまうかもしれません。
どうも、しばらくは気の休まらない日々が続きそうです…

|

June 20, 2011

アマガエル

Img_1212r
CANON PowerShot S95

お嫁さんの実家のある牛久から、きずながカエルさんを持って帰ってきました。
全部で14匹のアマガエルです。
他におたまじゃくしもいます。

Img_1226r
CANON PowerShot S95

お嫁さんの妹さんの勤める美容室が田んぼの真ん中にあり、そこでは毎年うるさいくらいにカエルが鳴いているのだそうです。
それを聞いて、かねて「カエルとりたーい!」と言っていたきずな。
「カエル、鳴き出したよ」
という報告を受け、勇んでカエル取りに行ってきたのでした。

Img_1225r
CANON PowerShot S95

それまでカエルなどさわったこともなかったお嫁さんときずなですが、幸いまだ小さかったこともあって、勇気を奮ってたくさん捕まえてきました。
現場ではあぜ道を歩くだけでわさわさ飛び出してきて、他にもザリガニとかタニシとか鳥のサギとか、いろいろ見たそうです。
豊かですねえ。
有機農法の田んぼだったのかもしれませんね。

Img_1223rr
CANON PowerShot S95

捕まえたカエルは我が家の池に放します。
陸に上がりたてらしく、よく見るとまだシッポが残っています。
しばらくすると、池から上がって草むらの中に消えてしまいました。
カラスに食べられないかなあ。
がんばって生き残って、大きく育ってね。

Kd3x4433r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

この日、6月19日は父の日。
きずながパパの絵を描いてくれました。
上のほうのマルが目で、まんなかの波線が口。
下のほうの縦線は左右が足で、真ん中は「しっぽ」だそうです。
パパにもシッポがあったんですね。
ありがとうね。上手に描けたね!(^^)v


|

より以前の記事一覧