Posts categorized "住まい・インテリア"

January 18, 2019

クリンスイの水栓交換

Kp019149_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

10年ほど前にリフォームしたキッチンの水栓のレバーがある日、スポンと抜けてしまいました。

Kp019153_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

どうやらレバーをネジ留めしていた穴の周りが割れてしまったようです。
この水栓はキッチンのメーカーであるLIXILではなく、アンダーシンク型浄水システムのメーカーである三菱レイヨン(現三菱ケミカル)のもの。
「クリンスイ U-F704EX-ZC」という、もう製造中止になっているモデルですが、たまたま以前に交換用の浄水システムをワンセット手に入れていたので、それを使って自分で交換してみることにしました。

Kp019155_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

U-F704EXのマニュアルを探すも、見当たらず。クリンスイブランドの他のアンダーシンク型浄水システムの据付説明書があったので、それと、ユーチューブで見つけた「わかりやすい!シングルレバー混合栓の取外しかた」という動画を参考にします。
いまはネットでいろいろ解説が見られるので、ありがたいですね。

Kp019157_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

上の動画の解説によると、U-F704EXはどうやら「上面施工タイプ」で、「馬蹄金具」で水栓をシンクに固定するタイプのようです。
このタイプの場合、水栓の手前側についている小さなキャップを取り外し、出てきたボルトを六角レンチで緩めて取り外します。

Kp019162_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

こんな感じ。
実際にはこの作業の前に、水を止めた上で、シンク下の配管を全部外します。

Kp019160_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

シンクの下では、水用の配管、お湯用の配管、さらに浄水器用の配管が「イン」と「アウト」の2本、水栓につながっています。
これのジョイントを外して、配管用のホースごと水栓を上に引き抜くのです。
説明書によるとジョイントの脱着には、22mmと23mmのスパナが一つずつ必要になります。
道具置場を探してみたら、21mmと24mmはあるのに22と23だけなかったので、モンキーレンチで代用。

Kp019173_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

ここで問題発生。
写真に2本見えている銅管に挿入された真鍮製のカプラーが、どうがんばっても抜けないのです。
これはゴムのパッキンをかませた上で管を押し込んでいるだけなので、外すときは力づくで引き抜かなければなリません。
しかし10年使う間に癒着してしまったようで、いくら力を込めて引っ張ってもピクリとも動かず。

Kp019176_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

カプラーがついたままだと、配管が水栓用の切り抜き穴に引っかかってしまい、水栓を外すことができません。
ジョイントをバーナーであぶったりして、なんとか外そうと狭いシンク下で悪戦苦闘すること1時間近く。
ついにあきらめて金鋸で銅管を切断することに。
次に壊れたら、またこんな苦労をしなくてはいけないのでしょうか。
もっと工事する人のことを考えて製品を設計してくださいね、三菱ケミカルさん。

Kp019181_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

銅管を切り落として、ようやく水栓と配管の引き抜きに成功。
残った真鍮製の土台のボルトを六角レンチで緩め、下側についている馬蹄金具を外して落とし、土台を取り外します。

Kp019185_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

外した土台と馬蹄金具、ボルト。
ここまでくれば、後は新品の水栓をとりつけるだけ。

Kp019194_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

この際ですので浄水器のカートリッジも交換しちゃいます。
もともとはUZC2000という、トリハロメタンまで浄化できる高級カートリッジを使っていたのですが、ネットで見たら9000円近くに値上がりしていたので……前は7000円台で買っていた……6000円台で買えて互換性のある、UAC0827-GNという交換カートリッジを購入。
プリンターのインクビジネスと同様、浄水器もカートリッジで儲けるビジネスになっているようですねえ。

Kp019187_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

新しくなった水栓。
最初に通水したときは配管のジョイントの押し込み方が足りず、水の勢いで配管が外れてシンク下が水浸しに。こちらは完全に筆者のミスです。疲れて不注意になってました。
あわてて水栓を締めて水を拭き取り、外れた配管をはめ直し、ようやく交換完了。
あれやこれやで、半日がかりの作業になってしまいました。
こんな苦労は当分したくないので、せめてあと10年は壊れないでね。

|

October 07, 2018

ママのリフォーム: リビングの床をタイルカーペットに

Al004051_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

我が家のリビングは、以前に張っていたカーペットをママがリフォームして剥がし、今はコルクマットが敷いてあります。
ただこのマット、気温による伸び縮みが激しいようで、暑くなるとマットが浮き上がってきてしまい、美しくない状態が続いていました。

Al004053_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

「そろそろ3年ぐらい使ったし、変えようか」
と、ママ、新たな模様替えを決意。
今度はタイルカーペットを使うことに。
近くのニトリさんで購入した、50センチ角のもの。
1枚300円ほどと格安です。
これを2色使います。

Al004047_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

コルクマットの下は、もともとカーペットが敷いてあったときからそのままになっていた、下地のクッション。
ママは、
「これにダニが住みついていて、そのせいできずなが咳をしているのかも」
とにらんでいて、今回はコルクマットともども、下地のクッション材も全部剥がすことに。

Al004062_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

壁際には、上に向かって釘が突き出すような形で板が打ってあります。
これはカーペットを留めるためのもの。
でもうっかり踏んづけると痛いので、これも撤去することに決定。

Al004055_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

作業開始です。
まずはテレビとその置き台、電子ピアノなどを部屋の外へ。
ソファは置く場所がないので、庭に出しました。
雨が降る前に作業を終えなければいけません。

Al004057_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

コルクマットの除去、開始。

Al004067_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

マットを片付けたら、次に釘つきの板とクッション材を剥がします。
その下はベニヤ板の下地材です。
一通り剥がし終えるのに、半日。
ママ一人でがんばりました。

Al004073_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

タイルカーペットを箱から出して、敷き詰めていきます。
ニトリの松戸店だけでは数が揃わなかったので、店員さんに訊いて、在庫がたくさんあった柏店で買い増しました。

Al004076_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

コーナーの形に合わせて、カッターと曲尺でタイルカーペットをカット。
このタイルカーペットは下がゴムになっていて、コルクマットよりずれにくいようです。

Al004080_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

ドアのところも枠の下のベニヤ板が突き出していて、うまく収まらなかったので、彫刻刀と金槌で突き出たところを削りました。
この作業はパパがお手伝い。

Al004082_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

さあ、あと少しです。
もう外は真っ暗。

Al004087_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

とうとう、全部敷き終わりました。
2色使ったのが功を奏して、モダンな雰囲気に。

Al004083_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

最後に掃除機をかけます。
コルクマットより滑りにくく、掃除機をかけてもずれないので、掃除もしやすいようです。

Al004090_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

家具を元に戻して、リフォーム終了!
庭からソファも運び入れました。
パパときずな、拍手喝采。
ママ、おつかれさま!

ずれないので掃除もしやすいし、コルクマットのように沈み込むことがないので、テレビ台の移動も楽でした。
もし汚れたりとかしても、タイルカーペットを1枚替えればいいので簡単。
これ、いいかも。
きずなも仕上がりが気に入った様子。
我が家の今年の冬は、ツートンのリビングで過ごすことになりました。

|

September 27, 2016

手作りリフォーム その3

K5px1086r
PENTAX K-5 / FA31mm

まだまだ続く、ママときずなの、和室の手作りリフォーム。
今回はまず、開けっ放しになっている入口に、すだれ状の飾りを取り付けました。
真ん中を蝶のデザインのクリップで止めて、こんな感じに。

K5px1104r
PENTAX K-5 / FA31mm

さらに、和風の蛍光灯のカサにも一工夫。
造花を飾り付けまして…

K5px1108r
PENTAX K-5 / FA31mm

おしゃれなライトに、大変身。

K5px1115r
PENTAX K-5 / FA31mm

さらに100円ショップで勝ってきた色紙でボンボンを作り、それをライトや天井に飾り付けます。

K5px1143r
PENTAX K-5 / FA31mm

できあがり。
なんだか、お祭りみたいですね。
きずなはすっかりテンションが上がって、部屋の中で1人で飛び跳ねて、ボンボンにタッチしているのでした(^^)。

|

September 06, 2016

手作りリフォーム その2

K5px0975r
PENTAX K-5 / FA31mm

今はきずなの部屋として使われている、我が家の和室のリフォーム。
ママときずなが手作りで挑戦を続けています。
こちらは、2人で作った移動式の物入れ。

K5px0977r
PENTAX K-5 / FA31mm

ママの設計通りにホームセンターでカットしてもらった板を釘で打ちつけ、白く塗ってキャスターをつけて、完成。
2人で部屋に運び入れます。

K5px0985r
PENTAX K-5 / FA31mm

窓の下に、ぴったり収まる大きさ。
中には、最近あまり使わなくなったおもちゃなどが入ります。

Gr002859r
PENTAX K-5 / FA31mm

こちらは、きずなが市販のステッカーを使ってデザインした、絵。
これもリフォームに使うのです。

Gr002860r
PENTAX K-5 / FA31mm

これを障子の桟に貼り付けて、今は白一色の障子を、おしゃれに飾ろうという構想。

Gr002863r
PENTAX K-5 / FA31mm

障子の桟もカラフルに塗ります。
こちらはママが、炎天下でがんばりました。

K5px1035r
PENTAX K-5 / FA31mm

完成!
でも最初に使った紙は、光を通さないので部屋が暗くなってしまい、失敗だったのだとか。
半透明の紙を使って、全部やり直したそうです。

K5px0989r
PENTAX K-5 / FA31mm

雨戸を閉めると、こんな感じに。
実はこの絵は続き物で、障子を1枚ずつ見ていくと、全体として動物たちによるストーリーになっているんだとか。
想像力豊かですねえ。
出来栄えに、きずなも満足の表情。

K5px1048r
PENTAX K-5 / FA31mm

無事に完成して、こちらも手作りのドーナツでティータイム。
満足感いっぱいの、きずなでした。

|

July 23, 2016

ママの手作りリフォーム

K5px0507r
PENTAX K-5 / FA31mm

こちらは我が家のダイニングのとなりにある、和室。
今はきずなの部屋になっているこちらで、ママがなにやら、コテで練っています。
実はこれ、壁のリフォーム用の塗料。
愛娘のために、ママが手ずから模様替えに挑戦しているのです。

K5px0512r
PENTAX K-5 / FA31mm

汚れて黒ずんだ土壁を、明るいクリーム色に塗り直し。
木部はメンディングテープと新聞紙で、ちゃんと養生しています。

K5px0532r
PENTAX K-5 / FA31mm

こちらは障子を張り替えるために100円ショップで購入した、半透明の紙。
桟の一部をカットし、同じく100円ショップで買ったステッカーを貼って、きずながおしゃれにデザインします。

K5px0537r
PENTAX K-5 / FA31mm

凝り性のきずな、永い時間をかけて決めたデザインをチェック。
なかなかセンスがいいです。

K5px0785r
PENTAX K-5 / FA31mm

すっかり古びて穴の開いた襖(ふすま)は…

K5px0782r
PENTAX K-5 / FA31mm

ママががんばって紙を剥がして…

K5px0786r
PENTAX K-5 / FA31mm

骨組みだけにしてから、薄い板を打ち付け、ペンキで塗装。

K5px0792r
PENTAX K-5 / FA31mm

こんな感じに仕上がりました。
途中、板がつっかえて溝にはまらなくなったりして、苦労しながら完成させました。

K5px0523r
PENTAX K-5 / FA31mm

こちらは部屋の入口の、布張りの引き戸。
これは分解できないので、1回外してカラーシートを貼ることに。

K5px0795r
PENTAX K-5 / FA31mm

元の場所にはめ直し、ママからもらったパソコンを置けば、古びた和室がモダンな空間に大変身!
いやあママ、がんばりましたねえ。
お疲れさま!

|

October 22, 2015

カーペット

K5px3809r
PENTAX K-5 / FA31mm

もともとグレーのカーペット敷きだった、我が家のリビング。
もう何十年も使って、だいぶくたびれていました。

Gr000606r
RICOH GR

そこで、ママが壁塗りに続いて、カーペットの交換にも挑戦。
といっても、部屋に合わせてカットした大きなカーペットを買うのではお金がかかるので、前のカーペットを剥がした後に、タイル状のコルクマットを敷き、その上に少し小さめの市販のカーペットを置くことに↑。

Gr000613r
RICOH GR

最初は緑のを敷いてみたのですが、少し暗いかな、ということで、こちらの金色のカーペットに変えました。

Gr000615r
RICOH GR

このカーペットは毛足が長く、ふかふか。
きずなも「気持ちいい」と言って寝っ転がっています。
よかったね。

|

October 01, 2015

ママの室内大改装

K5px6610r
PENTAX K-5 / FA31mm

最近、お友達と一緒に、風水に凝りだしたママ。
「玄関に鏡を置くとよい」
と聞いて、自分で床に白いタイルを敷いたばかりの玄関に、今度は大きな鏡を取り付けました。

Gr000432rr
RICOH GR

等身大ぐらいあります。
ネットで評判を見てから購入したもので、割と安かったそうですが、重さはけっこうあって、取り付けはなかなか大変でした。
おかげで玄関も、確かに明るくなった気がします。

Gr000428rr
RICOH GR

玄関に続いて、汚れが目立っていたリビングの漆喰の壁も、自分で塗り直すことを決断。
いろいろ調べて、日本プラスターという会社の「うま~くヌレール」という商品を、ホームセンターで買ってきました。

Gr000425r
RICOH GR

木部など、塗らない部分にはしっかり養生して、粘土の高い塗料を、コテで塗っていきます。
ハケ塗りと違い、かなり力が要る作業です。
一部、きずなもお手伝いしました。

Gr000430r
RICOH GR

二度塗りして、ある程度乾いたら、養生していた部分のテープを剥がします。
コテむらも味のうち、ということで、なかなかの仕上がり。

Gr000431rr
RICOH GR

汚れが目立っていた漆喰壁が、珪藻土調の淡い黄色の壁に変身。
ママ、がんばりました。
今度は室内に観葉植物を置く予定です。
これで家族の運がよくなったら、うれしいですね。

|

September 09, 2015

玄関タイル

K5px6438r
PENTAX K-5 / FA31mm

ママが、「玄関のタイルを変えたい」と、自分で貼り直しに挑戦しました。
床に40センチ角のセラミックのタイルを置き、サイドには両面テープで貼り付けます。
何度もホームセンターに通い、好みのタイルを選んで、お店でカットしてもらったもの。

K5px6448r
PENTAX K-5 / FA31mm

1日がかりで貼り込み完了。
ピカピカに光っています。
ママ、がんばりましたねえ。
玄関が明るくなりました。

K5px6440r
PENTAX K-5 / FA31mm

きれいになった玄関に、きずなも大はしゃぎ。
ママはこれから毎日、雑巾がけするそうです。
玄関が明るくてきれいだと、一家の運が良くなるのだとか。
パパも気をつけて、きれいに使わなくてはですね。

|

February 21, 2015

チェスト

K5px3776r
PENTAX K-5 / FA31mm

ママがチェストを買ってきました。
近くのスーパーで安売りしているのを見つけて、「カードを使うと5%引きデー」に購入したのです。
なんでも、もともとは大手の家具屋さんに置いてあった品で、スーパーの担当の人が在庫放出で仕入れてきて、定価の半額で売り出したのだそうです。
そこからさらに値引きしてもらって、その上5%引きデーに買ったということですから、なにやら、
「半値八掛け二割引き」
みたいな話ですね。
お得なお買い物ができて、ママはすっかりご満悦。
「こういう古い家には、ぴったりだと思わない?」
と言いながら、さっそく玄関に置いて、いとしげに拭いているのでした。

|

May 22, 2014

ママの手製物置

K5px9918rr
PENTAX K-5 / FA31mm

これまで窓の外に乱雑に置かれていたバケツやおもちゃを整理しようと、ママが物置を作りました。
自分で図面を引き、DIYの店で板を買ってきて、2日間かかって完成させた大作です。
きずなも釘打ちをお手伝い。
無事にできあがってうれしそうです。

K5px9921rr
PENTAX K-5 / FA31mm

こんな感じに、窓の下に収まります。
木の感じがいいですね。
ついでに不要品も整理して、いらなくなったワンコ用グッズも捨てたり、人に差し上げたり。
きれいになった庭で、ママはお友達を呼んでティーパーティーを開くのでした。

今回ちょっと気分を変えて、写真の表示を大きくしました。
一方、これまであった、写真をクリックすると拡大表示する機能はなくなっています。
これらの変更は、ブログを元にEpubで電子本をつくる際の、作業効率を上げるため。
できた本はiPadに入れて、きずなの毎年の成長の記録として、家族で読み返しているのでした。

|

より以前の記事一覧