Posts categorized "日記・コラム・つぶやき"

December 01, 2018

ピンホールメガネ

Al004470_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

ピンホールメガネを買いました。
黒いプラスチック製の板にたくさんの小さな穴が開いたもの。
特に「こうしよう」という目的があって買ったわけではなくて、どんな風に見えるのか興味を持ったため。
中国製のものが何種類か出ているようで、こちらは「KIMIHE」というメーカーの、アマゾンで595円のもの。
安いですねえ。
送料無料でしたから、実質100円かそこらかも。

Al004456_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

パパがいじっていたら、
「それ、なに?」
ときずなが興味を示したので、
「メガネ。つけてごらん」
と渡してみます。

Al004464_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

「ふうん」
と興味津々でいじくり回した後で、装着。
ピンホールメガネでは小さなピンホールを通して物を見るので、見え方はカメラの絞りを絞り込んだときのように、光量が減る代わりに焦点深度が深くなります。
近視や老眼の人の場合、それによって見える範囲が広くなるという仕組み。
「目が楽になり、視力が回復する」
という謳い文句の健康器具です。

Al004458_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

見た目はサングラスですねえ。
きずなもちょっと前までは顔が小さすぎてサングラスなんてつけるとおかしかったものですが、そろそろ大人に近くなってきたのか、ポーズを決めるとなかなかカッコいいです。

Al004465_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

パパがつけたところ。
ママときずなによれば、
「怪しいおじさん」
とのこと(笑)。
つけると、確かに目の焦点が合う範囲は広くなるのですが、穴ボコだらけの板越しに見るのは見づらくて、メガネの代わりにはならなそうです。
当面、あまり使いみちはなさそうですが、安かったし、家族に受けたので「まあ、よし」としましょうか。
でも100円ショップでも売っているみたいなので、そっちでよかったかも…(^^;)。

|

November 25, 2018

芋煮会

Al004349_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

母が入居している老人ホームで、毎年秋の恒例の「芋煮会」があり、家族3人でお邪魔しました。
筆者宅からホームまでは2キロほど。
普段は自転車か自動車で行っていますが、芋煮会ではお酒も出るので、歩いて行くことに。

Al004374_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

きずなは途中、あちこちで寄り道。
途中、山茶花(さざんか)が咲いていれば、
「ツバキとサザンカって、どうやって見分けるの?」
と言い出し、パパはその場でスマホで音声検索。

Al004356_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

ツバキは冬から春にかけて咲くけれども、サザンカが咲くのは秋から冬にかけて。
ツバキは花が落ちるときはまるごと落ちるけれども、サザンカは花びら1枚ずつ。
ツバキよりサザンカのほうが葉のギザギザが深く、葉脈が明るい色をしている。
などが見分け方だそうです。
どちらもツバキ科ツバキ属だけに、微妙な違いですね。
11月のこの時期に咲いているのは、主にサザンカのようです。

Al004387_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

今度はフェンスにからみついているツルをきずなが見つけ、
「これ、葛粉(くずこ)が採れる、クズじゃない?」
と訊くので、またスマホで検索。

Al004391_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

はい、独特の葉の形は間違いなくクズのようです。
きずな、言い当てて得意そう。
理科でいろいろ習っていますからね。
「クズって秋の七草らしいよ」
とスマホで見たパパが教えたら、
「秋の七草って、あと6個はなんだっけ」
というので、また検索。

イチョウの木を見かけたら、
「イチョウのオスとメス(イチョウにはオスの木とメスの木があるのです)って、どう見分けるの?」
と訊かれ、検索。
葉の真ん中が大きく切れ込んでいるのがメスだそうです。

Al004401_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

そんなことをしている間に遅刻してしまい、ホームに着いたときにはもう芋煮会が始まっていました。
入居者のみなさん、スタッフのみなさん、そして入居者の家族で、広いホールも大賑わいです。

Al004397_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

今年はボランティアのみなさんによる演物はなく、お食事メインの会。
主役の芋煮は、醤油味とみそ味の二つの鍋が用意されています。

Al004402_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

こちら醤油味の芋煮。
筆者はビールとともにいただきました。
おいしかったです。

Al004406_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

きずなも気に入った様子で、よく食べています。

Al004415_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

咀嚼できない母には、流動食仕様の温かいお食事が。

Al004408_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

家族3人で交代しながら、母の口にごはんを運びます。
きずなもがんばってお手伝い。

Al004428_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

ごはんの後に、羊羹(ようかん)のデザート。

Al004430_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

これもこのままだと飲み込めないので、甘い物が好きな母のために、ママがスプーンで羊羹をつぶしてあげます。
母はたくさん食べて満足そう。
食事が終わる頃には、眠そうな顔になっていました。

Al004439_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

2時間ほどで会はお開きに。
母はスタッフの方に部屋に送っていただき、我が家の3人は入居者のみなさんが描いた画や編み物、活けたお花の展示を拝見して、ホームを辞したのでした。
スタッフのみなさん、お忙しい中、ありがとうございました。

|

November 19, 2018

「パスタ ナポレターナ」で誕生祝い

Kp018715_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

11月16日は我が家のママの誕生日。
「ほしいものある?」
と聞いても、
「別にいい」
としか言わないので、今年もプレゼントはバラの花束だけ。

Kp018718_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

写真を撮った後、花束は玄関に飾られます。
前はサプライズで服とかバッグとかプレゼントしていたのですが、
「やっぱり自分で気に入ったのを選ばないと」
ということで――パパ、センスないですからねえ(^^;)――結局、ナシになってしまいました。

Al004270_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

週末の夜、「せめてパーティーっぽいことをしようよ」ということで、3人で家からほど近いイタリアン「パスタ ナポレターナ」さんへ。

Al004272_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

こちらは前にランチにうかがったのですが、ディナーは初めて。
ログハウス風の建物に、おしゃれな内装。
店内にはジャズがかかっています。
大手資本のお店らしいのですが、まだチェーン展開はしていないようです。
そろそろクリスマスの雰囲気ですね。

Al004281_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

シーザーサラダにはテーブルでチーズをおろしてかけてくれます。
この演出が大好きなきずな、テンション急上昇。

Al004292_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

アンティパスタはフライドポテト、フライドチキン、マグロのカルパッチョ。
子どもの好きな定番ですよね。
元気よく食べてます。

Al004301_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

チーズのマルゲリータピザ、パスタアラビアータを頼んで、ちょっと食べたりなかったのでクリームパスタも追加でオーダー。
ゆで加減もちょうど、味もしっかりおいしかったです。
値段も高くなくて、我が家的にはポイント高し、のお店。

Al004336_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

ここはドルチェ(デザート)もおいしいのですが、この日はパスタまででお腹がいっぱいになってしまい、食べずに帰宅。
翌日、ママときずなが2人でアップルパイを焼きました。
中にサツマイモと焼いたリンゴが入っています。
上手にできましたね。
なんだか地味だったけど、家族仲良く、心温まる誕生祝いでした。

|

November 10, 2018

オズの魔法使い

Al004204_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

きずなが通う小学校で、毎年恒例の「第三小学校フェスティバル」という学園祭がありました。
生徒たちがそれぞれ教室を飾り付け、クラスごとに発表会や演物を行うというもの。

Al004208_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

5年生のきずなは、今年は学年全部が4組に分かれて、同じ劇を演じます。
「オズの魔法使い」で、なんと英語劇。
行ってみたら、出演は次の回ということで、受付をしていました。

Kp018394_r
PENTAX KP / DA55-300mm RE

しばらくしてきずなの回になり、楽屋へ。
といっても教室の中で演じるので、自分たちで作った衝立の裏です。
きずなの役は「北の魔女」なので、魔法の杖を持っています。

Al004218_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

さあ、いよいよ開幕。
教室は観客でいっぱい。
父兄と他の学年の子どもたちです。
先生が、
「そっち、もっと詰めて!」
と懸命に誘導します。

Al004221_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

子どもたち、英語でがんばっています。
主人公のドロシーが竜巻でオズの国に飛ばされて倒れているところに、北の良い魔女が登場。

Kp018406_r
PENTAX KP / DA55-300mm RE

目を覚ましたドロシーに、
「故郷のカンザスに帰るためには、エメラルドの都に行ってオズの魔法使いに頼まなくては」
と教え――

Kp018410_r
PENTAX KP / DA55-300mm RE

不思議な力を持つ、銀の靴を授けます。

Kp018411_r
PENTAX KP / DA55-300mm RE

以上で、出番終了。
ササッと楽屋へ戻ります。

Al004231_r
SONY α7Ⅲ / SAMYANG AF24mm F2.8

劇は全部で15分ほど。
ドロシーはその後、カカシやブリキの木こりやライオンとの冒険の末に、西の悪い魔女を倒して、オズの魔法使いに会い、無事にカンザスに帰ることができたのでした…パチ、パチ。
ということで、全員で舞台挨拶。

Kp018426_r
PENTAX KP / DA55-300mm RE

映画『オズの魔法使い』で歌われた、『オーバー・ザ・レインボウ(虹の彼方に)』を合唱。

Kp018427_r
PENTAX KP / DA55-300mm RE

「ありがとうございました!」
とみんなでお辞儀して、無事に劇は終了。

英語で劇ができるようになるなんて、成長しましたよね。
きずなは小5なので、
「このフェスティバルに来れるのも、あと1回だけだね」
と、ママがしみじみしていました。
小1で入学したときには先輩に劇で歓迎され、小2のときは自分たちが劇で新入生を歓迎。
今はこうして、下の学年の子たちを観客にがんばっているわけで。
なにはともあれ、おつかれさま。

|

November 07, 2018

ちょんまげ!

Kp018389_r_4
PENTAX KP / FA31mm F1.8

ある日、2階でPCとにらめっこしていると、下からケラケラ笑う声が聞こえてきました。
「パパ、来てきて!」
笑いながらママが呼んでいます。
「いったい何?」
仕方ないので降りていってみると…

Kp018390_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

「ちょんまげ!」
と言いながら、きずなが髪の毛をお団子に結んだところに蛍光ペンを差して、ポーズ。
はあ。

Kp018391_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

「……これやって笑ってたの?」
「うん! パパはできないでしょ!」
「まあね」
確かに、髪の毛がちょっと足りませんからねえ。
リクエストに応えて写真を撮ってあげると、きずなは満足した様子で、ちょんまげ姿のまま塾の宿題を始めるのでした。

|

November 04, 2018

入浴剤

Al004198_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

ある日、買い物から帰ったママが、
「ごめーん、ちょっと贅沢しちゃった」
と、何やら嬉しげに買物袋を見せてくれました。
中に入っていたのは、入浴剤のセット。
それも2組。

Kp018382_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

実は最近、きずなが入浴剤に凝っていて、日替わりで「○○温泉」「△△温泉」といった袋を選んではお風呂に入れて喜んでいたのです。
ママによると、
最初にペットボトルに入れてお湯を足し、濃い色のを作っては、
「墨流しみたい」
などと言いながら、それでお風呂に模様を描いて遊んでいるのだとか。

Kp018383_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

ママは最初はそれを見て、
「もう。早く入ってほしいのに、毎回やるんだから」
とぶつぶつ言っていたのですが…
途中から、
「でも毎日勉強で、他に楽しみがないものね」
と意見が変わったようです。

Kp018387_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

きずなはもちろん、大喜び。
カメラマンのパパに向かい、ママがデパートで買ったクッキーのセットみたいに盛り付けた入浴剤を両手で抱えて、うれしそうにポーズをとってくれるのでした。

|

October 23, 2018

バーベキュー

Kp018324_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

今週末の首都圏は久しぶりに2日連続で晴れました。
季節もいいし、できたらどこかに紅葉でも見に行きたかったのですが、受験生のきずなは忙しくて出かけられません。
せめてもの気分転換に、庭でバーベキューをすることに。

Kp018337_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

きずなの希望で肉の他にマシュマロを買ってきて、それを竹串に刺して焼きます。
なんでも、ママの妹さんの旦那さんがマシュマロ焼きの達人で、きずなは達人直伝でおいしい焼き方を教わったのだそうです。

Kp018328_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

あ、でも、ちょっと焦げちゃったかも(笑)。

Kp018355_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

ソーセージや庭で穫れたナス、ジャガイモ、肉詰めピーマン、スーパーで安く売っていた黒毛和牛、などをいただきました。

Kp018344_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

庭の畑に、夏の終わり頃に植えたゴーヤが、小さな実をつけていました。

Kp018349_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

せっかくなので収穫。

Kp018351_r
PENTAX KP / FA31mm F1.8

「穫れたよ」
とうれしそう。
これは明日にでも、チャンプルーにしていただきましょう。
小一時間バーベキューして、きずなは勉強のため室内へ。
本当にがんばり屋さんです。
怠け者のパパはというと、暗くなってきた庭でのんびりお酒を飲みながら、秋の夕暮れを楽しんだのでした。

|

October 01, 2018

母の誕生日

Al004028_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

9月28日は筆者の母の誕生日。
今年で89歳になりました。
家族で「おめでとう」を言いに行くとき、ちょうど家の門の横のキンモクセイが満開だったので、一枝持っていくことにしました。

Al004031_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

このキンモクセイはきずなが生まれたときに植えたもの。
きずなが3歳のときに、それについての記事を書いています。

Al004033_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

今は10歳。
本人も、キンモクセイも元気です。
(なお今回の写真、写すとき露出補正がマイナス3になっていて、それを後から補正したので、色が変になっています…お恥ずかしい(^^;))

Al004037_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

切った枝を、母が暮らす老人ホームへ。
きずなは0歳のときからここを訪ねてきているので、スタッフの方たちとも顔なじみ。

Al004041_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

最近は話しかけてもなかなか反応しなくなった母ですが、
「おばあちゃん、いい匂いだよ」
と、きずながキンモクセイの枝を鼻に近づけると、
「ああ」
と小さな声を出したのでした。

|

September 28, 2018

お彼岸

Kp018032_r
PENTAX KP / DA40mm

秋分の日に、鎌ヶ谷にある亡父のお墓参りに行ってきました。
お彼岸とあって、墓地は大変なにぎわい……って、ちょっと言い方が変かな。
とにかく人が多かったです。

Kp018033_r
PENTAX KP / DA40mm

墓地の管理会社のスタッフが、お参りする人たちに缶ジュースやお茶のサービスをしていました。
ポップコーンもその場で作ったのを無料で配っていて、きずなは大喜び。

Kp018036_r
PENTAX KP / DA40mm

さらに一家族一袋限定で、地元の名産の梨までいただいてしまいました。
ありがとうございます。

Kp018040_r
PENTAX KP / DA40mm

親子3人でお墓をきれいに拭いて、お花をお供え。

Kp018041_r
PENTAX KP / DA40mm

手を合わせて、なむなむ。
亡き父も孫娘が来て、きっと喜んでいるでしょう。

その後はいつものタイ料理屋さんでいつものタイラーメンとタイチャーハンを食べ、有料老人ホームにいる母にお墓参りの報告をして、家路についたのでした。

|

September 13, 2018

チェストバッグの種類と使い方

B072BWPN3H

アマゾンでチェストバッグを買いました。
メーカー名が「LC Prime」で、実物には「KAKA」というロゴがついています。

Al003988_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

裏から見るとこんな感じ。
バッグ本体の上からスリングが伸びていて、バッグの底につながるところは左右両方にリングがついており、使う人の好みでどちらかにフックをはめるようになっています。

Al003989_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

メイド・イン・チャイナで、中国語のタグもついていたので、たぶん中国メーカーの製品でしょう。
値段もタイムセールで2000円台とお手頃でしたが、内部も含め、生地と作りはなかなかしっかりしています。

Al004007_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

問題は使い方。
こんなふうに肩に引っかけて使うこともできますが、これだと肩から滑り落ちてしまうので、片手でスリングをつかんでいなければなりません。

Al003992_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

「チェストバッグ」というくらいだし、やっぱり胸にバッグがくるよう、首をスリングに通して使うものだろう――と思って上の写真のように使っていたら、奥様から「ださい」とクレームがつきました(^^;)。

Al003998_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

「若い人はもっと下にして使ってるよ」
というのです。
上の写真のように腰のあたりにバッグがくるようにするか、それとも下の写真のように背中にくるようにするのが、正しい使い方では? という意見。

Al004004_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

なるほど。
確かに背中にバッグを回す使い方もできますね。

Kb6bzcsgsfqg_ux970_ttw__r
アマゾンの商品サイトより

言われて気になって、ネットでチェストバッグの使い方を調べてみました。
そうしたら、筆者が買ったバッグのサイトには、上のような写真が。
このバッグについては、最初のように首を通して胸の前に来るようにするのが、メーカーが想定している使い方のようです。

でもちょっと調べると、一口にチェストバッグといってもいろいろなタイプの製品があることがわかりました。

41crumtovyl_r
アマゾンの商品サイトより

たとえばこちらの製品は、両腕を通して使うようです。
このタイプの製品も数多く出ています。

61zvtmfwycl_sl1001__r
アマゾンの商品サイトより

こちらの製品は薄くできていて、脇の下あたり、それもジャケットの内側で使うことを提案しています。

71m4kddrdel_ul1500__r2
アマゾンの商品サイトより

こちらもチェストバッグですが、肩掛けを推奨している模様。
「でもそれだとショルダーバッグなんじゃ」
という気もしますが。

51tnaudqrjl_ul1500__r
アマゾンの商品サイトより

こちらはトレッキングや登山に使われていて、チェストバッグの中では有名らしい、「パーゴワークス」の「パスファインダー」という製品。
使い方の写真はありませんでしたが、形状からすると首からかけるか、リュックサックのスリングにフックして使うように思われます。
登山用なので、リュックサックと併用することが前提なのでしょう。

筆者などは、
「歩くとき邪魔にならない」
「カメラやスマホを入れておいて、必要なときにサッと取り出す」
「つけ外しが簡単」
という条件で製品を探したのですが、本格的な登山やトレッキングだと、ずれたりブラブラしては使いにくいので、脱着が多少手間でも、しっかり体に固定できる製品が評価されるようです。

結局のところ「チェストバッグとはこう使うものだ」という決まりなどはなくて、使う人がそれぞれのポリシーで製品と使い方を決めるもののようだ――とわかったのでした。

ちなみに先日、酔っ払って終電を逃してJR松戸駅から歩いて帰ったとき、何かに蹴つまづいて前のめりに転んだのですが、本が3冊入ったバッグを胸に下げていたおかげで、顔面を強打しないで済みました。
後で鏡を見たら、胸の下あたりにアザができていました(^^;)。

|

より以前の記事一覧