Posts categorized "旅行・地域"

August 30, 2017

守谷海岸

P8281800r
OLYMPAS TG-1

夏休みもそろそろ終わりというこの時期、毎年恒例の守谷海岸へ海水浴に行ってきました。
早朝に出発すれば、松戸市の筆者宅から車で2時間ほど。

P8281642r
OLYMPAS TG-1

今回はきずなのお友達も来てくれました。
テントを設営し、みんなで日焼け止めを塗って、海へ。

P8281638r
OLYMPAS TG-1

フローティングベストをつけると、浮き輪がいらないので便利。

P8281648r
OLYMPAS TG-1

でも朝方は水温が低く、子供たちは寒くなってしまって、砂に埋まって温まります。

P8281674r
OLYMPAS TG-1

温まったところで、今度は磯の潮溜まりへ。

P8281678r
OLYMPAS TG-1

シュノーケルをつけて水遊び。

P8281697r
OLYMPAS TG-1

仲良しです。

P8281702r
OLYMPAS TG-1

釣りの用意もしてきました。
前回は釣れなかったきずな、今度こそはと意気込みますが…

P8281704r
OLYMPAS TG-1

「釣れた!」
と思った魚が、網に入れようとしたところで逃げてしまい、大ショック。

P8281712r
OLYMPAS TG-1

それを尻目に、釣りは初体験のお友達が、先にクサフグをゲット!

P8281706r
OLYMPAS TG-1

すっかりいじけてしまう、きずな(^^;)。

P8281728r
OLYMPAS TG-1

しかし、あきらめずに再挑戦して、ついにお魚を釣り上げ!

P8281731r
OLYMPAS TG-1

ニシキベラのようです。
きずな、満面の笑顔。
よかったね。

P8281762r
OLYMPAS TG-1

その後もみんなでクサフグや、アナハゼ(たぶん)などを釣り上げました。
しかしフグが糸を噛み切るようで、3回ぐらい仕掛けを付け直すことに。
釣った魚は今回も、みんな逃しました。

P8281770r
OLYMPAS TG-1

満足して、ママの用意したおにぎりでお昼ごはん。

P8281666r
OLYMPAS TG-1

その後も、ビーチボールをしたり…

P8281778r
OLYMPAS TG-1

2人で海で引っ張っこしたり。

P8281773r
OLYMPAS TG-1

夕方近くまで遊び、人が減り始めた海水浴場を後にしたのでした。
今年の夏も、もう終わり。
でも最後にまた1つ、夏の思い出ができましたね。

|

August 27, 2017

仁右衛門島

P8251610r
OLYMPAS TG-1

鴨川市にある仁右衛門島(にえもんじま)に行ってきました。
千葉県で一番大きな島で、「新日本百景」にも選ばれたという千葉県指定の名勝です。
NHKの番組で見たきずなが、
「ここ、行ってみたい」
と言い出したのがきっかけ。
松戸市の自宅を朝6時に出て、館山道の君津ICから房総スカイライン経由で2時間20分ほどで到着。

P8251430r
OLYMPAS TG-1

島は鴨川市の太海漁協さんの建物のそば。
本土の間に道はなく、ここの駐車場に車を停めて(1日1000円)、手漕ぎの連絡船で渡ります。
島に行く前に漁協でお手洗いがないか訊ねたら、
「島内にあります」
とのことでしたが……
島のトイレはきれいとは言いにくいので、渡し船乗り場に来る前にどこかで済ませておくことをお勧めします。

P8251436r
OLYMPAS TG-1

渡し船には時刻表があるわけではなく、朝の8時半頃から、待っている乗客がいると来てくれるそうです。
島からの最終便は4時半。

P8251438r
OLYMPAS TG-1

荷物を持って船に乗り込み…

P8251444r
OLYMPAS TG-1

2人の船頭さんが扱う櫓(ろ)で、島へ。
ほんの数分の船旅です。

P8251449r
OLYMPAS TG-1

到着したら受付で料金を支払い、入島。
大人1350円、子供950円。

P8251456r
OLYMPAS TG-1

最初に島を探検してみることにしました。
仁右衛門島は1周およそ4キロ。
島内唯一の道が島の上部に通じています。

P8251462r
OLYMPAS TG-1

途中、源頼朝が隠れたという、頼朝のかくれあなや…

P8251476r
OLYMPAS TG-1

日蓮上人が朝日を仰いだという、神楽岩。

P8251481r
OLYMPAS TG-1

弁天さまを祀った祠、などがあります。

P8251483r
OLYMPAS TG-1

突き当りが展望所。
対岸の町が見えます。

P8251488r
OLYMPAS TG-1

仁右衛門島は全体が砂岩でできており、周囲のあちこちに潮溜まりができています。

P8251493r
OLYMPAS TG-1

細い水路に網をしかけて、ハゼの追い込み漁。

P8251498r
OLYMPAS TG-1

落ちていた石ころで、岩についた貝をこそげ落とす、きずな。

P8251500r
OLYMPAS TG-1

んー、これはキクノハナガイでしょうか。
きずなは、
「『無人島ゼロ円生活』で、森泉ちゃんが食べてた」
というのですが……
ヒザラガイは食べられるらしいですが、これはどうでしょうね。

P8251492r
OLYMPAS TG-1

きずなの収穫物。
ヤドカリたくさん、ハゼ数匹、カニ、キクノハナガイ、その他。

P8251530r
OLYMPAS TG-1

「うちでは飼えないし、死なせたらかわいそうでしょ」
とパパに言われて、採ったものを海に返します。
「うちに水槽があったら飼えるのに」
と残念そう。
いやいや。
海に行くたびにいろいろ採って持ち帰ってたら、いくつ水槽があっても足りませんよ。

P8251537r
OLYMPAS TG-1

続いて磯釣りに挑戦。

P8251541r
OLYMPAS TG-1

今回の餌はさけるチーズ。
でもしばらくやっていても釣れないので、飽きてしまい、パパにバトンタッチ。

P8251542r
OLYMPAS TG-1

代わったパパが小さなフグを釣り上げます。
クサフグですね。
毒があって食べられません。

P8251544r
OLYMPAS TG-1

針を外そうとしてつかむと、プーッとふくれて威嚇。
きずな、
「かわいい!」
と大受け。

P8251547r
OLYMPAS TG-1

その後、もう1匹釣れました。
「パパ、フグ釣り名人だね!」
んー、そうかなあ(^^;)。
これもその後、逃しました。

P8251549r
OLYMPAS TG-1

今度は潮溜まりでシュノーケリング。

P8251510r
OLYMPAS TG-1

透明度はまあまあ。
さっきのクサフグはじめ、小さな魚影がたくさん見られます。
写真はニシキベラでしょうか。

P8251578r
OLYMPAS TG-1

ママがウミウシを発見。
数匹が群れていました。
アオウミウシだと思います……たぶん(^^;)。

P8251596r
OLYMPAS TG-1

仁右衛門島の潮溜まりは浅くて温かく、いつもは「寒い」と言ってシュノーケリングを嫌がるきずなもご機嫌。

P8251594r
OLYMPAS TG-1

今回はフローティングベストもあるので、仰向けにプカプカ浮いていられます。

P8251515r
OLYMPAS TG-1

朝午後2時過ぎになって、あがることにしました。

P8251607r
OLYMPAS TG-1

島見学ツアーらしい小学生の団体と一緒に、帰りの船へ。
仁右衛門島を後にします。
「いいとこだったけど、トイレがねえ…」
というのが、ママの感想(^^;)。
館山の沖ノ島もそうだったんですよねえ。
下水道が通っていないので、必然的に汲み取り式になってしまうのでしょう。
島の最大の難点かもしれません。

P8251616r
OLYMPAS TG-1

漁協の駐車場を出て、お腹が空いたし、トイレにも行きたいので、車で数分の鴨川の道の駅、「鴨川オーシャンパーク」さんへ。

P8251625r
OLYMPAS TG-1

食堂で「ひかり丼」をいただきました。
刺し身と酢じめが載った丼。
筆者的には桜でんぶが甘すぎでしたが、お魚はおいしかったです。
これにお味噌汁にお漬物、それに外房名物のイワシのゴマ漬けがついて――酢じめと味がかぶっていましたが(^^;)――950円なら、海辺の観光地としては、良心価格ではないでしょうか。

P8251627r
OLYMPAS TG-1

たっぷり食べたきずなは、もう眠そう。
まる1日遊んだ、充実した日帰り海水浴となりました。

|

August 20, 2017

お盆休み 5

Kp011628r
PENTAX KP / FA43mm

1週間のお盆休みも、いよいよ最終日。
お客さまはみな帰ってしまい、天気もよくなかったので、きずなは午前中、溜まってしまった夏休みの勉強をこなします。

Kp011740r
PENTAX KP / FA43mm

お昼はきずなの希望で、高原の洋食店「ザンガラ」さんへ。

Kp011730r
PENTAX KP / FA43mm

ザンガラさんの名物、大好きな胡椒ソースのハンバーグを食べて、名残りを惜しみます。

Kp011743r
PENTAX KP / FA43mm

北軽井沢交差点の「久保農園」さんで、おみやげにキャベツとトウモロコシを購入、高原を後にしました。

Kp011746r
PENTAX KP / FA43mm

そのまま帰ると渋滞にあたってしまうので、立ち寄る場所を探し、上野村の鍾乳洞「不二洞」へ行くことに。
上野村は山の中にあり、30年ほど昔、村の中の御巣鷹という山にジャンボジェット機が墜落したことで知られています。
軽井沢からは車で1時間ほど。

Kp011763r
PENTAX KP / FA43mm

ここ不二洞は、関東一の規模の鍾乳洞とのことです。
かつてはお坊さんが修行に使っていて、洞窟内の各所に、仏教ゆかりの名前がつけられています。
入場料は大人800円。
お盆休みも終わりでしたが、駐車場には10台ぐらい車が停まっていました。

Kp011768r
PENTAX KP / FA43mm

入口はコンクリートで固められ、金属のドアがつけられています。
内部の気温は1年中11度とのこと。

Kp011771r
PENTAX KP / FA43mm

扉を抜けると、トンネル。
その先にもう一つ扉があって…

Kp011777r
PENTAX KP / FA43mm

そこを抜けると鍾乳洞。
内部はカラフルにライトアップされています。

Kp011810r
PENTAX KP / FA43mm

洞窟内には通路や階段が縱橫に設けられ、天井から水が落ちてくるところには覆いがかけられていました。

Kp011825r
PENTAX KP / FA43mm

その中を「順路」という看板に沿って進んでいきます。
アップダウンが多く体を使うためか、寒さは感じませんでした。

Kp011798r
PENTAX KP / FA43mm

各所に怪しげな名前が。

Kp011817r
PENTAX KP / FA43mm

ここは撮影スポット。
全体に観光用という印象があって、お客さまを楽しませようという気持ちは感じられるのですが、ママときずなは、
「テレビで見た鍾乳洞みたいに神秘的なムードなのかと思ってたのに」
と、やや不満そう。
まあでも、洞窟初体験にはよかったのではないでしょうか。

Kp011871r
PENTAX KP / FA43mm

この洞窟は山の絶壁にあって、一帯は「川和自然公園」になっています。
沢を隔てて反対側にはキャンプ場があり、合わせて、「天空回廊」と命名されています。

Kp011845r
PENTAX KP / FA43mm

2つの施設をつなぐ吊り橋、「上野スカイブリッジ」。
橋のたもとに料金箱があって、
「1人1往復100円をお支払ください」
とアナウンスが流れています。

Kp011847r
PENTAX KP / FA43mm

3人で300円を箱に入れて、対岸へ。

Kp011859r
PENTAX KP / FA43mm

こちらのキャンプ場は「まほーばの森」と命名されています。
橋からはトンネルを抜けていきます。

Kp011865r
PENTAX KP / FA43mm

トンネル内もカラフルにライトアップ。

Kp011870r
PENTAX KP / FA43mm

トンネルを抜けた先には、立派なキャンプ施設が。
こちらが管理棟で、トイレや食堂もついています。
斜面の上のほうには、宿泊用のコテージが並んでいました。
こちらに泊まって、橋を渡って洞窟見物というのもありですね。

Kp011876r
PENTAX KP / FA43mm

洞窟を見たり橋を渡ったりで、思いの外時間が過ぎ、時刻はもう夕方。
洞窟に向かう途中に立派な道の駅があったのですが、営業時間は夕方5時半までで、帰りに寄ったらもう閉まっていました。
道の駅の近くに「しおじの湯」という温泉施設の看板があり、電話したらまだ営業しているとのことなので、行ってみることに。

Kp011879r
PENTAX KP / FA43mm

こちらが「浜平温泉 しおじの湯」さん。
低温の鉱泉を沸かして使っているようです。
この鉱泉は「メタケイ酸」という成分を多く含み、飲むと肌によいとのこと。
町営の施設らしく、大人500円と格安。
受付の方がとても親切にしてくださいました。

Kp011891r
PENTAX KP / FA43mm

こちらの施設は神流川という川のほとりにあって、露天風呂から流れが見下ろせます。
館内の食堂には京都鴨川の納涼床のような、川に面したお座敷テラスも。

Kp011885r
PENTAX KP / FA43mm

テラス席で上野村の名物、「イノブタ」の生姜焼き丼をいただきました。
クセがなく、おいしかったです。

Kp011895r
PENTAX KP / FA43mm

お腹いっぱい、温泉にも入れて、
「上野村、いいとこだったね」
と言い合いながら、家路についたのでした。

|

August 17, 2017

お盆休み 3

Kp011413r
PENTAX KP / FA43mm

お盆休み4日め。
友人一家は帰宅し、代わってママの妹さんご夫妻と、おじいちゃん、おばあちゃんが来てくれました。
いつも実家できずなと遊んでいる、イトコのコトちゃんも一緒です。
きずなはおねえさんらしく、図書館で借りた絵本の読み聞かせ。

Kp011549r
PENTAX KP / FA43mm

この日は北軽井沢は雨模様だったのですが、地蔵峠のある湯の丸高原まで行くと、雨はやんでいました。
山の天気って、場所によってずいぶん違いますよね。

Kp011430r
PENTAX KP / FA43mm

なにはともあれ、みんなで高原名物のソフトクリームをいただきます。

Kp011450r
PENTAX KP / FA43mm

冬はスキー場になる斜面に、夏には牛が放牧されています。
近づいたきずな、近くに生えていた草で親睦を図りますが、
「ハエがいた」
とすぐに逃げ帰ってきました(^^;)。

Kp011472r
PENTAX KP / FA43mm

この日はスキー場のリフトが1つだけ運行していました。
子供たちはもちろん、乗りたくてしかたありません。
ママたちにおねだりして、乗せてもらえることに。

Kp011482r
PENTAX KP / FA43mm

牛さんの横を通って、斜面の上へ。

Kp011513r
PENTAX KP / FA43mm

登頂記念に、みんなでバンザイ。

Kp011554r
PENTAX KP / FA43mm

おじいちゃん、おばあちゃんともパチリ。
青空が見えています。

Kp011571r
PENTAX KP / FA43mm

その後、峠を越えて、「アトリエ・ド・フロマージュ」さんの本店へ。
本店は東御市にあるのです。

Kp011559r
PENTAX KP / FA43mm

子ヤギさんの小屋があったので、さっそく餌やり。
チーズを買って、レストランで昼食と思っていたのですが、1時間待ちとのことで、あきらめて嬬恋側に戻ります。

Kp011576r
PENTAX KP / FA43mm

「嬬恋高原ブルワリー」さんへ。
こちらも人気店ですが、時間が中途半端だったので、比較的早く入店できました。

Kp011599r
PENTAX KP / FA43mm

店内から高原の景色が見渡せます。

Kp011589r
PENTAX KP / FA43mm

きずなはここでも好物の「マルガリータ」のピザ。

Kp011606r
PENTAX KP / FA43mm

部屋に戻り、ママ、コトちゃんのペアと、ウノ。

Kp011618r
PENTAX KP / FA43mm

ママ、コトちゃん組が3連勝。
きずな、悔しくて泣き出してしまいます。

Kp011626r
PENTAX KP / FA43mm

今度はきずなが連勝。
するとコトちゃんが泣き出してしまい、ママときずながなぐさめます。
女の子のゲームはなかなか大変ですね。

Kp011666r
PENTAX KP / FA43mm

お盆休み5日め。
コトちゃんたちは帰宅。
おじいちゃん、おばあちゃんが残ってくれて、きずなの散歩におつきあい。

Kp011686r
PENTAX KP / FA43mm

この日は中軽井沢の西にある、小諸市に遠征。
「あぐりの湯」という町営の温泉施設に行ってみました。

Kp011688r
PENTAX KP / FA43mm

とても立派な施設で、浅間山麓の眺望が抜群。
露天風呂やサウナがついて大人500円ですから、コストパフォーマンスも抜群ですね。

Kp011700r
PENTAX KP / FA43mm

この日は温泉施設内の食堂でお食事。
パパは肉うどん600円、ママは親子丼600円、きずなはネギトロ丼750円。
軽井沢と違ってリーズナブルです。

Kp011707r
PENTAX KP / FA43mm

最後までいてくれたおじいちゃん、おばあちゃんも、この日でお別れ。
まあ、家に戻ってもまたすぐ会えるんですが。
お休みも、そろそろ終わりに近づいてきて、なんだかさびしい気分。

|

August 14, 2017

お盆休み 2

Kp011230r
PENTAX KP / FA43mm

お盆休み3日め。
この日は遊びに来てくれた筆者の旧友一家と、八ッ場(やんば)ダムの見学へ。
7~9月の期間限定で、普段は立入禁止の工事現場を無料で見学できるツアーが開かれているのです。

Kp011135r
PENTAX KP / FA43mm

お盆休みとあって、筆者たちが到着したときにはもう、受付前にかなりの列。
1回30人までと聞いていたので、
「こりゃダメかな」
と覚悟したのですが、なんとか初回のツアーに滑り込むことができました。

Kp011146r
PENTAX KP / FA43mm

現場に入る前に、まずは安全のためにヘルメットを装着。
ガイドの方が鍵を開け、いよいよ工事現場へ。

Kp011157r
PENTAX KP / FA43mm

垂直に近い崖に設置された通路を進んでいきます。
実際に水が溜まったら、この通路の少し下の高さまで水がくるそうです。

Kp011160r
PENTAX KP / FA43mm

二手に分かれ、順番に鉄骨で組まれた櫓へ。

Kp011167r
PENTAX KP / FA43mm

八ッ場ダムは断面が三角形のコンクリートの堤を持ち、堤の重さで水圧に耐える、重力式コンクリートダムという種類。
下に見えているのが、ダムの堤の工事現場です。

Kp011172r
PENTAX KP / FA43mm

現場の上空をクレーンが通っていて、上からコンクリを下ろしてゆくそうです。

Kp011186r
PENTAX KP / FA43mm

櫓から降りて、見学終了。
きずなは、
「前にNHKで見た爆笑問題のときみたいに、下まで降りていくのかと思った」
と、ちょっと不満そう。
ま、テレビの取材と同じというわけにはいきませんね。

Kp011209r
PENTAX KP / FA43mm

見学した側とは川を隔てて反対側に、「やんば見放台」という、八ッ場ダムの展望台が。
せっかくなので、こちらも行ってみました。

Kp011219r
PENTAX KP / FA43mm

階段の上が広場になっていて、入場無料の上、望遠鏡も無料。
サービスいいです。

Kp011227r
PENTAX KP / FA43mm

展望台から見下ろす、吾妻渓谷。
写真の橋の道路の下まで水がくるそうなので、この景色も数年後には水の底ですね。
ダムが完成したら、また見に来たいと思います。

Kp011260r
PENTAX KP / FA43mm

展望台の下にはトランポリンが置かれていて、きずなは喜んでピョンピョン跳んでいました。

Kp011264r
PENTAX KP / FA43mm

ダム見学の後は六合村に移動し、暮坂峠にある、筆者一押しのお蕎麦屋さん、「くれさか」さんへ。

Kp011268r
PENTAX KP / FA43mm

蕎麦は毎日手打ちされていて、お盆はすぐに売り切れになってしまうのですが、この日は12時前に入ったおかげで、無事に食べられました。
お蕎麦もお漬物も野菜の天ぷらも、いつもおいしいです。

Kp011306r
PENTAX KP / FA43mm

お昼ごはんの後は、近くの「花楽の里」で一休み。

Kp011310r
PENTAX KP / FA43mm

部屋に戻り、しばしボードゲームを楽しみます。

Kp011328r
PENTAX KP / FA43mm

この日の夕ごはんはバーベキュー。
1時間ぐらい前から準備を始めます。
きずなも火をあおいだり…

Kp011325r
PENTAX KP / FA43mm

野菜の皮を剥いたりして、お手伝い。

Kp011336r
PENTAX KP / FA43mm

バーベキューも薪から作ると、木の香りがついておいしいんですよね。

Kp011373r
PENTAX KP / FA43mm

食事の後は、みんなで花火を楽しみました。
今回の滞在中は天気が冴えなかったのですが、この日は一日雨が降ることもなく、無事にバーベキューできてよかったです。

|

August 11, 2017

お盆休み 1

Kp011025r
PENTAX KP / FA43mm

8月中旬、お盆休みをいただいて、例年通り北軽井沢へ涼みに行きました。
夜に到着して次の日は寝坊して、お昼に南軽井沢の発地市場にある、きずなのお気に入りのレストラン、「アトリエ・ド・フロマージュ」さんへ。

Kp011043r
PENTAX KP / FA43mm

お盆とあってそれなりに待ちましたが、テラス席にチーズのパスタが登場。
こちらのお店では、巨大なチーズのかたまりの上で豪快にパスタをからめてくれます。

Kp011047r
PENTAX KP / FA43mm

このチーズがおいしいんです。
念願がかなったきずな、がっつりほおばってうれしそう。

Kp011054r
PENTAX KP / FA43mm

食後、中軽井沢駅の図書館に寄って、本をお借りしました。
ここは住民票がない別荘住民でも貸し出してくださるので、長期滞在の折にはとてもありがたい存在です。
天気が悪いと、やることがありませんものね。

Kp011059r
PENTAX KP / FA43mm

きずなも4年生になって、すっかり本好きに。
『殺人よこんにちは』なんてタイトルの本を持ってこられて、
ママはかたまっていましたけども(笑)。

Kp011065r
PENTAX KP / FA43mm

この日は昼間から霧が出ていました。
図書館の前のラーメン店「房's」さんは、どうやら休業してしまったようですねえ。
家族みんな好きだったので、残念。

Kp011085r
PENTAX KP / FA43mm

翌日。
この日は恒例の魚のつかみ取り大会がありました。
昨年は1匹も獲れなかったきずな、「今年こそは」と水に入りますが…

Kp011092r
PENTAX KP / FA43mm

「水が冷たい」とか言って、なかなか腕を入れようとしません。
んー、もっとがんばらないと捕まらないよ。

Kp011097r
PENTAX KP / FA43mm

それでも、近くの男の子に助けてもらったりして、パパとママの分を合わせて10匹ほどゲット。

Kp011102r

その場でさばいて、主催者の方が用意してくれた炭火で塩焼きにします。
おいしそうですね。
我が家は3匹だけ焼いて、残りはバーベキュー用にキープすることに(^^;)。

Kp011108r
PENTAX KP / FA43mm

川魚の炭火焼きは大好物のきずなですが、自分のつかみ取りに納得がいかなかったのか、今ひとつテンションが上がりません。
また来年がんばろうね。

|

August 07, 2017

熊本 2

Gr006474r
RICOH GR

熊本到着の翌朝、取材の前に時間が空いたので、ホテルの回りを歩いてみました。
熊本市内には市電が走っています。
信用金庫のビルに、おなじみの「くまもん」のイラストと「がんばろう熊本」の文字が。

Gr006471r
RICOH GR

そこから今度は熊本城へ。
熊本城はホテルから歩いてすぐなのですが、震災被害のため、残念ながら現在は入場禁止。
城の脇を川が流れ、川に面して高い石垣が築かれています。

Gr006432r
RICOH GR

お城の回りにいたボランティアの方に、
「一番近くから見られる場所はどこですか」
と訊ねると、
「そこの坂を上がったところです」
とのことでした。
神社の横を通って、坂を上っていきます。

Gr006435r
RICOH GR

途中、熊本美術館にて開催中の「エヴァンゲリヲンと日本刀展」という美術展の看板を発見。
はて。
エヴァンゲリヲンって、日本刀出てきましたっけ…?

Gr006436r
RICOH GR

崩れた石垣に覆いがかけられています。

Gr006444r
RICOH GR

物見櫓の下の石垣は崩れたまま。
1年経ってもこの状態ということは、他の被害がひどくて手が回っていないのでしょうね。
ここまで来たところで、別のボランティアの方に、
「お城を見るなら、加藤神社の中からがいいですよ」
と教えていただき、少し戻って神社に向かいます。

Gr006447r
RICOH GR

加藤神社は、このお城を建てた名武将・加藤清正公をお祀りした神社。
清正公は地元で「セイショコさん」と呼ばれていて、毎年7月にはこちらで「セイショコ祭り」が開かれるそうです。

Gr006449r
RICOH GR

境内からお城の本丸が見えました。
今は再建工事の真っ最中。
まるで高層ビルの建築作業現場みたいです。
早く完工するといいですね。

Gr006467r
RICOH GR

その後、グルッとお城の回りを一周しました。
お堀に掛けられた橋の脇に、清正公の像が。
仙台の伊達政宗公もそうですが、何百年も地元で親しまれる武将って、すごいですよね。

Gr006427r
RICOH GR

市内散歩を終え、ホテルに戻ります。
宿泊した「熊本日航ホテル」さんの向かいは、熊本の人なら知らない人はいない名門、「鶴屋百貨店」さん。
ここでお土産を探すことにしました。

Gr006481r
RICOH GR

新館の上の階に東急ハンズさんが入っていて、その一角ではあの「エヴァンゲリヲンと日本刀展」のコラボ企画が。
なぜか綾波さんではなくてアスカさんが眼帯をつけて、独眼竜になってます。
しかし、由緒ある国立熊本美術館で展示会をやるというのに、こんなに脱がせてしまっていいのでしょうか。

Kp011017r
PENTAX KP / FA31mm

鶴屋百貨店さんの地下は、大きな食品売場になっています。
そこで地元名物の「いちょうパイ」と、鶴屋百貨店さん特製の「鶴屋饅頭」を購入。
以前は千両饅頭という名前だったそうです。
ガラス張りの工房で、目の前で焼いてくれます。
おまんじゅうはきずなや、イトコのコトちゃんに大変、好評でした。
「自分用に、馬刺しも買っていけばよかったかな」
と、少し後悔したのでした。

|

August 04, 2017

熊本 1

Gr006479r
RICOH GR

仕事で熊本市に行ってきました。
この街には、学生時代に旅行に来て以来。
上の写真はホテルの窓から見た熊本市街です。
昨年の地震で大きな被害があったことはよく知られていますが、これだけ見るとわかりませんね。

Gr006418r
RICOH GR

今回は、とある協会さんからの依頼で、都内で2件取材、その日の夕方に飛行機で羽田から熊本空港に飛び、1泊して取材、また東京へというスケジュールでした。
到着は夜。
市の中心にある立派なホテルに泊めていただきました。

Gr006406r
RICOH GR

ホテルの近くの通り。
広いアーケードに、たくさんの店が連なっています。

Gr006407r
RICOH GR

その中の、食べログでも高評価という、熊本郷土料理のお店にお邪魔しました。
といっても筆者はごちそうになっただけなのですが…
ごちそうさまです。

Gr006410r
RICOH GR

熊本名物、馬刺し。
クセがなく、脂が乗って、とてもおいしかったです。

Gr006413r
RICOH GR

同じく熊本名物のからし蓮根。
揚げたれんこんの穴に辛子味噌が詰まっています。
辛いのかと思ったらそうでもなくて、食べやすかったです。
そういえば、きずなが好きなTVアニメ『ふるさとめぐり 日本の昔ばなし』で、からし蓮根の由来をやっていましたっけ。
江戸時代、病弱だった肥後の国の藩主・細川忠利公のために、和尚さんが工夫した料理だそうです。

この日は遅かったので食事の後はすぐ寝てしまい、翌日の朝、市内を少し歩きました。

|

July 26, 2017

熱海旅行 2

Gr006194r
RICOH GR

「あじろ磯舟ホテル」さんの朝ごはん。
朝も豪華でした。
でもきずながたくさん残したのをパパが食べたので、お腹いっぱい(^^;)。

Gr006209r
RICOH GR

チェックアウト後、宿から車で3分の網代港へ移動します。
狙うは、昨日の釣りのリベンジ。
ここ網代港には、港内の生け簀で釣りができる、海上釣り堀のお店があるのです。

Gr006210r
RICOH GR

こちらがそのうちの1軒、「太公望」さん。
タイ2匹とアジ5匹が釣れるファミリーコースが、釣り竿1つ、家族3人で6000円。
「じゃらん」で予約すると、割引もあるみたいです。

Gr006223r
RICOH GR

まずはフローティングベストをつけ、釣り方やマナーのレクチャーを受けます。

Gr006225rr
RICOH GR

続いて船で生け簀へ。
前方に見えているのが釣り堀です。

Gr006238r
RICOH GR

網代港内は禁漁だそうで、港内の海も魚影が濃いです。
キビナゴとか、アオリイカとかの群れが来るときもあるそうです。

Gr006240rr
RICOH GR

生け簀に到着。

Gr006248r
RICOH GR

餌のアミを針につけます。
養殖のタイやアジは普段から餌としてアミを投げてもらっているので、これが一番かかりやすいんですね。

Gr006250r
RICOH GR

まずは釣りやすいという、タイの生け簀から。

Gr006255r
RICOH GR

釣り糸を垂らしたら、とたんにヒット。
タイは重いので、竿が折れないよう、ママが網を使って持ち上げます。

Gr006270r
RICOH GR

大きいです。
見事に大物をゲットしたきずな、うれしそう。

Gr006284r
RICOH GR

すぐに制限いっぱいの2匹を釣り上げ、アジの生け簀に移動。
アジはタイより用心深く、すぐには釣れません。
餌のアミで針の先を隠すようにしないと、かからないそうです。

Gr006272r
RICOH GR

きずな、やや苦戦。
スタッフの方たちが親切にいろいろ教えてくれます。

Gr006282r
RICOH GR

指導の甲斐あって、アジがヒット。

Gr006280r
RICOH GR

釣り上げました。
きずな、またもうれしそう。

Gr006296r
RICOH GR

無事、2時間の制限時間内にアジ5匹を釣り上げ、昨日のリベンジを果たしました。
カゴが重そうですね。

Gr006300r
RICOH GR

船で港の店に戻ると、おかみさんが氷を詰めて、魚を締めてくれます。

Gr006301r
RICOH GR

そのままクーラーボックスへ。
希望すれば釣った魚をその場で料理して出してくれるそうですが、我が家は朝ごはんを食べすぎて、全員お腹が空いていなかったので、そちらはパスしました。
タイとアジは、今晩のおかずに回ります。
楽しみですね。

Gr006303r
RICOH GR

熱海を後にし、小田原へ。
めざしたのは、小田原子どもの森公園。

Gr006309r
RICOH GR

ここには全国に展開中の「フォレストアドベンチャー」があるのです。
小学生が挑戦可能なコースとしては一番大きい、とのこと。

Gr006307r
RICOH GR

スカートのきずな、貸していただいたジャージに着替えます。

Gr006312r
RICOH GR

安全のためのハーネスを装着。

Gr006315r
RICOH GR

パパも一緒にアドベンチャーに挑戦します。
ブリーフィングを受け、ハーネスの使い方を練習して、いざコースへ。

Gr006322r
RICOH GR

リングとカラビナで安全を確保し、縄梯子を上ります。

Gr006325r
RICOH GR

樹上の足場に着いたら、張られたワイヤーにプーリーという滑車を装着。

Gr006326r
RICOH GR

ワイヤーをつかみつつ、綱渡りでとなりの木へ。

Gr006329r
RICOH GR

空中の板渡り。
きずな、余裕の表情。

Gr006336r
RICOH GR

ロープを使ってジャンプして、ネットに飛び移ります。

Gr006381r
RICOH GR

これは体操の吊り輪みたいなのに足を入れて、移動するもの。
難しかったです。

Gr006378r
RICOH GR

コースのラストはジップライン。
プーリーを使い、ワイヤーにぶら下がって滑っていくアクティビティ。
きずなは満面の笑顔で、両手を放してバタバタ振っています。
昔、長崎のハウステンボスでは身長制限に引っかかってやらせてもらえなかったのに、大きくなりましたよね。

Gr006401r
RICOH GR

2時間ほどで全コース終了。
スタッフの方に記念写真を撮っていただきました。
きずな、終わってしまうのが残念そう。

Kp010970r
RICOH GR

松戸市の自宅に戻り、氷詰めになっていたタイとアジを、ママが料理してくれました。
きずなもタイのウロコをひくのをお手伝いします。

Kp010983r
PENTAX KP / FA31mm

アジはタタキとアジフライに。
タイはお刺身、かぶと煮、香草焼きに。

Kp010985r
PENTAX KP / FA31mm

どちらも身がふわふわしていて、とってもおいしかったです。
釣れたのが2日めでよかったかも。
かくして今回もまた、思い出に残る楽しい旅行になったのでした。

|

July 23, 2017

熱海旅行 1

Gr006050r
RICOH GR

夏休み最初の週末、家族で熱海に行ってきました。
実はパパが、お仕事の関係である会社さんの熱海の保養施設にお招きにあずかることになり、それに合わせてママときずなが旅行の計画を立てたのです。

Gr006060r
RICOH GR

熱海駅で2人と待ち合わせ、まずは以前にも伺った、「熱海海釣り施設」さんへ。
でも買った釣り竿もあるし、ということで、今回は施設には入場しないで、手前の堤防でサビキ釣りにチャレンジします。

Gr006061r
RICOH GR

ところがこれが、まったく釣れず。
筆者たちだけでなく、回りの人たちも、施設内のみなさんも、まったく当たりが来ない様子。
きずなはすっかり退屈してしまい、周囲が次々撤収していく中、我が家もお昼前には退散。
我が家の釣り史上初めての「ぼうず」となりました(^^;)。

Gr006065r
RICOH GR

気を取り直して、近くで評判のレストランでお昼をいただくことに。
こんな絶景スポットの上にあります。

Gr006080r
RICOH GR

ホテル直営のカフェ「花の妖精」さん。
屋上はこんな感じのテラス席。

Gr006070r
RICOH GR

店内も一面のガラス張り。

Gr006075r
RICOH GR

パパが頼んだのは、ランチの「季節の野菜のカレー」(1700円)。
お値段は高めですが、ホテルカレーの味で、おいしかったです。

Gr006077r
RICOH GR

ママはガーリックトースト、きずなはスコーンを頼みましたが、
「おいしー!」
「バターの味が違う」
とのこと。
熱海に来たら、ここはお勧めかも。

Gr006084r
RICOH GR

お昼を終え、チェックインまで少し時間があったので、熱海からほど近い函南町にある、「酪農王国オラッチェ」さんを訪ねました。

Gr006090r
RICOH GR

ヒツジさんやウサギさんと触れ合ったり…

Gr006098r
RICOH GR

ウシさんの乳しぼりを体験したり。
入場無料で、乳しぼり体験は300円。
全体に良心的な価格設定です。

Gr006114r
RICOH GR

ここでの目玉は、今年はこの日に始まったばかりの「トウモロコシの巨大迷路」。
少し離れた場所にあって、歩いて向かいます。

Gr006115r
RICOH GR

入場料は1人300円。
迷路内にある3か所のスタンプコーナーでスタンプを押し、ゴールをめざします。

Gr006121r_2
RICOH GR

がんばるぞー。

Gr006128r_2
RICOH GR

きずな、先頭に立ってテンション高く進みます。
でも20分くらいしたら疲れてきて、トップはママに交替。

Gr006132r
RICOH GR

途中、泣きが入りながらも、なんとか全スタンプを制覇し、無事ゴールできました。

Gr006117r_2
RICOH GR

タイムカードで時間をチェック。
30分くらいでした。
こんなところでしょうかね。

Gr006137r_2
RICOH GR

迷路をクリアすると、オラッチェ内のクジ引きで景品をもらえます。

Gr006141r
RICOH GR

きずなが3人分引いて、駄菓子2つとコーヒー牛乳をゲット。
喉が乾いていたので、コーヒー牛乳がおいしかったそうです。

Gr006158r
RICOH GR

この日の宿は、ママがネットの評判をチェックして決めた、「あじろ磯舟ホテル」さん。
併設の「あじろ食堂」さんの上にあります。

Gr006162r_2
RICOH GR

お部屋は和室で、全室オーシャンビュー。
12畳もあって広いです。
お掃除が行き届いているようで、アレルギー傾向のきずなもクシャミが出ず。
ママが感激していました。

Gr006148r
RICOH GR

建物は崖沿いにあり、階段を上がってお風呂へ。
敷地内に源泉があり、無加水、かけ流しとのこと。

Gr006155r
RICOH GR

こちらが男性用の露天風呂。
風情がありますね。
ちなみに女性用は上の階にあり、男性用より見晴らしがいいそうです。

Gr006170r
RICOH GR

ひと風呂浴びて、浴衣に着替えます。
部屋にあった静岡名産のお茶の葉で、きずながお茶を淹れてくれました。

Gr006176r
RICOH GR

夕食は和食で、とっても豪華。
写真の後にも、煮物、揚げ物などが次々出てきます。

Gr006177r
RICOH GR

ホテルにお酒の仲買人の資格を持った女性がおられるそうで、静岡県内の酒蔵のお酒がラインナップされています。
こちらのお値段も良心的。
おいしいお酒とおいしい料理に、パパはすっかり酔ってしまったのでした。

|

より以前の記事一覧