Posts categorized "旅行・地域"

November 20, 2017

昇仙峡 1

Kp013430r
PENTAX KP / DA40mm

週末に山梨県の昇仙峡に行ってきました。
今がちょうど紅葉のベストシーズンとネットに書かれているのを見て、
「紅葉狩りに行こう!」
となったのです。

Gr006770r
RICOH GR

紅葉シーズンはすごく混むということなので、朝5時に家を出て、8時には現地に到着。
早朝は寒かったです。
早すぎて、まだロープウェイは運行していません。

Gr006776r
RICOH GR

とりあえず川沿いを少し下って、「日本の滝百選」にも選ばれている、仙娥滝へ。
流れが急で、迫力ありました。

Kp013382r
PENTAX KP / DA40mm

「滝を見るんだったら、少し歩いて石門まで行くといいよ」
と、滝の近くのお店の方に教えていただき、足を伸ばして石門へ。

Kp013406r
PENTAX KP / DA40mm

渓谷沿いにはところどころにもみじが。
きれいですね。

Kp013403r
PENTAX KP / DA40mm

記念写真を撮影。

Kp013463r
PENTAX KP / DA40mm

「そろそろロープウェイの動く時間だね」
ということで、ロープウェイ乗り場へ。
朝の9時半でしたが、ロープウェイはもう満員。
並んでいる間にも、駐車場に観光バスが次々入ってきます。

Kp013474r
PENTAX KP / DA40mm

ロープウェイの行き先は「パノラマ台」という名の駅。
この日は快晴で、富士山がきれいに見渡せました。

Kp013492r
PENTAX KP / DA40mm

みなさん、富士山をバックに写真を撮っています。
もちろん我が家もパチリ。

Gr006795r
RICOH GR

山頂にはいろいろな幸運を授けてくれるパワースポットがたくさん。
全部回るとなかなか忙しいです。

Gr006800r
RICOH GR

こちらの八雲神社では普通にお賽銭を入れて、本坪(ほんつぼ)鈴を鳴らします。

Kp013514r
PENTAX KP / DA40mm

続いて山頂第一のパワースポット、その名も和合権現では…

Kp013518r
PENTAX KP / DA40mm

バチで太鼓を叩きます。

Kp013504r
PENTAX KP / DA40mm

さらに「幸運の丘」では棒で鐘を叩き…

Kp013488r
PENTAX KP / DA40mm

「合格の鈴」は紐を引っ張って鳴らします。
触るとご利益があるという、「合格の岩」とか、投げるといいことがあるという、「投げ鈴」もありました(^^)。

Kp013539r
PENTAX KP / DA40mm

展望台からは甲府盆地を一望にできます。
この日はほんとに展望日和で、とてもよく見えました。

Kp013522r
PENTAX KP / DA40mm

観光地の定番、顔ハメ看板。
こちらは武田信玄公。
他にも3種類ぐらいありました。
サービスいいです(笑)。

Kp013510r
PENTAX KP / DA40mm

たくさん回ってお腹が空いたので、焼き団子をいただきました。
味噌味で、プレーンのお団子と、ヨモギの入った草団子があります。
パパは岩魚の塩焼きときのこ汁をいただいたのですが、岩魚は炭火焼き、きのこ汁にはいろいろな種類のきのこが入っていて、どちらもおいしかったです。
ここ、穴場かも。

|

November 14, 2017

北海道旅行 2

Kp013108r
PENTAX KP / DA15mm

翌日はバスで小樽へ。
札幌から45分ほどでした。
幸い、雨も上がって青空が見えています。

Kp013134r
PENTAX KP / DA15mm

この日は最初に、北一硝子さんの「ヴェネチア美術館」にお邪魔しました。
ごらんのように立派な建物の中が、ヴェネチアンガラスの美術館になっています。

Kp013135r
PENTAX KP / DA15mm

中にはヴェネチアの運河で使われていたゴンドラが。
展示もとてもきれいだったのですが、残念ながら撮影禁止でした。
周囲にはガラスの食器や工芸品のお店がたくさんあって、「ガラスの街」という雰囲気。

Kp013154r
PENTAX KP / DA15mm

昔、ニシン漁で栄えた港町だった小樽には、街のあちこちにアンティークですてきな建物が残っています。

Kp013200r
PENTAX KP / DA15mm

昔のレンガ倉庫がレストランやショップになっていたり、石造りの銀行の建物が美術館になっていたり。

Kp013161r
PENTAX KP / DA15mm

こちらは廃線になった線路の跡にできた公園。
おしゃれですよね。

Kp013165r
PENTAX KP / DA15mm

この日のお昼は、小樽名物のお寿司。
たくさんの寿司店が並ぶ、その名も「すし通り」の中にある、「政寿司」さんというお店でいただきました。

Kp013172r
PENTAX KP / DA15mm

地元の方のお話によれば、小樽のお寿司屋さんは地元の店で修行した人が出すことが多く、仕入れもほぼ同じルートからで、あまり外れはないそうです。
ウニにイクラにホタテにボタンエビ。
北の幸満載の、おいしいお寿司でした。

Kp013178r
PENTAX KP / DA15mm

ツアーのために、板前さんが目の前で握ってくれるパフォーマンスも。
これは外国の方は喜びますね。

Img_20171112_142235r
DP-CMX1

昼食後、海を見に行ったら、いい感じに運河に日が当たっていました。
ところがここで一眼レフのバッテリーが切れ、スマホで写すことに。
まあでも、けっこうよく撮れていました。

Img_20171112_142649r
DP-CMX1

港に行ったら、なにやら大勢の人で広場が賑わっています。
実はこの日、「しゃこ祭り」が開かれていたのです。
しゃこって今の時期が旬だったんですね。
知りませんでした。

Img_20171112_143657r
DP-CMX1

港の埠頭には、出港を待つイカ釣り船。
ロシアに向かうらしい、車を満載した船も停泊中でした。
港の中は穏やかでしたが、遠くの防波堤にはオホーツク海の荒波が打ち寄せています。
ツアーの観光はここまで。
この後、バスで札幌に戻り、解散となりました。

Kp013282r
PENTAX KP / DA15mm

筆者的に、北海道まで来て1泊ではもったいないので、もう1泊していくことに。
この日の宿は、以前に家族で泊まったことのある、「アートホテルズ札幌」あらため、「ホテルマイステイズプレミア札幌パーク」さん(名前長いかも(^^;))
札幌市内には数少ない、大浴場のあるホテルです。

Kp013275r
PENTAX KP / DA15mm

ロビーはもうクリスマスムード。
飾りつけられたツリーがきれいでした。

Kp013213r
PENTAX KP / DA15mm

一風呂浴びてのんびりしてから、夜のすすきのへ。
お昼に続いて、回転寿司でお寿司を食べ、札幌好きの先輩に教わってきた日本酒バーでお酒を飲み、シメに前回来たときおいしかったラーメン屋さんに行こう、という野心的な計画です。

Kp013214r
PENTAX KP / DA15mm

最初の回転寿司は、すすきの名物の観覧車のある「ノルベサ」の地下にある、「活一鮮」さんへ。

Kp013219r
PENTAX KP / DA15mm

ビールに日本酒、お寿司をたくさん、さらに生ガキやカキフライ、季節の天ぷらまで。
どれもおいしかったです。
札幌の回転寿司って、ほんとレベル高いですよね。

Kp013212r
PENTAX KP / DA15mm

ノルベサを出て、目の前の建物へ。
ここに教えてもらったバーがあるのです。

Kp013250r
PENTAX KP / DA15mm

こちらが「バーかまた」さん。
日曜日も開いている数少ないバーです。
マスターはおられませんでしたが、スタッフの方がいろいろおいしいお酒を勧めてくださいました。
さらに、カナダから日本酒を輸入しに来た、という日本酒ソムリエの方が来られて、盛り上がりました。

Kp013271r
PENTAX KP / DA15mm

楽しかったので長居しすぎて、気づくともう深夜。
あわててバーを出て、前回おいしかったラーメン店「雪風」さんの前に行ったのですが、すでに営業終了後でした。
「ううっ、しまった」
せっかくまた札幌に来たのに…
痛恨のミス。
まあ寿司もお酒もおいしかったということで、あきらめるしかないですね。

Kp013210r
PENTAX KP / DA15mm

この日はホテルの窓の夜景を見ながら眠りにつき、翌日、楽しかった思い出を胸に、札幌を後にしたのでした。

|

November 11, 2017

北海道旅行 1

Kp012933r
PENTAX KP / DA15mm

週末に北海道に行ってきました。
知り合いのメディア関係のみなさんのツアーに誘っていただいたもの。
みなさん、昨年は熊本に行って盛り上がったそうです。

Kp013101r
PENTAX KP / DA15mm

ツアーの主催者の方が空港まで迎えに来てくださり、バスで札幌へ。
この日の宿、「ホテルマイステイズ札幌駅北口」さんでみなさんと合流。
名前の通り、札幌駅のすぐ近くのホテルでした。

Kp012947r
PENTAX KP / DA15mm

再びバスに乗り、まずは時計台へ。
この日は千歳空港は晴れていたのですが、札幌市内はあいにくの雨。
筆者はうっかり傘を忘れてしまい、こっちで買うことになりました。

Kp012959r
PENTAX KP / DA15mm

窓から見える景色はもう晩秋。
やっぱり北国ですね。

Kp012973r
PENTAX KP / DA15mm

お昼を食べに人気のスープカレー店「札幌らっきょ琴似」さんへ。
満席のため、しばらく待ってから店内へ。

Kp012978r
PENTAX KP / DA15mm

こちらがスープカレー。
丸ごとの野菜と、鶏ももが丸1本入っていて、ボリュームたっぷり。
ごはんの量が選べたので、筆者は「中」にしたのですが、こちらの人は「小」が普通だそうです。
確かに、カレーそのものが豪快ですものね。
お腹パンパンになりました。

Kp012986r
PENTAX KP / DA15mm

続いて大倉山のジャンプ台へ。
ここは市内より標高が高いようで、バスを降りると雨はみぞれに。
かなり寒いです。

Kp012995r
PENTAX KP / DA15mm

急傾斜のリフトに乗ってジャンプ台の上へ。
みなさん、
「うーっ、さぶっ」
と口々に叫んで盛り上がります。
なにしろこのツアー、その名も
「寒っぶいかもしれない 北海道生き地獄ツアー」
と題しているのです(^^;)。

Kp013015r
PENTAX KP / DA15mm

こちらが上から見下ろすジャンプ台。
高いです。
さっきよりもっと寒いです。
みぞれは雪になっていました。
「誰だ、こんな企画立てたのは!」
と声が上がりますが、なんだかみんな楽しそう。

Kp013022r
PENTAX KP / DA15mm

ジャンプ台を降り、室内へ避難。
大倉山には「オリンピック・ミュージアム」という立派な施設があります。
1972年の札幌オリンピックを記念して建てられたもの。
札幌では今、改めてオリンピックを誘致しようとしているんですね。

Kp013025r
PENTAX KP / DA15mm

中にはジャンプやアイスホッケー、ボブスレー、距離スキーといった競技を体感できるシミュレーターがあります。
家族連れにはうれしいですね。

Kp013057r
PENTAX KP / DA15mm

札幌市内に戻り、今度は夕食のため、ジンギスカン屋さんへ。

Kp013069r
PENTAX KP / DA15mm

食べ放題、飲み放題のコース。
お昼のスープカレーでお腹いっぱいになっていたので、どれぐらい食べられるかなあと思っていたのですが、クセのない肉でたくさん食べられました。
食後は地元の方の案内で、繁華街すすきののスナックへ行き、ホテルに戻りました。
「酒飲むと性格変わるねえ」
とよく言われる筆者。
たくさん飲んで、たくさんしゃべって、翌朝起きてみるとちょっとお酒が残り、声がしゃがれていたのでした。
みなさま、ご迷惑をおかけしました…

|

October 21, 2017

福島旅行 3

Gr006719r
RICOH GR

いとこのコトちゃんときずなは、大の仲良し。
朝ごはんの間も、コトちゃんはきずなにまとわりついて離れません。

Gr006722r
RICOH GR

2人でコトちゃんのパパの背中に乗って、お馬遊び。
コトちゃんパパ、ご苦労さまです。

Gr006726r
RICOH GR

朝食後、本当は近くの清流や、紅葉が始まった山で遊びたかったのですが、残念ながらこの日も雨。
あきらめて福本屋さんにお別れし、帰路につくことにしました。
途中、きずなの希望で那須高原に寄り、「宝探し トレジャーストーンパーク」へ。

Kp012778r
PENTAX KP / FA43mm

ここには洞窟で宝石を掘る「地下鉱山」と、川で宝石を探す「クリスタルリバー」があるのですが、地下鉱山のほうは2時間待ちとのこと。
すごい人気ですねえ。
でもクリスタルリバーならすぐに入れるということだったので、そちらに申し込みます。

Kp012781r_2
PENTAX KP / FA43mm

コトちゃんも、パパの助けを借りて宝石探し。
きれいな宝石を見つけ、「あった!」と声を上げます。

Kp012792r
PENTAX KP / FA43mm

子供たちはそれぞれ、収穫があったみたいです。
よかったね!

Gr006728r
RICOH GR

お昼はトレジャーストーンパークから車で3分のところにある「小椋」さんに、お蕎麦を食べに行きました。

Gr006731r
RICOH GR

古民家風の建物に、おしゃれな内装。
窓の外は森。
いいですね。

Gr006739r
RICOH GR

筆者は「熱々きのこ蕎麦」をお願いしました。
白い更科そばに、出汁が効いたきのこのつけ汁、ミニ天ぷらのセットで、1080円。
おいしかったです。

Gr006742r
RICOH GR

楽しかった福島旅行も、これでおしまい。
最後は那須IC近くにあるママお勧めの輸入家具の店、「メゾン・ド・マルシェ」さんへ。

Kp012817r
PENTAX KP / FA43mm

すてきな家具や雑貨を見て心を癒やし……ごめんなさい、何も買いませんでした……「ねねの車に乗る!」とむずがるコトちゃんをなだめ、ここで解散。
きずなはしょんぼりして、帰りの車で、
「あーあ、終わっちゃった。昨日の朝に戻りたいな」
とぼやいていたのでした。

|

October 18, 2017

福島旅行 2

Kp012609r
PENTAX KP / FA43mm

ブリティッシュ・ヒルズのある羽鳥高原から南会津まで、車で1時間半強。
途中、羽鳥湖とつながる鶴沼川の脇を通ります。
この川の雰囲気がとてもよくて、途中、紅葉がきれいな場所で停まって眺めました。
河原に降りられないかと思ったのですが、適当な場所がなく、川遊びが大好きなきずなはがっかり。

Kp012629r
PENTAX KP / FA43mm

鶴沼川をしばらく下ると、川が太くなって、阿賀川という名前に変わります。阿賀川は大川とも呼ばれ、その後に阿賀野川になるんですね。
この大川の脇にあるのが、名勝・塔のへつり。

Kp012642r
PENTAX KP / FA43mm

川沿いに、水に侵食された崖が露呈しています。地層の中の水にもろい層が深く削れていて、吊橋を渡り、崖っぷちを歩けるようになっています。

Kp012643r
PENTAX KP / FA43mm

こんな感じ。
意外だったのが、ちょっと前までジェットコースターやバイキングが大好きで、高いところや吊橋も全然平気だったきずなが、急に怖がり始めたこと。
そういう感覚って、年齢が上がると変わるものなんですね。

Kp012622r
PENTAX KP / FA43mm

塔のへつりの手前で、農家の方が野菜や果物を売っていました。
とてもやさしいおじさんで、きずなは勧められるまま、リンゴや柿をパクパク。

Kp012680r
PENTAX KP / FA43mm

もうこれは買うしかないでしょう。
ということで、ママがイチジクと、千葉県ではあまり目にしない、「そうめんかぼちゃ」を購入。
これは茹でると実がそうめんのように細い繊維状にほぐれるカボチャです。
家に帰ってからサラダにして食べたら、とてもおいしかったです。

Kp012688r
PENTAX KP / FA43mm

午後3時すぎ、南会津は木賊温泉の「福本屋」さんに到着。
今回、一緒に泊まるのはママのお父さん、お母さんと、妹さんとその旦那さん、それに従兄弟のコトちゃん。
みんなはもう到着していて、渓流沿いの岩風呂に行っていました。

Kp012690r
PENTAX KP / FA43mm

さっそく後を追って岩風呂へ。
何度来ても風情があります。
混浴なので、女性は湯浴み着を借りて入浴。

Kp012697r
PENTAX KP / FA43mm

子供たちはお風呂に入ったり、目の前の渓流で遊んだり。
岩風呂を堪能して、宿へ。

Kp012719r
PENTAX KP / FA43mm

お風呂の後は、囲炉裏端で宴会です。

Kp012727r
PENTAX KP / FA43mm

名物の骨酒。
これ、セットを買って家で作っても、福本屋さんと同じ味にはならないんです。
やっぱり炭火と囲炉裏端でないといけません。

Kp012755r
PENTAX KP / FA43mm

子供たちはすっかりテンションが上がって、楽しそう。
走り回って声を上げて、他のお客さんに迷惑でないか心配したのですが、幸い遊び疲れて、ご飯の後すぐに寝てくれたのでした。

|

October 15, 2017

福島旅行 1

Kp012597r
PENTAX KP / FA43mm

週末に福島県に旅行に行ってきました。
宿泊はいつもの南会津の福本屋さんなのですが、今回はその前に、白河IC近くの「ブリティッシュ・ヒルズ」という施設に立ち寄りました。

Kp012488r
PENTAX KP / FA43mm

ここは「7万3千坪の広大な敷地に、中世英国の街を再現」したという、英国風リゾートです。
主に泊りがけの英語研修施設として使われているようですが、立派なホテル、レストラン、パブやティーサロンがあって、一般客でも楽しめます。
最初の写真のお城みたいな建物が、レセプションのあるマナーハウス。
次の写真はその内部。
立派ですよねえ。

Kp012558r
PENTAX KP / FA43mm

敷地内には伝統的な英国建築の建物がいくつも並び、英国風庭園が整えられています。
湖を見下ろす眺めのいい散策コースもあるようなのですが、あいにくの雨で行けませんでした。
残念。

Gr006749r
RICOH GR

実はここ、今ちょうど放送中のアニメ「魔法使いの嫁」の原作のヤマザキコレさんが、コミックスのあとがきで触れていて、筆者はそれを読んで、
「一度行ってみたいな」
と思っていたのです。
「魔法使いの嫁」の主人公・羽鳥チセさんの名字は、ブリティッシュ・ヒルズ近くの羽鳥湖からとったのだとか。

Kp012499r
PENTAX KP / FA43mm

松戸市の筆者宅からは、車で3時間半ほど。
朝6時に出て、9時半から始まるティーサロンの「ジ・アスコット」へ。

Kp012512r
PENTAX KP / FA43mm

こちらのティーサロンもティンバーフレーム様式のすてきな建物。
ちなみにここ、どこでも英語が通じますが、日本人のスタッフの方もおられるので、日本語でも大丈夫です(^^)。

Kp012520r
PENTAX KP / FA43mm

紅茶はポットで提供され、冷めないようにカバーをかけてくれます。
茶葉が開く時間を測るための、小さな砂時計も。

Kp012521r
PENTAX KP / FA43mm

銀の茶漉しでカップのお茶を。
こういう細かなところが風情を醸し出すんですね。

Kp012527r
PENTAX KP / FA43mm

こちらはお待ちかねのアフタヌーンティー。
プチケーキにスコーン、キッシュにサンドイッチと盛りだくさん。
これで1人前。
ここでは午前中からオーダーできます。
我が家はこれを目当てに朝早く来たのでした。

Kp012522r
PENTAX KP / FA43mm

さらにおつまみセットもつけて、「ハイティー」にしました。
というのも……
パパがここでビールを飲みたかったからなのです。
ここではイングリッシュ・エールの地ビールを作っているんですね。
エール大好きな筆者としては、ここまで来て飲まずにはおれません。
この後の運転は、ママにおまかせです。

Kp012529r
PENTAX KP / FA43mm

ところが。
「申し訳ございません、あいにくただ今、エールを切らしておりまして…」
「えー?」
がっかりしていたら、スタッフの方が雨の中わざわざ別棟のパブまで行って、1本持ってきてくれました。
パパ、感激。
ええ、そりゃもう、おいしかったですよ。
ジ・アスコットのみなさん、ありがとうございました。

Kp012584r
PENTAX KP / FA43mm

敷地内には「イエ・ショップ」というお土産屋さんもあって、かわいい英国グッズやお菓子をたくさん売っています。

Kp012602r
PENTAX KP / FA43mm

きずなはきれいな装飾が施されたメジャーをお買い上げ。
ママもすっかり、ここが気に入ったようです。
今度はぜひ晴れた日に、泊りで来てみたいですね。

|

August 30, 2017

守谷海岸

P8281800r
OLYMPAS TG-1

夏休みもそろそろ終わりというこの時期、毎年恒例の守谷海岸へ海水浴に行ってきました。
早朝に出発すれば、松戸市の筆者宅から車で2時間ほど。

P8281642r
OLYMPAS TG-1

今回はきずなのお友達も来てくれました。
テントを設営し、みんなで日焼け止めを塗って、海へ。

P8281638r
OLYMPAS TG-1

フローティングベストをつけると、浮き輪がいらないので便利。

P8281648r
OLYMPAS TG-1

でも朝方は水温が低く、子供たちは寒くなってしまって、砂に埋まって温まります。

P8281674r
OLYMPAS TG-1

温まったところで、今度は磯の潮溜まりへ。

P8281678r
OLYMPAS TG-1

シュノーケルをつけて水遊び。

P8281697r
OLYMPAS TG-1

仲良しです。

P8281702r
OLYMPAS TG-1

釣りの用意もしてきました。
前回は釣れなかったきずな、今度こそはと意気込みますが…

P8281704r
OLYMPAS TG-1

「釣れた!」
と思った魚が、網に入れようとしたところで逃げてしまい、大ショック。

P8281712r
OLYMPAS TG-1

それを尻目に、釣りは初体験のお友達が、先にクサフグをゲット!

P8281706r
OLYMPAS TG-1

すっかりいじけてしまう、きずな(^^;)。

P8281728r
OLYMPAS TG-1

しかし、あきらめずに再挑戦して、ついにお魚を釣り上げ!

P8281731r
OLYMPAS TG-1

ニシキベラのようです。
きずな、満面の笑顔。
よかったね。

P8281762r
OLYMPAS TG-1

その後もみんなでクサフグや、アナハゼ(たぶん)などを釣り上げました。
しかしフグが糸を噛み切るようで、3回ぐらい仕掛けを付け直すことに。
釣った魚は今回も、みんな逃しました。

P8281770r
OLYMPAS TG-1

満足して、ママの用意したおにぎりでお昼ごはん。

P8281666r
OLYMPAS TG-1

その後も、ビーチボールをしたり…

P8281778r
OLYMPAS TG-1

2人で海で引っ張っこしたり。

P8281773r
OLYMPAS TG-1

夕方近くまで遊び、人が減り始めた海水浴場を後にしたのでした。
今年の夏も、もう終わり。
でも最後にまた1つ、夏の思い出ができましたね。

|

August 27, 2017

仁右衛門島

P8251610r
OLYMPAS TG-1

鴨川市にある仁右衛門島(にえもんじま)に行ってきました。
千葉県で一番大きな島で、「新日本百景」にも選ばれたという千葉県指定の名勝です。
NHKの番組で見たきずなが、
「ここ、行ってみたい」
と言い出したのがきっかけ。
松戸市の自宅を朝6時に出て、館山道の君津ICから房総スカイライン経由で2時間20分ほどで到着。

P8251430r
OLYMPAS TG-1

島は鴨川市の太海漁協さんの建物のそば。
本土の間に道はなく、ここの駐車場に車を停めて(1日1000円)、手漕ぎの連絡船で渡ります。
島に行く前に漁協でお手洗いがないか訊ねたら、
「島内にあります」
とのことでしたが……
島のトイレはきれいとは言いにくいので、渡し船乗り場に来る前にどこかで済ませておくことをお勧めします。

P8251436r
OLYMPAS TG-1

渡し船には時刻表があるわけではなく、朝の8時半頃から、待っている乗客がいると来てくれるそうです。
島からの最終便は4時半。

P8251438r
OLYMPAS TG-1

荷物を持って船に乗り込み…

P8251444r
OLYMPAS TG-1

2人の船頭さんが扱う櫓(ろ)で、島へ。
ほんの数分の船旅です。

P8251449r
OLYMPAS TG-1

到着したら受付で料金を支払い、入島。
大人1350円、子供950円。

P8251456r
OLYMPAS TG-1

最初に島を探検してみることにしました。
仁右衛門島は1周およそ4キロ。
島内唯一の道が島の上部に通じています。

P8251462r
OLYMPAS TG-1

途中、源頼朝が隠れたという、頼朝のかくれあなや…

P8251476r
OLYMPAS TG-1

日蓮上人が朝日を仰いだという、神楽岩。

P8251481r
OLYMPAS TG-1

弁天さまを祀った祠、などがあります。

P8251483r
OLYMPAS TG-1

突き当りが展望所。
対岸の町が見えます。

P8251488r
OLYMPAS TG-1

仁右衛門島は全体が砂岩でできており、周囲のあちこちに潮溜まりができています。

P8251493r
OLYMPAS TG-1

細い水路に網をしかけて、ハゼの追い込み漁。

P8251498r
OLYMPAS TG-1

落ちていた石ころで、岩についた貝をこそげ落とす、きずな。

P8251500r
OLYMPAS TG-1

んー、これはキクノハナガイでしょうか。
きずなは、
「『無人島ゼロ円生活』で、森泉ちゃんが食べてた」
というのですが……
ヒザラガイは食べられるらしいですが、これはどうでしょうね。

P8251492r
OLYMPAS TG-1

きずなの収穫物。
ヤドカリたくさん、ハゼ数匹、カニ、キクノハナガイ、その他。

P8251530r
OLYMPAS TG-1

「うちでは飼えないし、死なせたらかわいそうでしょ」
とパパに言われて、採ったものを海に返します。
「うちに水槽があったら飼えるのに」
と残念そう。
いやいや。
海に行くたびにいろいろ採って持ち帰ってたら、いくつ水槽があっても足りませんよ。

P8251537r
OLYMPAS TG-1

続いて磯釣りに挑戦。

P8251541r
OLYMPAS TG-1

今回の餌はさけるチーズ。
でもしばらくやっていても釣れないので、飽きてしまい、パパにバトンタッチ。

P8251542r
OLYMPAS TG-1

代わったパパが小さなフグを釣り上げます。
クサフグですね。
毒があって食べられません。

P8251544r
OLYMPAS TG-1

針を外そうとしてつかむと、プーッとふくれて威嚇。
きずな、
「かわいい!」
と大受け。

P8251547r
OLYMPAS TG-1

その後、もう1匹釣れました。
「パパ、フグ釣り名人だね!」
んー、そうかなあ(^^;)。
これもその後、逃しました。

P8251549r
OLYMPAS TG-1

今度は潮溜まりでシュノーケリング。

P8251510r
OLYMPAS TG-1

透明度はまあまあ。
さっきのクサフグはじめ、小さな魚影がたくさん見られます。
写真はニシキベラでしょうか。

P8251578r
OLYMPAS TG-1

ママがウミウシを発見。
数匹が群れていました。
アオウミウシだと思います……たぶん(^^;)。

P8251596r
OLYMPAS TG-1

仁右衛門島の潮溜まりは浅くて温かく、いつもは「寒い」と言ってシュノーケリングを嫌がるきずなもご機嫌。

P8251594r
OLYMPAS TG-1

今回はフローティングベストもあるので、仰向けにプカプカ浮いていられます。

P8251515r
OLYMPAS TG-1

朝午後2時過ぎになって、あがることにしました。

P8251607r
OLYMPAS TG-1

島見学ツアーらしい小学生の団体と一緒に、帰りの船へ。
仁右衛門島を後にします。
「いいとこだったけど、トイレがねえ…」
というのが、ママの感想(^^;)。
館山の沖ノ島もそうだったんですよねえ。
下水道が通っていないので、必然的に汲み取り式になってしまうのでしょう。
島の最大の難点かもしれません。

P8251616r
OLYMPAS TG-1

漁協の駐車場を出て、お腹が空いたし、トイレにも行きたいので、車で数分の鴨川の道の駅、「鴨川オーシャンパーク」さんへ。

P8251625r
OLYMPAS TG-1

食堂で「ひかり丼」をいただきました。
刺し身と酢じめが載った丼。
筆者的には桜でんぶが甘すぎでしたが、お魚はおいしかったです。
これにお味噌汁にお漬物、それに外房名物のイワシのゴマ漬けがついて――酢じめと味がかぶっていましたが(^^;)――950円なら、海辺の観光地としては、良心価格ではないでしょうか。

P8251627r
OLYMPAS TG-1

たっぷり食べたきずなは、もう眠そう。
まる1日遊んだ、充実した日帰り海水浴となりました。

|

August 20, 2017

お盆休み 5

Kp011628r
PENTAX KP / FA43mm

1週間のお盆休みも、いよいよ最終日。
お客さまはみな帰ってしまい、天気もよくなかったので、きずなは午前中、溜まってしまった夏休みの勉強をこなします。

Kp011740r
PENTAX KP / FA43mm

お昼はきずなの希望で、高原の洋食店「ザンガラ」さんへ。

Kp011730r
PENTAX KP / FA43mm

ザンガラさんの名物、大好きな胡椒ソースのハンバーグを食べて、名残りを惜しみます。

Kp011743r
PENTAX KP / FA43mm

北軽井沢交差点の「久保農園」さんで、おみやげにキャベツとトウモロコシを購入、高原を後にしました。

Kp011746r
PENTAX KP / FA43mm

そのまま帰ると渋滞にあたってしまうので、立ち寄る場所を探し、上野村の鍾乳洞「不二洞」へ行くことに。
上野村は山の中にあり、30年ほど昔、村の中の御巣鷹という山にジャンボジェット機が墜落したことで知られています。
軽井沢からは車で1時間ほど。

Kp011763r
PENTAX KP / FA43mm

ここ不二洞は、関東一の規模の鍾乳洞とのことです。
かつてはお坊さんが修行に使っていて、洞窟内の各所に、仏教ゆかりの名前がつけられています。
入場料は大人800円。
お盆休みも終わりでしたが、駐車場には10台ぐらい車が停まっていました。

Kp011768r
PENTAX KP / FA43mm

入口はコンクリートで固められ、金属のドアがつけられています。
内部の気温は1年中11度とのこと。

Kp011771r
PENTAX KP / FA43mm

扉を抜けると、トンネル。
その先にもう一つ扉があって…

Kp011777r
PENTAX KP / FA43mm

そこを抜けると鍾乳洞。
内部はカラフルにライトアップされています。

Kp011810r
PENTAX KP / FA43mm

洞窟内には通路や階段が縱橫に設けられ、天井から水が落ちてくるところには覆いがかけられていました。

Kp011825r
PENTAX KP / FA43mm

その中を「順路」という看板に沿って進んでいきます。
アップダウンが多く体を使うためか、寒さは感じませんでした。

Kp011798r
PENTAX KP / FA43mm

各所に怪しげな名前が。

Kp011817r
PENTAX KP / FA43mm

ここは撮影スポット。
全体に観光用という印象があって、お客さまを楽しませようという気持ちは感じられるのですが、ママときずなは、
「テレビで見た鍾乳洞みたいに神秘的なムードなのかと思ってたのに」
と、やや不満そう。
まあでも、洞窟初体験にはよかったのではないでしょうか。

Kp011871r
PENTAX KP / FA43mm

この洞窟は山の絶壁にあって、一帯は「川和自然公園」になっています。
沢を隔てて反対側にはキャンプ場があり、合わせて、「天空回廊」と命名されています。

Kp011845r
PENTAX KP / FA43mm

2つの施設をつなぐ吊り橋、「上野スカイブリッジ」。
橋のたもとに料金箱があって、
「1人1往復100円をお支払ください」
とアナウンスが流れています。

Kp011847r
PENTAX KP / FA43mm

3人で300円を箱に入れて、対岸へ。

Kp011859r
PENTAX KP / FA43mm

こちらのキャンプ場は「まほーばの森」と命名されています。
橋からはトンネルを抜けていきます。

Kp011865r
PENTAX KP / FA43mm

トンネル内もカラフルにライトアップ。

Kp011870r
PENTAX KP / FA43mm

トンネルを抜けた先には、立派なキャンプ施設が。
こちらが管理棟で、トイレや食堂もついています。
斜面の上のほうには、宿泊用のコテージが並んでいました。
こちらに泊まって、橋を渡って洞窟見物というのもありですね。

Kp011876r
PENTAX KP / FA43mm

洞窟を見たり橋を渡ったりで、思いの外時間が過ぎ、時刻はもう夕方。
洞窟に向かう途中に立派な道の駅があったのですが、営業時間は夕方5時半までで、帰りに寄ったらもう閉まっていました。
道の駅の近くに「しおじの湯」という温泉施設の看板があり、電話したらまだ営業しているとのことなので、行ってみることに。

Kp011879r
PENTAX KP / FA43mm

こちらが「浜平温泉 しおじの湯」さん。
低温の鉱泉を沸かして使っているようです。
この鉱泉は「メタケイ酸」という成分を多く含み、飲むと肌によいとのこと。
町営の施設らしく、大人500円と格安。
受付の方がとても親切にしてくださいました。

Kp011891r
PENTAX KP / FA43mm

こちらの施設は神流川という川のほとりにあって、露天風呂から流れが見下ろせます。
館内の食堂には京都鴨川の納涼床のような、川に面したお座敷テラスも。

Kp011885r
PENTAX KP / FA43mm

テラス席で上野村の名物、「イノブタ」の生姜焼き丼をいただきました。
クセがなく、おいしかったです。

Kp011895r
PENTAX KP / FA43mm

お腹いっぱい、温泉にも入れて、
「上野村、いいとこだったね」
と言い合いながら、家路についたのでした。

|

August 17, 2017

お盆休み 3

Kp011413r
PENTAX KP / FA43mm

お盆休み4日め。
友人一家は帰宅し、代わってママの妹さんご夫妻と、おじいちゃん、おばあちゃんが来てくれました。
いつも実家できずなと遊んでいる、イトコのコトちゃんも一緒です。
きずなはおねえさんらしく、図書館で借りた絵本の読み聞かせ。

Kp011549r
PENTAX KP / FA43mm

この日は北軽井沢は雨模様だったのですが、地蔵峠のある湯の丸高原まで行くと、雨はやんでいました。
山の天気って、場所によってずいぶん違いますよね。

Kp011430r
PENTAX KP / FA43mm

なにはともあれ、みんなで高原名物のソフトクリームをいただきます。

Kp011450r
PENTAX KP / FA43mm

冬はスキー場になる斜面に、夏には牛が放牧されています。
近づいたきずな、近くに生えていた草で親睦を図りますが、
「ハエがいた」
とすぐに逃げ帰ってきました(^^;)。

Kp011472r
PENTAX KP / FA43mm

この日はスキー場のリフトが1つだけ運行していました。
子供たちはもちろん、乗りたくてしかたありません。
ママたちにおねだりして、乗せてもらえることに。

Kp011482r
PENTAX KP / FA43mm

牛さんの横を通って、斜面の上へ。

Kp011513r
PENTAX KP / FA43mm

登頂記念に、みんなでバンザイ。

Kp011554r
PENTAX KP / FA43mm

おじいちゃん、おばあちゃんともパチリ。
青空が見えています。

Kp011571r
PENTAX KP / FA43mm

その後、峠を越えて、「アトリエ・ド・フロマージュ」さんの本店へ。
本店は東御市にあるのです。

Kp011559r
PENTAX KP / FA43mm

子ヤギさんの小屋があったので、さっそく餌やり。
チーズを買って、レストランで昼食と思っていたのですが、1時間待ちとのことで、あきらめて嬬恋側に戻ります。

Kp011576r
PENTAX KP / FA43mm

「嬬恋高原ブルワリー」さんへ。
こちらも人気店ですが、時間が中途半端だったので、比較的早く入店できました。

Kp011599r
PENTAX KP / FA43mm

店内から高原の景色が見渡せます。

Kp011589r
PENTAX KP / FA43mm

きずなはここでも好物の「マルガリータ」のピザ。

Kp011606r
PENTAX KP / FA43mm

部屋に戻り、ママ、コトちゃんのペアと、ウノ。

Kp011618r
PENTAX KP / FA43mm

ママ、コトちゃん組が3連勝。
きずな、悔しくて泣き出してしまいます。

Kp011626r
PENTAX KP / FA43mm

今度はきずなが連勝。
するとコトちゃんが泣き出してしまい、ママときずながなぐさめます。
女の子のゲームはなかなか大変ですね。

Kp011666r
PENTAX KP / FA43mm

お盆休み5日め。
コトちゃんたちは帰宅。
おじいちゃん、おばあちゃんが残ってくれて、きずなの散歩におつきあい。

Kp011686r
PENTAX KP / FA43mm

この日は中軽井沢の西にある、小諸市に遠征。
「あぐりの湯」という町営の温泉施設に行ってみました。

Kp011688r
PENTAX KP / FA43mm

とても立派な施設で、浅間山麓の眺望が抜群。
露天風呂やサウナがついて大人500円ですから、コストパフォーマンスも抜群ですね。

Kp011700r
PENTAX KP / FA43mm

この日は温泉施設内の食堂でお食事。
パパは肉うどん600円、ママは親子丼600円、きずなはネギトロ丼750円。
軽井沢と違ってリーズナブルです。

Kp011707r
PENTAX KP / FA43mm

最後までいてくれたおじいちゃん、おばあちゃんも、この日でお別れ。
まあ、家に戻ってもまたすぐ会えるんですが。
お休みも、そろそろ終わりに近づいてきて、なんだかさびしい気分。

|

より以前の記事一覧