Posts categorized "庭"

July 23, 2018

トウモロコシ

Kp017323_r
PENTAX KP / FA31mm

5月末に植えたトウモロコシが大きくなってきました。
「そろそろいいんじゃない?」
というきずなの見立てで、試しに穫ってみることに。

Kp017325_r
PENTAX KP / FA31mm

きずなときずなのお友達に1本ずつ、折り取ってもらいました。

Kp017329_r
PENTAX KP / FA31mm

ママが皮を剥いてみます。
うん、よさそうですね。
トウモロコシは収穫時の見極めが難しくて、時期を逃すとシワシワになってしまうのです。

Kp017331_r
PENTAX KP / FA31mm

「とれたてのトウモロコシは、生でもおいしいのよ」
とママ、一粒取ってお友達に。
「あ、甘い」
とびっくりした様子。

Kp017336_r
PENTAX KP / FA31mm

きずなも生でかじりつきます。

Kp017348_r
PENTAX KP / FA31mm

その後さらに数本収穫して、その日の食卓に。
とれたてトウモロコシ、茹でてもおいしかったです。

|

July 13, 2018

草刈り機

Al002204_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

草刈り機を買いました。
山善というメーカーの「刈る刈るボーイ SBC-280A」という機種。

Al002207_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

実はこれは2台め。
初代は2012年に購入し、6年使ったところで動かなくなってしまいました。
使いやすかったし、6年保てばまあまあだろうということで、同じ機種を再購入。

Al002209_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

プラスチックの刃が付属していますが、筆者は別売のナイロンコードセットを使っています。
それについては今回は買わず、初代につけていたものを外して再利用することに。

Al002211_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

六角ナットとレンチを使って、ヘッド部分を交換。
止めネジは逆ネジ仕様になっています。

Al002215_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

コードカッターをはめたところ。
この機種のナイロンコードは他社製品のコードに比べて太く、パワーがあるしコードの持ちもいいのです。
切れたら新しいのを手で穴に差し入れるという、シンプルな構造も気に入っています。

Al002216_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

ハンドルやカバー、肩掛けなどの付属品を取り付けたところ。
ネットを見ると、「すぐ壊れた」という書き込みもあるようですが、二代目の持ちはどうでしょうか。
初代なみにがんばってくれたら、合格点を出したいと思います。
まあ、先が長いですけどね(^^;)。

|

July 04, 2018

ジャガイモ掘り

Kp016334_r
PENTAX KP / FA31mm

我が家では毎年、庭のどこかにジャガイモを植えています。
ジャガイモは新鮮でもそうでなくても、別に味は違わないのですが、なぜかきずながジャガイモの収穫が大好きなのです。

Kp017070_r
PENTAX KP / FA31mm

イモ掘りって宝探しみたいで、他の野菜の収穫とはまた違って楽しいらしいです。
というわけで今年も2株だけ植え――といっても、スーパーで買ってきたジャガイモのうち、小ぶりなのを地面に埋めただけ――地上部が黄色く萎れてきたところで、周囲を掘り返しました。

Kp017076_r
PENTAX KP / FA31mm

せっかくなので、学校のお友達にも手伝ってもらいます。

Kp017082_r
PENTAX KP / FA31mm

無事、収穫完了。
2人でガッツポーズ。

Kp017088_r
PENTAX KP / FA31mm

2個植えたジャガイモが、十何個かに増えました。
今夜は肉じゃがかな。

Kp017094_r
PENTAX KP / FA31mm

2人はナスやトマトも収穫したようです。
なぜか雑草の花も一緒。
「ん?」
と首をひねってから、気がつきました。
なるほど。
実はこれ、一つの作品だったんですね(^^)。

|

June 13, 2018

ビワ

Al002120_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

ラズベリーと同じぐらいの時期に色づいてくるのが、ビワ。
千葉県の名産だけあって風土が合うらしく、何もしないでも毎年、おいしい実をつけてくれます。

Al002117_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

でも我が家の場合、何もしないとカラスの餌。
実を全部食べられてしまう上に、食い散らかされた種や皮で庭から道路まで大変なことになってしまうので、
「あー。植えたときはこんな面倒なことになるなんて思ってもみなかった」
とボヤキながら、大きなビワの木に毎年、一生懸命網掛けしてます。

Kp016985_r
PENTAX KP / FA31mm

おかげさまで、今年も無事に収穫。
もぎたてをその場で口に入れて、皮や種をペッと吐き出すのが楽しいんですよね。
なんだか、カラスみたいですが(^^;)。

|

June 10, 2018

ラズベリー

Kp016963_r
PENTAX KP / FA31mm

登校前。
ランドセルを背負ったきずなが庭に出ました。

Kp016966_r
PENTAX KP / FA31mm

お目当てはラズベリー。
5月から6月にかけて、赤い実を次々につけます。
きずなもママも、この実が好物。

Kp017024_r
PENTAX KP / FA31mm

こんな感じで、ラズベリー摘み。

Kp017025_r
PENTAX KP / FA31mm

ラズベリーの実はつぶれやすくて長持ちしないので、摘んだそばから食べてしまいます。

Kp016964_r
PENTAX KP / FA31mm

その朝色づいた実を学校に行く前に摘み取り、口に放り込んでもぐもぐやりながら庭から登校するのが、この時期のきずなの楽しみなのでした。

|

May 17, 2018

ニンニクの収穫

Kp016336_r
PENTAX KP / FA31mm

春先から成長がいつになく早かった、我が家のニンニク。
こちらの写真は4月25日に撮ったものですが、もう「ニンニクの芽」が出ています。
例年だと5月に入ってからなんですが、今年は10日ぐらい早い感じ。

Kp016724_r
PENTAX KP / FA31mm

5月13日。
いつもの年ならまだ青々している時期ですが、すっかり黄色く枯れてきてしまいました。

Kp016726_r
PENTAX KP / FA31mm

肝心のニンニクの球はというと、うーん、いつもの年よりだいぶ小さめです。
何がいけなかったんでしょう。
ちょっと密に植えすぎましたかねえ。

Kp016742_r
PENTAX KP / FA31mm

このまま放っておくと外の皮から傷んでくるので、収穫することに。
引っこ抜いて、そのまま横倒しにして1、2日乾かします。

Kp016907_r
PENTAX KP / FA31mm

紀砂とそのお友達にも手伝ってもらいました。
茎をつかんで引っ張るだけだと途中で切れてしまうので、スコップを使って掘り出します。

Kp016915_r
PENTAX KP / FA31mm

収穫!
乾燥させていない掘りたての生ニンニクは、この時期だけのお楽しみ。

Al001996_r
SONY α7Ⅲ / FE35mm F2.8

生で食べる分以外のニンニクは、少し乾かしてから茎とひげ根を切って泥を落とし、新聞紙の上に置いて風通しのよいところに置きます。
こうして毎年、夏から秋ぐらいまで、我が家の台所では自家製ニンニクが食卓を飾るのでした。

|

March 13, 2018

さくらんぼの花

Kp015884_r
PENTAX KP / FA31mm

いつまで経ってもちっとも花も実もつかないため、
「そろそろ切ろうか」
と思っていた、暖地桜桃の木。
でも、切る前に試しに1年間、いっさい剪定しないで放置してみたら、今年はたくさん花が咲きました。

Kp015889_r
PENTAX KP / FA31mm

なるほど、剪定が原因で木が弱っていたんですね。
花は薄くピンクがかかった白で、なかなかきれい。
桜や梅と同じバラ科なので、花も五弁で梅の花によく似ています。

Kp015894_r
PENTAX KP / FA31mm

こちらは梅の花。
梅は鳥に食害されることはないのですが、さくらんぼは鳥たちの大好物。
実が熟す前にネットを張らなければ、全部食べられてしまうのは確実です。
やれやれ。
木にネットを張るのって、大変なんですよね。
だからこそ背が高くならないように、まめに剪定していたんですが…
やっと花が咲いたのはいいけれど、面倒な作業がまた1つ増えてしまったかもです(^^;)。

|

March 07, 2018

カボンバ

Kp015734r
PENTAX KP / DA40mm

成田山へ行く途中のジョイフル本田のペットコーナーで、水槽に入れる水草を買いました。
カボンバ。
お値段は300円と格安。

Kp015837r
PENTAX KP / FA31mm

翌日、庭の池に入れることに。

Kp015839r
PENTAX KP / FA31mm

水草が水と一緒に入れられたビニール袋を、ハサミでカット。

Kp015844r
PENTAX KP / FA31mm

水と一緒に、池に流し入れます。

Kp015848r
PENTAX KP / FA31mm

投入完了。
緑が鮮やかです。

Kp015851r
PENTAX KP / FA31mm

無事に生着してくれればいいんですけど…
これまでの経験上、なかなか難しいかも。
何度か失敗して、あきらめていたんですよね。
まあでも、うまく育ってくれたらうれしいです。

Kp015852r
PENTAX KP / FA31mm

池の中ではここ数日、気温が高かったおかげで、メダカが元気に泳ぎ出していました。
そろそろ、春ですね。

|

October 06, 2017

柿のワイン漬け

Kp012403r
PENTAX KP / FA31mm

今年の我が家では例年になく早く柿が色づきました。
栗やキンモクセイも早かったんですが、天候不順の影響かもしれません。

Kp012409r
PENTAX KP / FA31mm

ママときずな、それにきずなのお友達にも手伝ってもらい、10月初旬に収穫。
干し柿にしたとき吊るしやすいよう、枝から切り落とします。

Kp012412r
PENTAX KP / FA31mm

すでに傷んでいたものも多かったですが、食べられそうな実もバケツ1杯半くらい穫れました。

Gr006706r
PENTAX KP / FA31mm

穫れた柿は一部はそのまま食べ、一部は干し柿に。
今年はママが新たに、ワインに漬けて保存するというレシピを発見。
試してみたところ、とてもおいしくて、きずながすっかり気に入ってしまい、
「残りはみんなこれにして」
とリクエスト。
でも種を取るのが大変なので、今年は2瓶だけになったのでした。

|

September 16, 2017

クリ

Kp012393r
PENTAX KP / FA31mm

「パパ、ほら」
と、きずなが手を差し出してきました。

Kp012395r
PENTAX KP / FA31mm

見ると、手に大粒のクリが。
実はこれ、我が家の庭で取れたもの。

Gr006628r
PENTAX KP / FA31mm

庭にあるクリの木から落ちてきたのです。
以前から1本あったものの、さっぱり実がつかなかったので、試しにすぐ横に別な品種のクリを植えてみたところ、3年ほどしてそちらにも花がつくようになって、豊作に。

Kp012398r
PENTAX KP / FA31mm

クリの実は、木から落ちてきたイガの中に詰まっています。
お友達やママと一緒に、これだけ拾いました。

Kp012400r
PENTAX KP / FA31mm

ママがオーブンで焼いてくれて、焼き栗に。
ホクホクして、美味しかったです。
我が家にまた1つ、秋の味覚が加わりました。

|

より以前の記事一覧