Posts categorized "庭"

October 06, 2017

柿のワイン漬け

Kp012403r
PENTAX KP / FA31mm

今年の我が家では例年になく早く柿が色づきました。
栗やキンモクセイも早かったんですが、天候不順の影響かもしれません。

Kp012409r
PENTAX KP / FA31mm

ママときずな、それにきずなのお友達にも手伝ってもらい、10月初旬に収穫。
干し柿にしたとき吊るしやすいよう、枝から切り落とします。

Kp012412r
PENTAX KP / FA31mm

すでに傷んでいたものも多かったですが、食べられそうな実もバケツ1杯半くらい穫れました。

Gr006706r
PENTAX KP / FA31mm

穫れた柿は一部はそのまま食べ、一部は干し柿に。
今年はママが新たに、ワインに漬けて保存するというレシピを発見。
試してみたところ、とてもおいしくて、きずながすっかり気に入ってしまい、
「残りはみんなこれにして」
とリクエスト。
でも種を取るのが大変なので、今年は2瓶だけになったのでした。

|

September 16, 2017

クリ

Kp012393r
PENTAX KP / FA31mm

「パパ、ほら」
と、きずなが手を差し出してきました。

Kp012395r
PENTAX KP / FA31mm

見ると、手に大粒のクリが。
実はこれ、我が家の庭で取れたもの。

Gr006628r
PENTAX KP / FA31mm

庭にあるクリの木から落ちてきたのです。
以前から1本あったものの、さっぱり実がつかなかったので、試しにすぐ横に別な品種のクリを植えてみたところ、3年ほどしてそちらにも花がつくようになって、豊作に。

Kp012398r
PENTAX KP / FA31mm

クリの実は、木から落ちてきたイガの中に詰まっています。
お友達やママと一緒に、これだけ拾いました。

Kp012400r
PENTAX KP / FA31mm

ママがオーブンで焼いてくれて、焼き栗に。
ホクホクして、美味しかったです。
我が家にまた1つ、秋の味覚が加わりました。

|

September 04, 2017

スイカ

Kp010550r
PENTAX KP / FA31mm

去年に続いて、食べたスイカのタネを播いた、きずな。
今年も無事に芽を出しました。

Gr006039r
RICOH GR

今年は鉢植えにもしてみました。
写真の一番右側がスイカです。

Kp012377r
PENTAX KP / FA31mm

その後一応、実もついたのですが……
どうしてか、実が大きくなりません。
まあ今年は天候不順だったし、ウリ科の野菜は連作を嫌うと言いますしねえ。
ともあれ、夏ももう終わりということで、その小さな実を収穫してみました。

Kp012378r
PENTAX KP / FA31mm

割ってみると、小さいなりに赤くなっています。

Kp012387r
PENTAX KP / FA31mm

「うん、けっこうおいしい」
ときずな。
パパも食べてみましたが、思ったより甘くなっています。
売っている大玉スイカとは、大きさでは比べものになりませんが、大事に育てて小さな実がついたスイカも、我が家にとっては今年の夏の貴重な思い出ですね。

|

July 29, 2017

ジャガイモ掘り

Kp010945r
PENTAX KP / FA31mm

雑草の中でなにやらしなびかけている野菜。
実はジャガイモ。
春にスーパーで買ったイモを3個ほど、適当に埋めただけ。
畑の隅に植えたまま忘れていたら、こんな具合にしおたれていました。

Kp010949r
PENTAX KP / FA31mm

「そろそろ掘ったほうがいいなあ」
ということで、収穫することに。
あまり長く放置すると、虫がつきますからね。
スコップで掘り起こすと、土の中からイモが出てきました。
きずなに取ってもらいます。

Kp010947r
PENTAX KP / FA31mm

ジャガイモは穫れたてがとくにおいしいというわけではないので、家庭菜園で作ってもそれほどお得感がないんですよね。
でもきずなはなぜかジャガイモ掘りが好きで、前の年に掘ったとき見逃したイモから生えた「野良イモ」でも、「掘って、掘って」とせかします。
土の中から出てくるところが、宝探しっぽいからでしょうか。

Kp010954r
PENTAX KP / FA31mm

今回の収穫はこれだけ。
ま、こんなもんですかね。
掘ったイモはママがふかしてバターを乗っけたり、薄切りにしてポテトチップ風に揚げたりして、おいしくいただいたのでした。

|

July 05, 2017

トウモロコシ

Kp010838r
PENTAX KP / FA31mm

今年もトウモロコシの収穫の季節がやってきました。
この時期になるとカラスが狙うので、ネットをかけて守っています。
でも今年はなぜか育ちが悪くて、丈も低いし、実も小さいんですよね。
密植しすぎたかな……

Kp010840r
PENTAX KP / FA31mm

なにはともあれ、ネットを上げて収穫。
きずなは毎年、家でも体験農園でも収穫しているので、もぎとるのも手慣れたもの。

Kp010846r
PENTAX KP / FA31mm

トウモロコシは収穫時期を見極めるのが難しい作物。
取った後に皮を剥いて、できぐあいを確認します。

Kp010850r
PENTAX KP / FA31mm

お。
大丈夫そうですね。
今年植えたのは、白と黄色の実が交互になるタイプ。

Kp010854r
PENTAX KP / FA31mm

穫れたてのトウモロコシは生でも甘くておいしいです。
それを知っているきずな、さっそく、がぶり。

Kp010878r
PENTAX KP / FA31mm

残りのトウモロコシは、ゆでて晩ご飯のおかずに。
毎年恒例、我が家の夏の楽しみなのでした。

|

June 20, 2017

ズッキーニ

Kp010675r
PENTAX KP / FA31mm

我が家の畑の今年の新顔、ズッキーニ。
ゴールデンウィークに高崎のいとこの家にお邪魔したときに、奥様が種から育てた苗をいただいたものです。
4本植えたら、どれも大きく育ちました。

Kp010679r
PENTAX KP / FA31mm

ズッキーニは品種の違う苗を2本以上植えたほうがよいそうです。
なので、いただいた苗も2本ずつ違う品種。
こちらは緑の実がなっています。

Kp010678r
PENTAX KP / FA31mm

こちらは黄色い実がついています。
黄色いズッキーニもあったんですね。
知りませんでした。
もう少し大きくなったらサラダやラタトゥーユにしようと、ママが楽しみにしています。

|

May 27, 2017

ニンニク

Gr005804r
RICOH GR

今年はいつになくできがよかった、我が家のニンニク。
いつもなら6月に入ってからなのに、5月の上旬のうちに葉先が黄色くなり始め、収穫時期を迎えました。

Gr005819r
RICOH GR

ちゃんとした種ニンニクではなく、スーパーで買った中国産ニンニクのカケラを埋めただけなんですが、もとのより大きく育ち、まるまる太っています。

Kp010256r
PENTAX KP / DA55-300mm RE

きずなの運動会で遊びに来たコトちゃんも、収穫のお手伝い。

Kp010260r
PENTAX KP / DA55-300mm RE

がんばって1本、引っこ抜きました。

Kp010454r
PENTAX KP / FA31mm

結局、5月のうちに全部収穫。
家族一同、今の時期だけのみずみずしい生ニンニクを楽しんだのでした。

|

January 13, 2017

庭の七草

K5px2688r
PENTAX K-5 / FA31mm

毎年1月7日は、七草がゆの日。
筆者宅ではその日、札幌に行っていたので、戻ってきてから、「我が家の庭の七草」をやることにしました。
庭に自生している食べられる草を7つ集めて、それを使って料理を作るのです。
昨年試しにやってみて、
「これ、いい! 来年もやろうよ」
となったもの。

K5px2669r
PENTAX K-5 / FA31mm

ママときずなで、iPadで見つけた植物図鑑を片手に、食べられる草を探します。
まずは七草の筆頭、セリ。
いつも決まったところに生えています。

K5px2676r
PENTAX K-5 / FA31mm

七草の1つ、ゴギョウ(ハハコグサ)。
昨年、天ぷらにしたらおいしくて、以後、我が家の春の味覚の一員になりました。
でも庭で見つかる正統な七草は、ここまで。
ナズナとかホトケノザ(コオニタビラコ)とか、ありそうなんだけど、よくわからないんですよねえ。
というわけで、後は食べられる野草を集めていきます。

K5px2670r
PENTAX K-5 / FA31mm

ノビル。
根も葉も食べられます。
このあたりは鉄板なのですが、これだけだと7つには足りません。

K5px2687r
PENTAX K-5 / FA31mm

ヨモギ。
今の時期はまだちょっとしか生えていませんが、メンバー入りさせることに。

K5px2673r
PENTAX K-5 / FA31mm

ミツバ。
こちらも冬には弱々しいです。

K5px2690r
PENTAX K-5 / FA31mm

菊の花も食べられるのですが、
「草じゃないよねえ」
ということで、見送り。

Gr004970r
RICOH GR

代って小鳥の大好物、ハコベをいただくことに。

Gr004967r
RICOH GR

葉の縁がトゲトゲしているノゲシも、食べられる草の1つ。
見た目は悪いですが、やむを得ず七草の一員とします。

K5px2695r
PENTAX K-5 / FA31mm

さあ、7つの草が揃いました。
七草の調理は、きずなが担当します。

K5px2716r
PENTAX K-5 / FA31mm

まず、ハコベを細かく刻みます。
「納豆と和える」
とのこと。
なるほど~、それなら草っぽさも消えそうです。

K5px2719r
PENTAX K-5 / FA31mm

ミツバを入れたオムレツ。
先日宿泊したホテルの朝食バイキングで、シェフの方が目の前でオムレツを作ってくれていたんですね。
きずなはそれを見て、
「自分もやりたい!」
と思ったようです。
でもなかなかきれいな形にならなくて、癇癪を起こしていました。
プロが作っているのを見ると、簡単そうなんですけどね(^^;)。

K5px2728r
PENTAX K-5 / FA31mm

今年新登場のノゲシは、湯がいておひたしに。

K5px2734r
PENTAX K-5 / FA31mm

定番、ゴギョウの天ぷら。

K5px2739r
PENTAX K-5 / FA31mm

さあ、できてきました。
写真左から、ノビルの炒め物、ノゲシのおひたし、ゴギョウの天ぷら、ハコベの納豆和え。
どれもなかなかおいしそう。

K5px2746r
PENTAX K-5 / FA31mm

白いご飯だけのおかゆに、セリ入りのおみそ汁、ミツバ入りのオムレツも加わり、豪華な食卓の完成です。
見た目だけでなく、食べてみると、これがおいしい!
パパ的ヒットは、新顔のノゲシのおひたし。
シャキシャキして、えぐみもなく、言われなければ雑草とは思えません。
パパとママからの、
「おいしい、おいしい!」
という賞賛を浴びて、きずなシェフも上機嫌です。

K5px2756r
PENTAX K-5 / FA31mm

最後にママの発案で、残った七草でハーブティーを作ってみました。

K5px2765r
PENTAX K-5 / FA31mm

ヨモギやミツバの香りが効いて、こちらもなかなか。
今年の「庭の七草」は、大成功だったかも。
きずな、ありがとうね!

|

November 10, 2016

飛び石

Gr004277r
RICOH GR

裏庭の飛び石を換えようと思い立ち、千葉ニュータウンの「ジョイフル本田」さんに行ってきました。
ここはガーデニング資材がいろいろあるのです。
いくつか見て、「ヨークシャーペイビング オータムイエロー」にすることに。
600mm×300mmにカットされた自然石です。

Gr004273r
RICOH GR

20枚購入。
けっこう重いです。
車で持ち帰り、それまで裏庭にあった300mm径の円い御影石の飛び石を外して、買った石を置きました。

K5px1417r
PENTAX K-5 / FA31mm

芝生をカットして掘り起こし、そこに石を置いていきます。
できあがりは、こんな感じ。
穴掘り、芝生剥がし、石運びで、2日がかりの作業になりました。

Imgp7363r
PENTAX K100D / SIGMA 18-50mm

「そういえば作業前の写真、撮り忘れたな。なんかないかな」
と思って昔の写真を探していたら、こんな写真が出てきました。
まだシイの木も芝生もない裏庭。
歩いているのは、今はなき我が家の愛犬、ジャニーです。

Kd3x3218r
CANON KISS-D3X / EF-S18-55mm

これはジャガイモの収穫のときの写真ですね。
シイの木を植える前は、裏庭は畑にしていたんです。
きずなが小っちゃいですねえ。
「こうやってみると、ずいぶん大きくなったんだなあ」
と思い、なんだかしみじみしてしまったのでした…

|

October 20, 2016

失敗、干し柿づくり

K5px1195r
PENTAX K-5 / FA31mm

今年は例年になく実が少なかった、我が家の柿の木。
しかも長雨で、少ない実の多くが半分腐ってしまいました。

K5px1198r
PENTAX K-5 / FA31mm

これ以上置いておいても仕方なさそうなので、いつもより早く、10月初めに収穫。
きずなの好きな干し柿にするため、ヘタを残して刈り取ります。

K5px1216r
PENTAX K-5 / FA31mm

皮を剥いて、煮沸。

K5px1222r
PENTAX K-5 / FA31mm

物干し台に吊るします。
これで準備は完了。
あとは乾くのを待つだけ、なのですが……
しかし。

今年は10月に入ってもいつになく気温が高く、吊るした柿に大量の小バエが集まってきました。
連日、まるでハエの蚊柱のよう。
「これじゃ、気持ち悪くて食べられないよ」
ということで、残念ながらすべて廃棄することに。

せっかくがんばったのに、努力が無駄になったきずな、
「ハエ、大っ嫌い!」
と泣き顔です。
うーん。
ちょっと急ぎすぎましたかね。
残念ながら、今年は失敗に終わった、干し柿づくりでした。

|

より以前の記事一覧